Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Washington Has Been At War For 16 Years: Why? We have to add a fourth reason

2017-07-08 00:59:21 | 翻訳記事 Translation
4番目の理由を付け加えておかなければならないだろう。

覇権の意味の中には、アメリカドル以外の通貨でアメリカドルを介さずに
アメリカ以外の他国同士が取引をすると、アメリカはその国の指導者を
他の理由をこじつけて暗殺してきた。

このことはアメリカが何も作らず、他国の作ったものをただ消費するだけの
国になってしまったことをいみじくも物語っている。

国内でも、移民や難民をタダ同然の召使としてこき使い、結果として作ろうと
しても不器用で何も作れないのがアメリカ人なのだ。

アメリカ人がこれを読めば当然反感を持つだろうが、実際にそうなのだから
仕方がない。自分たちの不器用さを世界と比べてみるといい。


これは世界的に言えることだが、知識人と呼ばれる層も不器用だ。言い方を
変えれば怠け者だ。

知識を披露して自尊心を満足させるだけで、自分で行動することをこれまで
してこなかった。ものいうだけでは人々は納得しないし動かない。


日本を含む欧米は、指導者を求めるときに偉大さや名声や寛容さを求めるようだ。
しかし本来の民主主義なら、極普通の人が指導者になっても全く構わないはずだ。
有権者が本当の民主主義を目指すなら、常時興味を持ち意見を持ちそのために
行動することになるからだが、それはいまよりもっと直接的な民主主義の形態に
変わることを意味するし、そのことは避けて通ることができない。

ポストTOPなどとこれまでずっと、マスコミの儲けのネタになっていた話題は
これからはその性格を変えなければならない。

選挙は芸能人の人気投票ではないのだから。

アメリカ市民には911のときのように、マスコミの雰囲気に流されて興奮して
戦争を肯定する傾向がある。

アメリカが馬鹿にするイスラム圏のテロリストが、偉大なアメリカ国家のセキュリ
ティーを破って、旅客機を乗っ取り、アメリカの優秀なパイロットでも困難な
場所へ、複数の建物にピンポイントで突っ込むことができるかどうか、アメリカ
市民は冷静に考え直すことをお勧めしたい。

そしてどうして飛行機の燃料で、ビルの鉄骨が溶けてしまうという有り得ない
ことが起きたのかを追及するべきだ。ビルの鉄骨がプラスチックだったとした
ら、建設業者や許認可した側に責任があるはずだ。有り得ないが。

その上で、あのときにマスコミが流した情報にどれだけの嘘があったのかを
もう一度検証するべきだ。



アメリカ議会は戦争には寛容で、市民受けするメディケアやヘルスケアのこと
ばかりを議論しているようだ。

アメリカ都合の戦争で、他国の多くの人々の命と富を奪いながら、ヘルスケアも
ない。

そもそも移民が建国した国が、移民前の国々を戦争に巻き込みながら私腹を肥やす
構図に、建国からの移民が気づかないのは、手先ばかりでなく脳味噌まで不器用な
証拠なのだ。

ワシントンだけでなく、こういったことに無関心で無頓着なアメリカ人にとても
憤慨している。(最近の横浜近辺のアメリカ人が真剣な眼差しになってきたのは
せめてもの救いであるのだが。)

ワシントンの持つ覇権思想は、ある意味中世ヨーロッパの植民地主義の延長であ
り、そのことがアメリカ人にもEU人にも潜在的に残っているのではないのか。

これほどまでに無頓着な理由をほかに考えあぐねている。

日本人の潜在的臣民無頓着とは真逆のようだ。

もうひとつ大切な事は、イスラエルの市民も貧富格差に苦しんでいる。男女差別
やほかにも問題は多い。そういう共通する問題は、アメリカ市民と感情的にも
連帯感が持てるのではないのかと思う。

カネのグローバル化よりも、平和市民の意思のグローバル化を目指すことだろう。

長くなったので、下手な英訳はしない。お好きなようにやって頂いて結構なので
拡散をお願いしたい。






June 29, 2017 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article
Washington Has Been At War For 16 Years: Why?

Paul Craig Roberts

For sixteen years the US has been at war in the Middle East and North Africa, running up trillions of dollars in expenses, committing untold war crimes, and sending millions of war refugees to burden Europe, while simultaneously claiming that Washington cannot afford its Social Security and Medicare obligations or to fund a national health service like every civilized country has.

Considering the enormous social needs that cannot be met because of the massive cost of these orchestrated wars, one would think that the American people would be asking questions about the purpose of these wars. What is being achieved at such enormous costs? Domestic needs are neglected so that the military/security complex can grow fat on war profits.

The lack of curiousity on the part of the American people, the media, and Congress about the purpose of these wars, which have been proven to be based entirely on lies, is extraordinary. What explains this conspiracy of silence, this amazing disinterest in the squandering of money and lives?

Most Americans seem to vaguely accept these orchestrated wars as the government’s response to 9/11. This adds to the mystery as it is a fact that Iraq, Libya, Syria, Yemen, Afghanistan, and Iran (Iran not yet attacked except with threats and sanctions) had nothing to do with 9/11. But these countries have Muslim populations, and the Bush regime and presstitute media succeeded in associating 9/11 with Muslims in general.

Perhaps if Americans and their “representatives” in Congress understood what the wars are about, they would rouse themselves to make objections. So, I will tell you what Washington’s war on Syria and Washington’s intended war on Iran are about. Ready?

There are three reasons for Washington’s war, not America’s war as Washington is not America, on Syria. The first reason has to do with the profits of the military/security complex.

The military/security complex is a combination of powerful private and governmental interests that need a threat to justify an annual budget that exceeds the GDP of many countries. War gives this combination of private and governmental interests a justification for its massive budget, a budget whose burden falls on American taxpayers whose real median family income has not risen for a couple of decades while their debt burden to support their living standard has risen.

The second reason has to do with the Neoconservative ideology of American world hegemony. According to the Neoconservatives, who most certainly are not conservative of any description, the collapse of communism and socialism means that History has chosen “Democratic Capitalism,” which is neither democratic nor capitalist, as the World’s Socio-Economic-Political system and it is Washington’s responsibility to impose Americanism on the entire world. Countries such as Russia, China, Syria, and Iran, who reject American hegemony must be destabilized and desroyed as they stand in the way of American unilateralism.

The Third reason has to do with Israel’s need for the water resources of Southern Lebanon. Twice Israel has sent the vaunted Israeli Army to occupy Southern Lebanon, and twice the vaunted Israeli Army was driven out by Hezbollah, a militia supported by Syria and Iran.

To be frank, Israel is using America to eliminate the Syrian and Iranian governments that provide military and economic support to Hezbollah. If Hezbollah’s suppliers can be eliminated by the Americans, Israel’s army can steal Southern Lebanon, just as it has stolen Palestine and parts of Syria.

Here are the facts: For 16 years the insouciant American population has permitted a corrupt government in Washington to squander trillions of dollars needed domestically but instead allocated to the profits of the military/security complex, to the service of the Neoconservative ideology of US world hegemony, and to the service of Israel.

Clearly, Amerian democracy is a fraud. It serves everyone but Americans.

What is the likely consequence of the US government serving non-American interests?

The best positive outcome is poverty for the 99 percent. The worst outcome is nuclear armageddon.

Washington’s service to the military/security complex, to the Neoconservative ideology, and to Israel completely neglects over-powering facts.

Israel’s interest to overthrow Syria and Iran is totally inconsistant with Russia’s interest to prevent the import of jihadism into the Russian Federation and Central Asia. Therefore, Israel has put the US into direct military conflict with Russia.

The US military/security complex’s financial interests to surround Russia with missile sites is inconsistent with Russian sovereignty as is the Neoconservatives’ emphasis on US world hegemony.

President Trump does not control Washington. Washington is controlled by the military/security complex (watch on youtube President Eisenhower’s description of the military/security complex as a threat to American democracy), by the Israel Lobby, and by the Neoconservatives. These three organized interest groups have pre-empted the Amercan people, who are powerless and are uninvolved in the decisions about their future.

Every US Representative and US Senator who stood up to Israel was defeated by Israel in their re-election campaign. This is the reason that when Israel wants something it passes both houses of Congress unanimously. As Admiral Tom Moorer, Chief of Naval Operations and Chariman of the Joint Chiefs of Staff, said publicly, “No American President can stand up to Israel.” Israel gets what it wants no matter what the consequences are for America.

Adm. Moorer was right. The US gives Israel every year enough money to purchase our government. And Israel does purchase our government. The US government is far more accountable to Israel than to the American people. The votes of the House and Senate prove this.

Unable to stand up to tiny Israel, Washington thinks it can buffalo Russia and China. For Washington to continue to provoke Russia and China is a sign of insantity. In the place of intelligence we see hubris and arrogance, the hallmarks of fools.

What Planet Earth, and the creatures thereon, need more than anything is leaders in the West who are intelligent, who have a moral conscience, who respect truth, and who are are capable of understanding the limits to their power.

But the Western World has no such people.

http://www.paulcraigroberts.org/2017/06/29/washington-war-16-years/









ワシントンが16年間戦争をしているのはなぜか?

2017年6月29日
Paul Craig Roberts

アメリカは、16年間、中東と北アフリカで、戦争をし続けて、何兆ドルも経費がかさみ、計り知れない戦争犯罪をおかし、何百万人もの戦争難民を送り込んで、ヨーロッパに重荷を負わせ、同時に、ワシントンには、社会保障やメディケアの義務を守る余裕がなく、あらゆる文明国にある国民皆保険の資金がないと主張している。

こうした巧妙に仕組まれた戦争の膨大な経費のおかげで実現されない膨大な社会的要求を考えれば、こうした戦争の目的について、アメリカ国民が、疑問を投じていて当然だろうと思いたくなる。このような膨大な経費で、一体何が実現されつつあるのだろう? 軍安保複合体が戦争による利益で肥え太れるようにすべく、国内ニーズは無視されている。

全くウソに基づいていることが証明済みのこうした戦争の目的について、アメリカ国民、マスコミや議会側に全く関心が欠如しているのは、驚くべきことだ。この沈黙の共謀、お金と命の浪費への、この驚くべき無関心は一体どのように説明できるのだろう?

大半のアメリカ国民は、9/11への政府の反撃として、こうした巧妙に仕組まれた戦争を、なんとなく受け入れているように見える。これは、イラク、リビア、シリア、イエメン、アフガニスタンもイランも(イランは威嚇と経済制裁を除けば、まだ実際には攻撃されていない)9/11と無関係だという事実の不思議さを深めるものだ。しかし、これらの国々には、イスラム教徒の国民がおり、ブッシュ政権と売女マスコミは、9/11をイスラム教徒全般と結びつけるのに成功した。

もしアメリカ国民と議会にいるその“代議員”が、戦争が実際は一体何なのかを理解すれば、おそらく、反対して決起するだろう。そこで、シリアに対するワシントンの戦争と、ワシントンが意図しているイランに対する戦争は一体何かをご説明しよう。ご用意は良いだろうか?

ワシントンはアメリカではないのでアメリカの戦争ではなく、シリアに対するワシントンの戦争には理由が三つある。最初の理由は軍安保複合体の利益に関係している。

軍安保複合体とは、多くの国々のGDPを越える年次予算を正当化する脅威を必要とする強力な私益や政府権益の連合だ。戦争は、この私益、国家権益の連合に、その重荷が実質世帯平均所得が何十年も上がっておらず、生活水準を維持するための負債が増えているアメリカ納税者の肩にかかる膨大な予算の正当化をもたらすのだ。

二つ目の理由は、アメリカ世界覇権というネオコン・イデオロギーだ。どう表現しても保守派ではあり得ないのが確実なネオコンによれば、共産主義と社会主義の崩壊は、民主的でも、資本主義でもない“民主的な資本主義”を、世界の社会-経済-政治体制として歴史が選んだことを意味しており、世界中に、アメリカ式を押しつけるのがワシントンの責務なのだ。ロシア、中国、シリアやイランのような、アメリカ覇権を拒否する国々は、アメリカ 単独行動主義の邪魔なので不安定化して破壊しなければならない。

三つ目の理由は、イスラエルが南レバノンの水資源を必要としていることだ。イスラエルは、二度、大げさに称賛されているイスラエル軍を、南レバノンを占領しようと派兵したが、二度とも、大げさに称賛されているイスラエル軍は、シリアとイランが支援している民兵ヒズボラに追い出された。

率直に言えば、イスラエルは、ヒズボラに、軍事的、経済的支援をしているシリアとイランの政府を殲滅するのに、アメリカを利用しているのだ。もしヒズボラを支援している国々をアメリカによって殲滅できれば、イスラエル軍は、パレスチナとシリアの一部盗み取ったように、南レバノンを盗み取ることができるのだ。

事実はこうだ。16年間、無頓着なアメリカ国民が、ワシントンの腐敗した政府が、国内で必要な何兆ドルを浪費して、アメリカ世界覇権というネオコン・イデオロギーと、イスラエルのために、軍安保複合体の利益に振り向けるのを許してきたのだ。

明らかにアメリカ民主主義は欺瞞だ。アメリカ国民以外の連中のために働いている。

アメリカの利益でないものにアメリカ政府が仕えたあげくのありそうな結果は一体なんだろう?

最善の前向きな結果は99パーセントの貧困だ。最悪の結果は核のハルマゲドンだ。

軍安保複合体、ネオコン・イデオロギー、イスラエルに対するワシントンの貢献は、圧倒的な事実を全く無視している。

シリアとイランを打倒しようというイスラエルの関心は、聖戦主義がロシア連邦や中央アジアに輸入されるのを防ごうとするロシアの関心とは全く矛盾する。だから、イスラエルは、アメリカをロシアとの直接軍事紛争に押しやっているのだ。

ロシアをミサイル基地で包囲するアメリカ軍安保複合体の財務上の利益は、ネオコンによるアメリカ世界覇権強調と同様、ロシア主権とは合致しない。

トランプ大統領はワシントンを支配してはいない。ワシントンは、軍安保複合体によって(アメリカ民主主義に対する脅威としての軍安保複合体についてのアイゼンハワー大統領演説をyoutubeでご覧願いたい)イスラエル・ロビーによって、そして、ネオコンによって支配されている。この三つの既得権益団体が、無力で、自分たちの未来に関する決定には関与しないアメリカ国民より優位に立っているのだ。

イスラエルに反対して立ち上がる全てのアメリカ下院・上院議員は、再選挙運動でイスラエルに敗北させられた。これこそが、何であれ、イスラエルが上下両議会を通過させようとすると、満場一致になる理由だ。海軍作戦部長で統合参謀本部議長のトーマス・モーラー海軍大将はこう公言した。“イスラエルに抵抗できるアメリカ大統領はいない。”アメリカにとって、どのような結果になろうとも、イスラエルは望むものを手にいれる。

モーラー大将は正しかった。毎年アメリカは、イスラエルに、アメリカ政府を買収するのに十分な資金を与えている。そして、イスラエルは実際、アメリカ政府を買収している。アメリカ政府は、アメリカより、イスラエルに、遥かに責任を負っている。下院と上院での評決がこれを証明している。

小さなイスラエルにさえ立ち向かえないワシントンが、ロシアと中国を威圧できると思っているのだ。ワシントンが、ロシアと中国挑発を継続するのは狂気の兆しだ。知性があるべき所に見えるのは、阿呆の証したる不遜と傲慢だ。

地球と、そこに棲む生き物が何よりも必要としているのは、聡明で、道徳意識があり、真実を尊重し、連中の権限の限界を理解することができる欧米指導者だ。

だが欧米世界には、そのような人材は皆無だ。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/16-69f8.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« G20サミット  トランプ-プ... | トップ | 傍聴のお願い!・・福島原発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。