goo

iPhone7、コード付きのヘッドフォンは、今やレガシーだっ?

トランジスターラジオの時代から、3.5mmφのヘッドフォンジャックはお馴染みだが、iPhone7には、この「ヘッドフォンジャック」が無い。つまり、コード付きのヘッドフォンは、そのままでは使えない訳だ。
しかし、アップルは伏線を敷き、Bluetooth対応のイヤホン「AirPods」をオプションとして用意していた。 

自分の場合は、iPhone5の時からサードパーティー製ではあるが、Bluetooth対応のヘッドフォンで聴いていたし、iPhone7でも同様で問題は無い。

iPhone7には、従来通りのコード付きのヘッドフォンしか同梱されていない。
改めて、購入した時の元箱を再度開封してみると、付属のヘッドフォンの台紙の背面に、右の様な「Lightning - 3.5mmφヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されていた。

これを使えば、付属のコード付きヘッドフォンのプラグをLightningに変換して iPhone7へ接続できる訳だ。

だが、何年も前から、Bluetooth対応のヘッドフォンを便利に使っている自分には、コードが絡まったり、収納時のコードを丸める作業も嫌で、今さら、コード付きのヘッドフォンに戻る積もりはない。

なお、アップルによると、この「Lightning - 3.5mmφヘッドフォンジャックアダプタ」は、iPod touch、iPad、iPhoneなど、Lightningコネクタを搭載し、iOS 10以降に対応するすべてのデバイスで使えるとある。しかし、今これを必要とするのは iPhone7と7Plusだけだ。

蛇足だが、聴感上の音質については、色々と議論があり、各々で感じ取って欲しい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Illustrator、... 次の記事へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。