Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Britain’s May Plays Terror Card, But It Could Be a Joker

2017-06-08 21:25:14 | 翻訳記事 Translation
http://www.garbagenews.net/archives/2258794.html

イギリスのメイ首相はテロ・カードを切ったが、実はジョーカーかも知れない

グラフは世界主要国の2015軍事費だ。

The graph is 2015 military expenses of major countries in the world.

イギリス555
フランス509
ドイツ 394
イタリア238

合計  1696 

United Kingdom 555
France 509
Germany 394
Italy 238

Total 1696


世界第三番の軍事費をEU市民は負担している。

EU citizens bear the military expenses of the world's third number.

それでもテロは防げない。

Still can not prevent terrorism.

NATOもテロを防げなかった。

NATO did not prevent terrorism either.

ユーロに紙幣が変わって市民は経済的恩恵を受けただろうか?

Were not the euro banknotes changed and citizens received economic benefits?

日本では、2/3議席を得た政権が市民を弾圧している。

In Japan, the regime which gained 2/3 seats is repressing citizens.

テロと関係ないロシアと敵対するのが馬鹿げている。

It is absurd to hostile against Russia that is not related to terrorism.

EU離脱と国民福祉を同時に受けることはできないのか?

Can you not withdraw from the EU and national welfare at the same time?

EU離脱交渉を有利に進めるというのはそういう意味だろう。

It will be said that promoting the EU withdrawal negotiations advantageously.

連立政権も含め、有利な政権を市民が選択すればいい。

The citizen can choose a favorable regime including the coalition government.

EUはグローバリズムの一形態である。

The EU is a form of globalism.

武器産業はグローバリズムの典型であり、テロの最も基本的な原因である。

The weapons industry is typical of globalism and the most fundamental cause of terrorism.

EU離脱は、実はドル本位制から決別することである。

The withdrawal from the EU is actually to break out from the dollar-based system.

ドル本位制こそがグローバリズムであり、戦争やテロが終結しない最大の理由なのだ。

The dollar-based regime is globalism, the biggest reason why war and terrorism are not over.

ドルは世界中の他の通貨から膨大な手数料を搾取している。

The dollar has exploited enormous fees from other currencies around the world.

今後の世界の潮流

Future world trends






FINIAN CUNNINGHAM | 06.06.2017 | OPINION
Britain’s May Plays Terror Card, But It Could Be a Joker

Britain’s embattled Conservative Prime Minister Theresa May is shamelessly playing the «terror card» to bolster her «strong leader» posture, just days before the general election this week.

Breaking an informal agreement with rival political parties to temporarily suspend election campaigning, May rushed to deliver a speech in front of 10 Downing Street calling for a «robust» law and order response to a «new threat terror».

May made her nationwide appeal the morning after the deadly terror attack in London on Saturday night in which seven bystanders were killed. Her grandstanding speech also attempted to tar her main rival, Labour’s Jeremy Corbyn, as being «soft on terrorism».

It’s a well-worn Tory ploy of presenting the Conservative party as the strong national-security defenders, while casting others as the «enemy within». This may have worked efficaciously in the past. But in the present circumstances the trusty old terror card has become threadbare from lies and fatal contradictions.

At the weekend, all British political parties had agreed to suspend campaigning for 24 hours following the assault late on Saturday night in which three British-born jihadists launched a van and knife attack on pedestrians near London Bridge. But, in a sign of desperation, Theresa May broke ranks and appeared early Sunday morning to make her anti-terror appeal.

The latest events come at a critical time ahead of the British snap election. Since the Conservative government made the surprise call for an early election, Theresa May has seen her poll ratings collapse from a 20-plus point lead to a nail-biting margin of only a few points over Labour rival Jeremy Corbyn.

Under Corbyn’s leadership, the Labour party is campaigning on a platform that has been described as the most left-wing seen in decades. His pitch for wide-ranging socialist policies has unexpectedly rallied the British public in support. That surge has alarmed the Tories who are traditionally pro-business and advocates of neoliberal austerity policies.

The British media which is largely supportive of the Conservatives have over recent weeks been piling up negative claims against Corbyn as being «soft on terrorism». Those claims have referred to his past verbal support for groups like Hamas in the Palestinian territories, Iranian-backed Hezbollah in Lebanon, and Irish republicans during the 1980s. Corbyn contends that his past support for such groups was aimed at facilitating inclusive peace talks.

But the Conservatives have been ruthlessly vilifying the Labour leader as a «terrorist sympathizer» as well as being «anti-NATO» and «soft on Russia». The latter epithet stems partly from Corbyn’s stated reluctance to order the use of nuclear weapons if he were prime minister.

The latest terror attack in London – Britain’s third deadly jihadist-related attack in three months – has given Theresa May and her embattled Tory party more ammunition to go after Corbyn, or so they would like to think.

But just like May’s gamble to call an early general election, betting that it would strengthen her government, the ploy to use the terror card might also rebound badly.

For a start Labour and other opposition parties have pointed out that the spate of terror attacks hitting Britain have been made possible by the huge public spending cutbacks that the Conservatives have implemented over several years. Corbyn countered May’s latest posturing of «strong leadership» by reminding voters that her government has reduced police force ranks by some 20,000 personnel. That reduction, he says, inevitably impairs state security, allowing would-be jihadists to organize.

Indeed media reports have documented that the jihadist who killed four people on London’s Westminster Bridge in April, as well as the suicide bomber who killed 22 at a concert last month in Manchester, and the three suspects in the latest terror attack on London Bridge were all known to the security services.

Why these suspects were not picked up in advance suggests that police services are overstretched and under-manned. Very arguably therefore, the cost-cutting Conservative government bears responsibility for security impairment. And the angry public know that.

Some commentators have gone further and said that secretive forces within the British establishment might even be allowing these terror attacks to proceed in a nefarious calculation that the public repercussions are more harmful politically to Labour’s Corbyn. Wittingly or unwittingly it allows the Conservative party to focus attention on allegations of Corbyn being a «terrorist sympathizer».

Nevertheless, as noted above, the ploy could still go badly wrong for the Conservatives. Before she took over the premiership from David Cameron, who resigned last year over the Brexit referendum, Theresa May served as the Home Secretary for five years. It was under her watch that police services incurred swinging manpower cuts, which have inevitably undermined security measures. Her latest gambit of posing as a strong leader and calling for a «tough» law and order response is in danger of sounding hollow, if not contemptible.

Also, as veteran journalist John Pilger recently reported, there is much evidence pointing to links between Britain’s spy agencies MI5 and MI6 and their clandestine involvement in cultivating homegrown jihadists to fight in British-backed wars for regime change in Libya and Syria. This covert policy of British state collusion with jihadists was conducted during May’s stint as Home Secretary. So when May piously talks about a new threat of terrorism facing Britain, it is not a difficult stretch for the public to connect this threat as being blowback from Britain’s involvement in dirty wars.

While May and her government would like to treat the terror attacks in Britain as «isolated» manifestations of «evil ideology», there is a growing public understanding that the violence assailing British streets is inextricably linked to Britain’s criminal foreign policy of sponsoring wars for regime change and consorting with proxy terror groups.

After May’s dig at Corbyn with her claim that there was «too much tolerance towards terrorism», the Labour leader hit back, saying that Britain must look critically at its relations with Saudi Arabia and other Persian Gulf monarchies which are systematically connected to jihadist extremism.

«We do need to have some difficult conversations starting with Saudi Arabia and other Gulf states that have funded and fueled extremist ideology,» said Corbyn.

May’s government has in particular sought to increase weapons sales to Saudi Arabia and other Gulf states even while these regimes are increasingly seen as having a notorious record on human rights violations at home and abroad. The British-backed Saudi slaughter in Yemen is a particular cause of public disgust in Britain.

When Theresa May stood in front of Downing Street at the weekend and intoned that «terrorism breeds terrorism» she was inadvertently making a self-indicting statement on her own government’s appalling record. Her government and its consorting with terrorist-sponsoring Wahhabi oil kingdoms has not only wreaked havoc in the Middle East. Such a reckless criminal policy is ricocheting all over Britain’s streets. And the British public can see that, despite government and media deflections over responsibility.

The increasing awareness among the British public about Britain’s complicity in terrorism makes the once-trusty terror card an unreliable card to play. It’s not the ace that Theresa May thinks she is playing against Corbyn. Instead, it could turn out to be a bad joker.

https://www.strategic-culture.org/news/2017/06/06/britain-may-plays-terror-card-but-it-could-be-joker.html











イギリスのメイ首相はテロ・カードを切ったが、実はジョーカーかも知れない

Finian CUNNINGHAM
2017年6月6日
Strategic Culture Foundation

追い詰められたイギリス保守党首相テレサ・メイは、“強い指導者”姿勢を強化するため、今週の総選挙のわずか数日前、臆面もなく“テロ・カード”の切り札を使った。

一時的に選挙運動を中止するというライバル諸政党との非公式合意を破り、メイは性急に首相官邸前で演説し、“新たなテロの脅威”に対し“厳格な”法と秩序を呼びかけた。

土曜日夜、ロンドンでの、近くにいた七人が殺害された致命的テロ攻撃後、翌朝、メイは全国向け演説をした。これ見よがしの演説では、主要ライバル、労働党のジェレミー・コービンは“テロに甘い”という中傷も試みた。

保守党を国家安全保障の強力な擁護者として、外の政党を“内部の敵”として描くのは、すっかり使い古した保守党の策略だ。これはメイにとって、過去、効果的に機能してきたに。しかし、現在の状況では、頼りになるはずのかつてのテロ・カードも、ウソや重大な矛盾のおかげで、擦り切れている。

土曜日深夜、三人のイギリス生まれの聖戦士が、ロンドン橋付近で歩行者にしかけた、ワンボックスカーとナイフによる攻撃の後、週末、全てのイギリス政党が、24時間選挙運動を控えることに合意した。ところが、死に物狂いの現れで、テレサ・メイは結束を乱し、日曜日朝早々現れて、対テロを訴えた。

最近の出来事が起きたのは、イギリスの突然の総選挙に先立つ極めて重要な時期だ。保守党政権が、突然早期選挙を呼びかけて以来、テレサ・メイは、ライバル・ジェレミー・コービンの労働党に対する、20プラス・ポイントの優勢から、わずか数ポイントのハラハラする僅差へと、支持率が崩壊するのを目にしていた。

コービンの指導の下、労働党は、ここ数十年で最も左翼的と言われる綱領で選挙運動を展開している。広範な社会主義政策を訴える彼の演説は予想外に、イギリス国民の支持を得ている。この支持急増が、伝統的に、大企業寄りで、ネオリベラル緊縮政策を主張する保守党を警戒させた。

概して保守党支持のイギリス・マスコミは過去数週間、コービンに対し“テロに甘い”と、否定的な主張を積み重ねてきた。これらの主張は、パレスチナのハマース、イランが支援するレバノンのヒズボラや、1980年代のアイルランド共和党などの集団に対する彼の過去の口頭による支持に言及している。こうした集団に対する彼の過去の支持は、様々な当事者が参加する和平交渉を促進することを目指していたと、コービンは主張している。

ところが保守党は、労働党指導者を“テロリスト同調者”として、また“反NATO”で“ロシアに甘い”と情け容赦なく中傷している。後者の悪口は、もし首相だったら、核兵器使用を命じるのを渋ると、コービンが述べたことに由来している。

ロンドンでの最近のテロ攻撃 - イギリスでは、三カ月間で三度目の聖戦戦士が関わる攻撃で、テレサ・メイと、窮地に陥った保守党は、コービンを追求するためのより多くの弾薬を得られた、あるいは、彼らはそう考えたいのだ。

それが彼女の政権を強化するだろうことに賭けた、早期の総選挙というギャンブル同様、テロ・カードという切り札を使う策謀も、裏目にでる可能性がある。

手始めに、労働党や他の野党は、指摘しているイギリスを見舞っている一連のテロ攻撃は、保守党が数年に渡って行った大規模支出削減によって可能になった。コービンは、メイの最近の“強い指導部”姿勢に反撃して、彼女の政権が警察官人数を、約20,000人削減したことを有権者に想起させた。この削減が、必然的に国家治安を損ない、聖戦士希望者が画策するのを可能にしたと彼は主張している。

実際、マスコミは、4月にロンドンのウェストミンスター橋で四人を殺害した聖戦戦士も、先月マンチェスターのコンサートで、22人を殺害した自爆攻撃犯も、最近のロンドン橋テロ攻撃の三人の容疑者も、全員、治安機関が把握していたと報じている。

一体なぜ、こうした容疑者たちが事前につかまらなかったのかが、警察が手を広げ過ぎで、人手不足であることを示唆している。したがって、経費削減した保守党政権に、治安の悪化に責任があるのはほぼ間違いない。そして怒れる国民はそれを知っている。

評論家の中には、大衆の反応は、労働党のコービンにとって、政治的に打撃がより大きいという極悪非道な計算に基づいて、イギリス支配層内の秘密勢力が、これらのテロ攻撃が推進されるのを許したとまで言う向きさえある。故意であれ、故意でないにせよ、これで保守党が、注目をコービンは“テロリスト同調者”だという主張に向けることが可能になる。

とは言え、上述の通り、策略は、保守党にとって、裏目にでかねない。Brexit国民投票を巡って昨年辞任したデービッド・キャメロンから首相の座を引き継ぐ前、テレサ・メイは五年間、内務大臣をつとめていた。彼女の監督の下で、警察は大規模な人員削減を行い、それは必然的に治安対策を弱体化させた。強い指導者を装い、“厳格な”法と秩序を呼びかける彼女の最近の作戦は、たとえ卑劣に聞こえなくとも、空虚に響く危うさがある。

ベテラン・ジャーナリストのジョン・ピルガーも、イギリスの諜報機関MI5とMI6と、リビアとシリアにおける政権転覆のためのイギリスが支援する戦争で戦うための地元出身聖戦士を養成する上で、彼らの秘密の関与とのつながりを示す多くの証拠があると、最近報じている。聖戦士との共謀というイギリス国家によるこの秘密政策は、メイが内務大臣として務めていた時期に、行われていた。だから、メイが善意を装って、イギリスが直面している新たなテロの脅威について語っても、この脅威を、汚い戦争に対するイギリスの関与のブローバックだと結びつけて解釈するのは、国民にとって困難なことではない。

メイと政権は、イギリス内のテロ攻撃を“悪のイデオロギー”の“孤立した”現れとして扱いたがっているが、イギリス内の都市を襲っている暴力行為は、政権転覆のための戦争を支援し、代理テロ集団と協力しているイギリスの犯罪的外交政策と密接につながっているという国民の理解が増えている。

メイが“テロに対して寛容に過ぎる”と主張して、コービンを当てこすった後、イギリスは、組織的に、過激聖戦主義とつながっているサウジアラビアや他のペルシャ湾岸王政諸国との関係を批判的に見なければならないと述べて、労働党指導部は反撃した。

“我々は、過激イデオロギーに資金提供し、あおっているサウジアラビアや他の湾岸諸国と、困難な対話を始めることが必要だ”とコービンは言っている。

特に、メイ政権は、これらの政権が、国内でも、国外でも、悪名高い人権侵害実績があると益々見られつつある中、サウジアラビアや他の湾岸諸国への兵器輸出増加を狙っている。特に、イギリスが支援するサウジアラビアが、イエメンで虐殺をしていることは、イギリス国民に嫌悪感を引き起こしている。

メイ首相が、官邸前に立って“テロはテロを生む”と語った際、彼女は、うっかり、自らの政権のすさまじい実績に対し、自らを非難する発言をしたのだ。彼女の政権が、テロリストを支援しているワッハブ派産油王国と協力していることは、中東で大惨事を引き起こしているだけではない。そのような無謀な犯罪的政策は、イギリス中の町で跳ね返っている。しかも、政府やマスコミが責任をそらせようとしても、イギリス国民にはそれが見えるのだ。

イギリス国民の間で、テロへのイギリスの共謀に関する認識が高まるにつれ、かつては頼りになったテロ・カードも、使っても、頼りにならないカードと化している。コービンに、エースと思って、テレサ・メイが出したカードは、そうではなかった。逆に、それはひどいジョーカーになりかねない。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-0b6c.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2部「横浜市政と課題~横浜市... | トップ | 憲法と共謀罪を考える 神奈... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事