Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

The march to GLEXIT – Globalization Exit

2016-12-07 15:00:00 | 翻訳記事 Translation
GLEXITの行進 - グローバリゼーションからの離脱


I wrote it answer on September 11 this year.
So far it was roughly correct.

The problem is the future flow.
Many of us are eagerly opposed to war and colonial rule.

A delicious safe bourbon and scotch and vodka and beer and wine and Shaoxing rice wine and sake I would like to drink happily in peace friends all of the world.


Labor Day
http://blog.goo.ne.jp/jannmu/e/e0bd0a8f78cf395239657c87c739709a



By the way.

It is "God" to express all the activities of this special planet in one word.

In other words, this planet is "God".

It is not "god" that is said locally.

It is the human ego that is regarded as a god locally.

I hope that humanity will wake up early on that.

Egoism Exit

Agree! 
Birds singing outside the window this morning.








Unforgiven




WAYNE MADSEN | 25.11.2016 | OPINION
The march to GLEXIT – Globalization Exit

The world, through the ballot box, is speaking out. From the British «Yes» vote on BREXIT – the United Kingdom’s exit from the European Union – to the election of the anti-globalization Donald Trump as president of the United States, the world is speaking out against the homogenization of the world into a super-state of blurred and overlapping governments, cultural identities, religions, and politics. The U.S. presidential election was not so much an election as it was a referendum on globalization in all of its malignant manifestations: free trade, open borders, and subjugation of national sovereignty to amorphous international organizations.

From every continent, there is growing popular support for «exiting» international contrivances, from the European Union and International Criminal Court to the North Atlantic Treaty Organization (NATO) and even the United Nations.

In August of this year, President Rodrigo Duterte of the Philippines threatened to pull his country out of the UN in what was the first such threat by a UN member-state since Indonesian President Sukarno successfully withdrew his nation from the UN in 1965.

Proponents of economic and political globalization have not only been dealt heavy blows in the election of Trump in the United States and the success of the BREXIT vote in the United Kingdom, but also in the decision by South Africa and other African nations to withdraw from the International Criminal Court in The Hague. The international tribunal heavily-influenced by global hedge fund viper George Soros that is increasingly seen by Africa as the «International Caucasian Court» primarily targeting African leaders for war crimes prosecutions. In October of this year, South Africa joined Burundi and Gambia in announcing that it would leave the ICC. Ironically and embarrassingly, the ICC’s chief prosecutor, Fatou Bensouda, is from Gambia.

In 2015, South Africa was condemned by the usual collection of Soros-financed NGOs, including Human Rights Watch and Amnesty International, for not arresting President Omar al-Bashir of Sudan, previously indicted by the ICC, while he was on an official visit to South Africa. South Africa rejected the ICC’s interference in its internal affairs and this disgust for the court culminated in the recent decision to depart from the court.

A month later, Russia announced that it was withdrawing as a signatory to the 2000 Rome Treaty that established the ICC. After the November Asia-Pacific economic summit in Lima, Peru, Philippines President Duterte also announced his country would join Russia, South Africa, and others in leaving the ICC. Duterte said, «They are useless — those in the International Criminal [Court]. [Russia] withdrew. I might follow. Why? Only the small ones like us are battered». Other African nations are considering scrapping the ICC. They include Uganda, Kenya, and Namibia. In 2015, Namibian President Hage Geingob visited former Tanzanian president Jakaya Kikwete to urge him to follow Namibia’s lead and exit from the ICC. At a summit of the African Union in South Africa, Geingob said, «Some people are saying we are the ones who created the ICC. However, when one creates something to be an asset but later on it becomes an abomination, you have the right to quit it since it has ceased serving its intended purpose».

The BREXIT and Trump victories have emboldened electorates in many other nations to reject contrivances that stymie national sovereign rights. December 4, 2016 represents a watershed date to reject globalist agendas. It is the date of the re-run of the Austrian presidential election of April 24, 2016, one in which the anti-EU candidate of the Austrian Freedom Party, Norbert Hofer, was narrowly defeated by pro-EU Alexander van der Bellen of the Green Party. It turned out that 77,900 absentee ballots were miscounted in what represented a typical Soros-manipulated election. The Constitutional Court of Austria ordered a new election. The outcome of the December 4 election is believed by pollsters to heavily favor Hofer, as Austria has been caught up in the anti-EU groundswell rippling through Europe. December 4 is also the date of the Italian constitutional change referendum.

Italian Prime Minister Matteo Renzi has staked his political future on the referendum, which if passed, will reduce the power of the Italian upper house of parliament, the Senate, and drastically cut back the powers of the Italian regions. Renzi has tapped support for his referendum from the usual collection of those who do not represent the common people – members of the glitterati of the elite, such as actors, singers, celebrity chefs, professional athletes, film directors, and other diversionary leeches on society. The campaign for Montenegro to join NATO, backed by Soros- and CIA-funded propagandists, saw Montenegrin actors, journalists, and professional athletes appearing on television commercials urging NATO membership for the country even as many polls showed majority opposition to joining the military alliance.

Renzi, a supporter of the EU and global integration, said he will resign if his referendum fails. And fail it is expected to do as «No» voters are far ahead in opinion polls. December 4 may very well go down in history along with June 24, 2016 and November 8, 2016 – the respective dates of BREXIT and trump’s election – as a red-letter day when voters rejected globalization. Renzi will soon join other discredited globalists, including former British Prime Ministers Tony Blair and David Cameron, former Belgian Prime Minister Guy Verhofstadt, French President Francois Hollande, and German Chancellor Angela Merkel as footnotes in a failed history of international integration.

Another important date for GLEXIT was November 13. With the globalists’ world still shaken from the election of Trump on November 8 came word that the pro-Russian former MiG pilot Rumen Radev, a political novice, won the Bulgarian presidential election. The election resulted in the resignation of Bulgaria’s pro-EU government. The same day, voters in Moldova elected Igor Dodon, who rejected a Moldova-EU trade agreement and favored joining the Eurasian Economic Union championed by Russia. The two elections in countries where Soros has infiltrated so much of the media and political infrastructures with pro-EU and pro-NATO acolytes were historic and another indication that the world was rejecting globalization.

In addition to the EU, NATO, and the ICC, other regional globalist-oriented organizations are also teetering on permanent disruption. The South Asian Association for Regional Cooperation (SAARC) has split along pro-Indian and pro-Pakistani lines. A recent SAARC summit in Pakistan was canceled after India refused to attend. India was soon joined by its allies, Bangladesh, Bhutan, and Afghanistan. The organization appears to be permanently split, with the other SAARC members of Maldives, Sri Lanka, and Nepal opposing India and generally aligning with Pakistan. Another failed international organization, the Arab League, is a vassal of Saudi and Gulf money and showed its worthlessness in 2011 when it suspended Syria and Libya as members after they were faced with NATO-backed jihadist revolutions. The League also grants membership to the Saudi puppet government of Yemen.

Mirroring the withdrawal of African states from the ICC, Venezuela in 2013 announced its withdrawal from the heavily U.S.-influenced Inter-American Convention on Human Rights (IACHR), a contrivance of the Organization of American States based in Washington, DC next to the White House. Venezuela’s withdrawal also rejected the jurisdiction of the Inter-American Court of Human Rights (CorteIDH) based in Costa Rica. The Dominican Republic withdrew from the court in 2014. Trinidad and Tobago admirably led the way in rejecting the so-called «Inter-American System», that is, American hegemony over the Western Hemisphere, when it withdrew from the IACHR in 1998. Criticism of the IACHR has come from Ecuador, Nicaragua, Colombia, and Peru.

The Commonwealth of Nations, an anachronistic leftover from the British Empire that cobbles together former British colonies into a group of British royal family sycophant nations, has seen Gambia, Maldives, and Zimbabwe leave the tacitly-worthless international organization.

Trump’s announcement that the U.S. would withdraw from the Trans-Pacific Partnership (TPP) also dealt a body blow to the globalization cause. TPP is dead with U.S. withdrawal. American rejection of TPP left other TPP signatories, such as New Zealand and South Korea, looking to expand trade agreements with China in a display of renewed preference for bilateralism over multilateralism. There is a «New World Order», but not one envisaged by the globalists. This New World Order is one of renewed national sovereignty, cultural and religious identity, and rejection of dictates from unelected international bureaucrats.

http://www.strategic-culture.org/news/2016/11/25/march-glexit-globalization-exit.html








GLEXITの行進 - グローバリゼーションからの離脱



Wayne MADSEN
2016年11月25日

世界は、投票箱を通して、はっきり主張している。イギリスのBREXIT - イギリスの欧州連合脱退“賛成”投票から - 反グローバリゼーションのドナルド・トランプのアメリカ大統領選出に至るまで、世界は世界を均一化し、文化的アイデンティティ、宗教や、政治が重複する政府という不鮮明な超国家にすることへの反対をはっきり主張しているのだ。アメリカ大統領選挙は、選挙というより、グローバリゼーションの悪質な発現の全て、つまり自由貿易、国境開放や、不定形な国際組織への国家主権の従属に対する国民投票だった。

全ての大陸で、欧州連合や国際刑事裁判所から、北大西洋条約機構(NATO)、更には国連に至るまで、国際的な仕組みからの“離脱”に対する国民の支持が増大している。

今年8月、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、フィリピンを国連から脱退させると脅したのが、1965年に、インドネシアのスカルノ大統領が、インドネシアを見事に国連を脱退させて以来始めての、国連加盟国によるそうした脅威だった。

経済的、政治的グローバリゼーション擁護者連中は、アメリカ合州国におけるトランプ選出と、イギリスでのBREXIT投票成功のみならず、南アフリカや他のアフリカ諸国による、ハーグの国際刑事裁判所ICCからの脱退という決断によっても、大打撃を受けた。世界的なヘッジ・ファンドの悪人ジョージ・ソロスによって、強く影響されている国際裁判所は、アフリカによって、主としてアフリカ人指導者を戦争犯罪のかどで起訴することを標的にする、益々“国際白色人種裁判所”と見なされつつある。今年10月、南アフリカが、ICC脱退を脱退すると発表して、ブルンジとガンビアに加わった。皮肉にも、また恥ずかしいことに、ICCの首席検事ファト・ベンスダはガンビア出身だ。

2015年、南アフリカは、以前ICCによって起訴されたスーダン大統領オマル・アル=バシールを、彼の南アフリカ公式訪問中に逮捕しないかどで、ヒューマン・ライツ・ウォッチや、アムネスティー・インターナショナルを含むソロスが資金提供するNGOのいつもの顔ぶれから非難された。南アフリカは内政へのICC介入を拒絶し、裁判所に対するこの反感が結果的に、裁判所から離脱するという最近の決断となった。

一カ月後、ロシアは、ICCを生み出した2000年のローマ協定加盟国を脱退すると発表した。11月、ペルー、リマでのアジア-太平洋経済サミット後、フィリピンのドゥテルテ大統領も、フィリピンは、ロシア、南アフリカや、他の国々に習って、ICCを離脱するつもりだと発表した。ドゥテルテsaid、“あれは - 国際刑事[裁判所]の連中は役に立たない。[ロシア]は脱退する。私も続くかも知れない。なぜか? 我々のような小国だけが虐待されるからだ。”他のアフリカ諸国も、ICCを反故にすることを検討中だ。ウガンダ、ケニヤとナンビアだ。2015年、ナンビア大統領ハーゲ・ガインゴブは、元タンザニア大統領ジャカヤ・キクウェテを訪問し、ナンビアに続いて、ICCから離脱するよう強く促した。南アフリカでのアフリカ同盟サミットで、ガインゴブはこう述べた。“我々がICCを作り出した本人だと言う人々がいる。だが、人が何か資産になるはずのものを作り出したが、後に、それが忌まわしいものと化したら、それが意図した目的に役立つのを止めたのだから、止める権利がある。”

BREXITと、トランプの勝利が、多くの他国々の有権者に、国家主権の権利を阻む企みよう勇気づけた。2016年12月4日は、グローバリストの狙いを拒否する重要な分岐点の日だ。反EU候補であるオーストリア自由党のノルベルト・ホッファーが、緑の党で親EUのアレクサンダー・ヴァン・デル・ベレンをすんでのところで打ち破るところだった、2016年4月24日、オーストリア大統領選挙のやり直しの日だ。典型的なソロスが操作した選挙で、77,900票の不在者投票の計算が間違っていたことが判明した。オーストリア憲法裁判所が新たな選挙を命じたのだ。12月4日の選挙結果は、ヨーロッパ中にしっかり波及している反EU地盤に、オーストリア飲み込まれる中、ホッファーが極めて優勢だと各世論調査は見ている。12月4日は、イタリアの憲法改訂国民投票の日でもある。

イタリアのマッテオ・レンツィ首相は、もし成立すれば、イタリア議会の上院の権限を縮小し、イタリアの各地方の権限を劇的に縮小する国民投票に彼の政治的将来を賭けたのだ、。レンツィは、彼の国民投票で、普通の人々の代表ではない連中、きらびやかなエリート有名人連中、俳優、歌手、著名料理人、プロの運動選手、映画監督や、他の気晴らし稼業の社会的寄生虫といった、お決まりの連中の支援を活用している。ソロスと、CIAが資金提供する宣伝屋が支援するモンテネグロNATO加盟キャンペーンでは、モンテネグロ人俳優、ジャーナリストやプロの運動選手が、テレビ・コマーシャルに登場して、多くの世論調査で、大多数が軍事同盟加盟に反対なのが分かっているのに、モンテネグロのNATO加盟を強く促している。

EUと、グローバル統合支持者のレンツィは、もし彼の国民投票が失敗すれば、辞任すると言っている。世論調査では、“支持しない”有権者の方が大きく先行しているので、これに失敗することが予想されている。12月4日は、それぞれ、BREXITと、トランプ当選の日付である、2016年6月24日と、2016年11月8日とともに、有権者がグローバリゼーションを拒否した記念すべき日として、歴史に残る可能性が高い。レンツィも、間もなく、元イギリス首相トニー・ブレアと、デービッド・キャメロン、元ベルギー首相のヒー・フェルホフスタット、フランスのフランソワ・オランド大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相を含む信用を失った他のグローバル主義者に、国際統合失敗の歴史の脚注として加わることになるだろう。

GLEXITの、もう一つの重要な日付は、11月13日だ。グローバル主義者の世界が、11月8日のトランプ当選で揺れる中、親ロシア派の元MiGパイロットで駆け出しの政治家ルーメン・ラデフがブルガリア大統領選挙に勝利した話が伝わってきた。選挙の結果、親EUブルガリア政権が辞任した。同日、モルドバ有権者は、モルドバ-EU貿易協定を否定し、ロシアが主催するユーラシア経済連合参加を志向するイゴール・ドドンを選んだ。ソロスが、メディアや政治インフラに、親EUや親NATOの取り巻き連中を多数潜入させていた国々での二つの選挙は歴史的なものであり、世界がグローバリゼーションを拒否している、もう一つの兆候だ。

EU、NATOやICCに加えて、他の地域的なグローバル志向の組織も、永久的崩壊の瀬戸際にある。南アジア地域協力連合(SAARC)は、インド派と、パキスタン派で分裂した。パキスタンでの最近のSAARCサミットは、インドが参加を拒否して、中止になった。インドには直ぐにバングラデシュ、ブータンとアフガニスタンという仲間が加わった。組織は、他のSAARC加盟国のモルジブ、スリランカとネパールが、インドに反対し、基本的に、パキスタンと組み、永久的に分裂したように見える。もう一つの破綻した国際組織、アラブ連盟はサウジアラビアと湾岸諸国の金の傀儡だが、2011年に、シリアとリビアがNATOが支援する聖戦革命に直面した後、両国の加盟を停止し、その無益さを示した。アラブ連盟は、サウジアラビア傀儡のイエメン政権も、加盟国として認めている。

アフリカ諸国のICC脱退を反映して、2013年、ベネズエラが、ワシントンD.C.のホワイト・ハウス隣に本拠がある米州機構による考案品、アメリカの影響力が大きい米州人権委員会(IACHR)からの脱退を発表した。ベネズエラ脱退は、コスタリカに本拠を置く米州人権裁判所((CorteIDH)の裁判権も否定した。ドミニカ共和国は、2014年に、裁判所から脱退した。1998年に、IACHRを脱退して、トリニダード・トバゴは、いわゆる“米州体制”つまり、西半球に対するアメリカ覇権の拒否の先陣を見事に切っている。エクアドル、ニカラグア、コロンビアとペルーがIACHR批判をしている。

大英帝国の時代錯誤の遺物である、旧イギリス植民地を、イギリス王室におべっかを使う国々の集団に無理矢理まとめ上げたイギリス連邦では、ガンビア、モルジブとジンバブエが、役立たずの国際組織を静かに離脱した。

アメリカが、環太平洋連携協定(TPP)から撤退するというトランプの発表も、グローバリゼーションの大義には痛打だった。TPPは、アメリカ撤退で死んだ。アメリカによるTPP拒絶で、ニュージーランドや韓国などの他のTPP調印国は、多国間主義より、二国間主義に対する新たな嗜好を示し、中国との貿易協定拡張を検討せざるを得なくなった。ここに“新世界秩序”は存在するが、グローバル主義者が心に描いたものではない。この新世界秩序は、国家主権や、文化的、宗教的な独自性を復活させるものであり、選挙で選ばれてもいない国際官僚による支配の拒否なのだ。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/glexit---ddac.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自民党は息を吐くようにウ... | トップ | またもや創価学会員が離れて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事