Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

 Ever more official lies from the US government

2017-07-14 01:52:37 | 翻訳記事 Translation
Of the people By the people For the people

Why can not Americans throw guns away?
Is not that the cause of all the misfortunes of Americans?

結局はどのような偉大な先祖がいたとしても、国民が政治に興味を持たず、
理解することすらできないという状況が、どうして生まれたのかを考える
必要がある。

失業者がどんな仕事があれば職につけるのか、物価と比べてどれくらいの
給料を欲しいのか。それによっても違うだろう。

とはいえ、先進OECD諸国中で1番景気が悪いのが日本なのだが、日本人も
同じく、政治に興味を持っていないかTVの報道に騙され続けている人民なのだ。








July 10, 2017 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article

Ever more official lies from the US government

Paul Craig Roberts

The false reality constructed for Americans parallels perfectly the false reality constructed by Big Brother in George Orwells’ dystopian novel 1984.

Consider the constant morphing of “the Muslim threat” from al-Qaeda to the Taliban, to al-Nusra, to ISIS to ISIL, to Daesh with a jump to Russia. All of a sudden 16 years of Middle East wars against “terrorists” and “dictators” have become a matter of standing up to Russia, the country most threatened by Muslim terrorism, and the country most capable of wiping the United States and its vassal empire off of the face of the earth.

Domestically, Americans are assured that, thanks to the Federal Reserve’s policy of quantitative easing, that is, flooding the financial markets with newly printed money that has driven up the prices of stocks and bonds, America has enjoyed an economic recovery since June of 2009, which must be one of the longest recoveries in history despite the absence of growth in median real family incomes, despite the growth in real retail sales, despite the falling labor force participation rate, despite the lack of high value-added, high productivity, high wage jobs.

The “recovery” is more than a mystery. It is a miracle. It exists only on fake news paper.

According to CNN, an unreliable source for sure, Jennifer Tescher, president and CEO of the Center for Financial Services Innovation, reports that about half of Americans report that their living expenses are equal to or exceed their incomes. Among those aged 18 to 25 burdened by student loans, 54% say their debts are equal to or exceed their incomes. This means that half of the US population has ZERO discretionary income. So what is driving the recovery?

Nothing. For half or more of the US population there is no discretionary income there with which to drive the economy.

The older part of the population has no discretionary income either. For a decade there has been essentially zero interest on the savings of the elderly, and if you believe John Williams of shadowstats.com, which I do, the real interest rates have been zero and even negative as inflation is measured in a way designed to prevent Social Security cost of living adjustments.

In other words, the American economy has been living on the shrinkage of the savings and living standards of its population.

Last Friday’s employment report is just another lie from the government. The report says that the unemployment rate is 4.4% and that June employment increased by 222,000 jobs. A rosy picture. But as I have just demonstrated, there are no fundamentals to support it. It is just another US government lie like Saddam Hussein’s weapons of mass destruction, Assad’s use of chemical weapons against his own people, Russian invasion of Ukraine, and so forth and so on.

The rosy unemployment picture is totally contrived. The unemployment rate is 4.4% because discouraged workers who have not searched for a job in the past four weeks are not counted as unemployed.

The BLS has a second measure of unemployment, known as U6, which is seldom reported by the presstitute financial media. According to this official measure the US unemployment rate is about double the reported rate.

Why? the U6 rate counts discouraged workers who have been discouraged for less than one year.

John Williams counts the long term discouraged workers (discouraged for more than one year) who formerly (before “reforms”) were counted officially. When the long term discouraged are counted, the US unemployment rate is in the 22-23 percent range. This is borne out by the clear fact that the labor force participation rate has been falling throughout the alleged “recovery.” Normally, labor force participation rates rise during economic recoveries.

It is very easy for the government to report a low jobless rate when the government studiously avoids counting the unemployed.

It is an extraordinary thing that although the US government itself reports that if even a small part of discouraged workers are counted as unemployed the unemployment rate is 8.6%, the presstitute financial media, a collection of professional liars, still reports, in the face of the government’s admission, that the unemployment rate as 4.4%.

Now, let’s do what I have done month after month year after year. Let’s look at the jobs that the BLS alleges are being created. Remember, most of these alleged jobs are the product of the birth/death model that adds by assumption alone about 100,000 jobs per month. In other words, these jobs come out of a model, not from reality.

Where are these reported jobs? They are where they always are in lowly paid domestic services. Health care and social assistance, about half of which is “ambulatory health care services,” provided 59,000 jobs. Leisure and hospitality provided 36,000 jobs of which 29,300 consist of waitresses and bartenders. Local government rose by 35,000. Manufacturing, once the backbone of the US economy, provided a measly 1,000 jobs.

As I have emphasized for a decade or two, the US is devolving into a third world workforce where the only employment available is in lowly paid domestic service jobs that cannot be offshored and that do not pay enough to provide an independent existence. This is why 50% of 25-year olds live at home with their parents and why there are more Americans aged 24-34 living with parents than living independently.

This is not the economic profile of a “superpower” that the idiot neoconservatives claim the US to be. The American economy that offshoring corporations and financialization have created is incapable of supporting the enormous US debt burden. It is only a matter of time and circumstance.

I doubt that the United States can continue in the ranks of a first world economy. Americans have sat there sucking their thumbs while their “leaders” destroyed them.

http://www.paulcraigroberts.org/2017/07/10/ever-official-lies-us-government/









アメリカ政府の更なる公式ウソ

2017年7月10日
Paul Craig Roberts

アメリカ人のために作り上げられている偽現実は、暗黒の未来を書いたジョージ・オーウェルの小説『1984年』中のビッグ・ブラザーが作り上げた偽現実に完璧に匹敵する。

アルカイダからタリバン、ヌスラ戦線、ISISからISIL、ダーイシュという“イスラムの脅威”の絶えざる変身から、ロシアへの飛躍をお考え願いたい。“テロリスト”と“独裁者”に対する16年間の中東戦争が、突如として、最もイスラム・テロに脅かされていて、アメリカ合州国とその傀儡帝国を地上から消し去ることが可能な国ロシアに立ち向かうことに変わったのだ。

国内では、連邦準備金制度理事会の量的緩和政策、つまり金融市場を新たに印刷された紙幣で溢れさせ、株と債券価格を押し上げるもののおかげで、世帯の実質平均所得の上昇がないにもかかわらず、実質小売売り上げの増加にもかかわらず、就業率の低下にもかかわらず、高付加価値、高生産性、高給の雇用の欠如にもかかわらず、史上最長の回復の一つに違いない、2009年6月以来の景気回復をアメリカは享受していることをアメリカ人は保証されている。

“回復”はミステリーどころではない。これは奇跡だ。それは偽ニュース新聞の上にしか存在しない。

CNNによれば、確かに信頼性に欠ける情報源だが、Center for Financial Services Innovationの社長兼CEO、ジェニファー・テシャーが、約半数のアメリカ人が、生活費は収入に等しいか、越えていると言っていると報じている。学資ローンを抱えている18歳から25歳の間では、54%が、借金が収入に等しいか、上回ると言う。つまりアメリカ国民の半分には、可処分所得が皆無なのだ。すると一体何が回復を推進しているのだろう?

何もない。アメリカ国民の半数以上にとって、経済を駆動する可処分所得がないのだ。

国民のうち、高齢者も可処分所得がない。十年間、高齢者の貯蓄金利は本質的にゼロで、私は彼を信じているが、shadowstats.comのジョン・ウィリアムズを、読者が信じれば、本当の金利はゼロで、社会保障生活費調整をせずに済むような形でインフレが計測されているので、マイナス金利でさえある。

言い換えれば、アメリカ経済は、貯蓄と国民の生活水準の縮小で生きている。

先週金曜日の雇用報告は、もう一つの政府のウソにすぎない。報告は、失業率は4.4%で、6月の雇用は222,000件増えたと言う。バラ色の絵だ。だが、私がご説明した通り、これを裏付ける事実は皆無だ。これは、サダム・フセインの大量破壊兵器、アサドによる自国民に対する化学兵器使用、ロシアによるウクライナ侵略などなどのアメリカ政府のもう一つのウソにすぎない。

バラ色の失業という画は全く人為的なものだ。失業率が4.4%なのは、過去四週間、職さがしをしなかった求職意欲喪失労働者が失業者として計算されないためだ。

BLSには、金融マスコミ売女が滅多に報じない、U6として知られているもう一つの失業指標がある。この公式指数によれば、アメリカ失業率は報告されている率のおよそ倍だ。

一体なぜだろう? U6率は、職探しを一年未満の期間あきらめた求職意欲喪失労働者を数に入れているのだ。

ジョン・ウィリアムズは、かつては(“改革”前)公式に数にいれられていた長期求職意欲喪失労働者 (一年以上、職探しをあきらめている人々)も計算に入れている。長期の求職意欲喪失労働者が含められれば、アメリカ失業率は22-23パーセントの範囲だ。これはborn out by“回復”とされるもの間、就業率がずっと落ちている明らかな事実。通常、景気回復時には就業率は上がる。

政府が故意に失業者を数に入れるのを避けているのだから、政府が低い失業率を報じるのはたやすいことだ。

アメリカ政府自身が求職意欲喪失労働者の一部が失業者として含められた場合、失業率は8.6%だと報じても、政府が認めているにもかかわらず、ウソをつくのが商売の連中の集団、売女経済マスコミが、失業率は4.4%だと報じるのは途方もないことだ。

私が毎月、毎年行ってきていることを、行ってみよう。BLSが産み出されていると主張している雇用を見てみよう。こうした雇用とされるものの大半は、仮定だけで、月に100,000件の雇用を追加するbirth/deathモデルの産物であることに留意願いたい。言い換えれば、これらの雇用は、モデルに由来するものであって、現実に由来していないのだ。

こうした雇用とされるものは一体どの分野なのだろう? それは例によって例のごとくの低賃金の国内サービス業だ。医療や社会的支援の約半数は、“救急医療サービス”で、59,000件だ。レジャーと接客業が、36,000件で、うち29,300件はウエイトレスとバーテンダーだ。地方自治体は、35,000件増えた。かつてアメリカ経済の屋台骨だった製造業は、わずか1,000件にすぎない。

私がここ十年か二十年主張してきたように、アメリカは、存在する雇用は、海外移転ができない、自立した生活に不十分な低賃金の国内サービス業のみという、第三世界の労働人口へと退化しつつある。これが25歳の人々の50%が両親と実家で暮らしており、24-34歳のアメリカ人では、一人暮らししている人より、実家で暮らしている人々が多い理由だ。

これは、愚かなネオコンが“超大国”だと主張するアメリカの経済データとは言えない。企業の海外移転と金融化がもたらしたアメリカ経済は、膨大なアメリカの債務負担には耐えられない。時間の状況だけの問題だ。

アメリカ合州国は、世界一流経済の地位に留まれないだろうと私は思う。“指導部連中”が彼らを破壊する中、アメリカ人は指しゃぶりをしながら座視している。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-64c9.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  While Trump talks, the Pen... | トップ | 731情報公開のブログ これと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。