Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Why is Venezuela in the White House’s Crosshairs ?

2017-06-18 01:34:52 | tweet
ベネズエラが、ホワイト・ハウスに照準を定められているのは一体なぜか?

The awesome truth the economic hitman tells
エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実
https://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A


Confessions of an Economic Hit Man

America to Eat exhaust a developing country



Gremlins

Military/security complex of America is Gremlins.

You must You must observe the three rules.

1 Do not give weapons

2 Do not give Political strength

3 Do not give money



Actually military/security complex of America are aimed at.





Why is Venezuela in the White House’s Crosshairs?

Confronting The Neoliberal Propaganda Media Machine
By Peter Koenig
Global Research, June 11, 2017

On 8 of June, I had the privilege to attend a press conference hosted by the Venezuelan Ambassador in Bern, Switzerland. The purpose of the press conference was to clarify the current highly misrepresented situation in Venezuela, as well as explaining the process of electing a new National Constitutional Assembly (Asamblea Nacional Constituyente – ANC) on July 30, 2017.

In his hour-long presentation, the Ambassador introduced the issues at stake by explaining that Venezuela today has the largest known oil reserves in the world and the fourth largest deposits of gas; that the US is importing 60% of its lush energy use (a distant first of the globe’s per capita energy users), mostly from the Middle East, where it is subject to long and costly transport (40-45 days), and to many risk factors, including the Gulf of Hormuz, controlled by Iran, where today about one third of all the world’s petrol must pass through.

By contrast, shipments of petroleum from Venezuela across the Caribbean to the refineries in Texas takes only 4-5 days.

This is the main reason why Venezuela is in the White House’s crosshairs, plus, of course, the fact that for Washington it is totally intolerable to have a sovereign socialist Republic in its ‘backyard’ – and so close, the same syndrome applies also for Cuba, a genuinely successful socialist nation, having survived almost sixty years of atrocious and criminal American strangulation. There is no tolerance for sovereign independent countries that do not bend to the dictate of the United States and her behind the scene handlers.

The Ambassador then went on explaining the process of the upcoming election of the National Constitutional Assembly (ANC). He described the process of direct democracy, where Venezuelans elect their delegates by region and by sector, and where of course, the opposition was also supposed to participate, although the opposition’s leadership has already declared they would boycott the process.

The elected new ANC would then be called to amend the Constitution of 1999, to adapt it to today’s circumstances. The current Constitution was approved in a similar democratic process by the people and sanctioned by the ANC one year after President Hugo Chavez Frias became President in 1998. The 1999 Constitution is still valid and adhered to until this day.

The July election will choose 545 members to the National Assembly, of which two thirds (364) would be elected on a regional or territorial basis, and one third (181) by sectors of professions or activities, i.e. students, farmers, unions of different labor forces, employees, business owners – and so on. This cross-section of people’s representation is the most solid basis for democracy.

The Ambassador assured the journalists that there will be a very high peoples’ participation in the elections, as was the case for the 19 democratic elections that took place since 1998, when Comandante Chavez became President.
This election should be an opportunity for the opposition to gather as many Assembly seats as possible, and then help shape the new Constitution in a fully democratic process. Not by street violence.

The fact that the opposition is planning to boycott the election shows clearly, they are not interested in democracy. They have one goal only, to oust President Maduro and take power, privatize state assets, especially hydrocarbons (petroleum and gas) to hand them to international mainly US corporations to be exploited at no benefits for the Venezuelan people.

This was precisely the case before President Chavez took the reins of the country. Foreign corporations, almost all North Americans, left not a dollar in tax revenues in Venezuela.

Venezuela today is arguably the only true democracy in the western world, as said on numerous occasions by Professor Noam Chomsky, MIT.

***

To counter the neoliberal mainstream media’s (MSM) demonization of the Bolivarian Revolution and the Bolivarian Republic of Venezuela and her President Nicolas Maduro, the Ambassador showed various videos demonstrating that the instigators of violence were clearly the armed opposition. They are constituted and led by a rich elite and supported ideologically and financially from outside.

Among different foreign sources of support and funding, most of them American, is the infamous National Endowment for Democracy – NED, a so called “fake” NGO “think-tank” (sic), receiving from the US State Department hundreds of millions of dollars per year to ’spread democracy’ American style around the globe, i.e. training local rebel groups abroad and within the targeted country to provoke instability through unrest and violence; distribute anti-government propaganda, infiltrate the media, universities and so on. They are the same who were responsible for the so-called Arab Spring and the Color Revolutions in former Soviet Republics, including Ukraine.

The facts explained and demonstrated by the Ambassador showed clearly who was responsible for most of the 67 deaths and more than 1,200 injured within the last couple of months.

This is all supported by unmistakable videos, showing government supporters, who are despite what the western media are saying, the vast majority – between 70% and 80%, demonstrating peacefully and unarmed.

However, western media twists and manipulates the truth to become anti-Venezuela propaganda, including video clips presented out of context, or outright falsified, blame the aggression on the government supporters, accusing authorities and police of oppressing civil liberties, of dictatorship, of killing its own people.

The western MSM do not show the weaponized right-wing opposition attacking police with explosives, putting police cars on fire and throwing Molotov cocktails and more sophisticated explosives at police and authorities.

This point of opposition violence, blackmail and more, is clearly demonstrated by a recent US journalist covering the riots for the pan-Latin American TeleSur TV. Ms. Abby Martin, the host of the Empire Files, an investigative program, told RT (Russia Today) that she received numerous death threats from opposition fighters during her work on the ground in Venezuela. She says protesters threatened to lynch and burn her alive if she tried to contradict their narrative (https://www.rt.com/news/391338-us-journalist-venezuela-threats/). This is to be taken seriously, because several journalists have already been murdered by the opposition.

***

The Ambassador made two very important points that the west should listen to. He said, that despite the violent social upheavals, the government is respecting the principles of democracy and has not declared a State of Emergency or Martial Law, nor curtailed private-owned foreign media slandering Venezuela with lies.

This contrasts with other countries, like France which for the past two years has been under a declared State of Emergency, just a small step below Martial Law, and is about to put this state of permanent militarization into her Constitution; or take Argentina which is suppressing foreign media like TeleSur (and were at the point of shutting down also RT), because they are telling Argentinians the inconvenient truth.

***

When the Ambassador opened the floor for questions and comments, most of the journalists present were polite, seeking clarifications of the election process. But there were two sore thumbs sticking out, the representatives of the two largest and most neoliberal Swiss newspapers, the Neue Zürcher Zeitung (NZZ) and the Tagesanzeiger.

They came with a specific agenda. It seems they didn’t listen to anything the Ambassador said. They simply hurled their list of insults, accusations and offensive negative lie-propaganda at the Ambassador. Both of them are what one would assume in Switzerland, educated people. They must know the truth. If they don’t say the truth, they are most likely bought agents of the Anglo-Zionist network that controls 90% of the news throughout the western world. After they accomplished their mission of insulting the Ambassador, they left the conference.

Isn’t it a journalist’s foremost obligation to adhere to a code of ethics? – That’s what they were taught at universities, to seek the truth and portray the truth as objectively as possible.

And what about Switzerland? A country that boasts about its neutrality, appears to have completely abandoned her noble principles and moved to become Europe’s epicenter of neoliberalism. No wonder, such alternative international media like TeleSur and RT are not publicly offered to households by the Swiss Broadcasting Corporation (SRG), the monopoly holder (90%) of Swiss television and radio providers.

http://www.globalresearch.ca/why-is-venezuela-in-the-white-houses-crosshairs/5594240








ベネズエラが、ホワイト・ハウスに照準を定められているのは一体なぜか?

ネオリベラル・プロパガンダ・マスコミ機構との対決
Peter Koenig
Global Research
2017年6月11日

6月8日、ベネズエラ大使がスイスのベルンで主催した記者会見に出席する栄誉に預かった。記者会見の狙いは、現在、大いに誤って伝えられているベネズエラ状況を明らかにし、2017年7月30日の新たな制憲議会議員選挙(Asamblea Nacional Constituyente - ANC)過程を説明することだった。

一時間に及ぶプレゼンテーションで、大使は、ベネズエラが世界最大の既知の石油埋蔵量と、世界第四位のガス埋蔵量を有していると説明して、重要な問題を指摘した。アメリカは、膨大なエネルギー使用(一人当たりエネルギー使用量で世界ダントツ)の60%を輸入しており、その大半は、長く高価な輸送(40-45日)が不可避で、現在世界の約三分の一の石油が通過せざるを得ない、イランが支配するホルムズ海峡を含む、多くのリスク要素がからむ中東からのものだ。

対照的に、ベネズエラから、カリブ海経由で、テキサス州の精油所向けの石油輸送は、わずか4-5日しかかからない。

これこそが、ホワイト・ハウスによりベネズエラに照準が定められている主な理由で、更に、もちろん、残虐で犯罪的なアメリカによる絞殺にもほぼ60年間生き延びて、本当に成功している社会主義国家キューバにも適用されているのと同じ症候群、ワシントンにとって、主権ある社会主義共和国が、これほど近くの‘裏庭’にあることには我慢ができないという事実もある。アメリカ合州国と、陰で糸を引くそのハンドラー連中の命令に屈しない主権独立国家は全く認められないのだ。

大使は更に、来る制憲議会議員選挙(ANC)の過程を説明した。反政府派指導部は既にこの選挙をボイコットすると宣言しているが、もちろん本来反政府派も参加するはずの、ベネズエラ国民が地域や職域で、代表を選出する直接民主主義の過程を大使は説明した。

選出された新ANCは、現代の状況にあわせるため、1999年憲法を改定するため召集されることになる。現憲法は同様な民主的過程で、国民により承認され、1998年にウゴ・チャベス・フリーアスが大統領になった一年後、ANCに認可された。1999年憲法は今も有効で、現在に至るまで遵守されている。

7月選挙は制憲議会の545人の議員を選出するが、うち三分の二(364)は地域別に選出され、また三分の一(181)は、職業や活動分野別、つまり学生、農民、様々な労働組合、従業員、企業所有者などから選出される。この国民の様々な代表は、民主主義のための最も強固な基礎だ。

大使は、チャベスが司令官が大統領になった1998年以来行われてきた、19回の民主的選挙と同様に、選挙の投票率は非常に高いだろうことをジャーナリストに請け合った。今回の選挙は、反政府派が出来るだけ多くの議席を獲得し、完全に民主的な過程で新憲法を作るのを支援する好機のはずなのだ。街頭での暴力行動ではなく。

反政府派が選挙のボイコットを計画している事実は、彼等が民主主義には興味がないことをはっきりと示している。連中には、マドゥロ大統領を打倒し、権力を掌握し、ベネズエラ国民への恩恵皆無で、国際企業、主にアメリカ企業が利用するべく、国有財産の民営化、特に炭化水素(石油とガス)引き渡すという一つの狙いしかないのだ。

チャベス大統領が支配権を掌握する前は、まさにそうだった。ほぼ全てが北アメリカの外国企業は、ベネズエラの税収入として、一ドルたりとも残さなかった。

現在、ベネズエラは、欧米世界で唯一の本当の民主主義であることはほぼ間違いないと、ノーム・チョムスキーMIT教授が何度も発言している。

***

ボリバル革命や、ベネズエラ・ボリバル共和国や、ニコラス・マドゥロ大統領のネオリベラル主流マスコミによる悪者化に反撃すべく、暴力行動を煽動している連中は、明らかに、武装反政府派であることを示す様々なビデオを大使が見せた。連中は、裕福なエリートが率い、イデオロギー的、財政的に国外から支援されている。

様々な外国支援・資金提供源の大半はアメリカで、世界中にアメリカ風’民主主義を広めるために’、つまり、社会不安と暴力で、不安を引き起こすよう、現地反政府集団を、外国や、標的にした国内で訓練するためアメリカ国務省から年間何億ドルも得ている、悪名高い全米民主主義基金 - NED、いわゆる“似非”NGO“シンクタンク”(原文通り)だ。反政府プロパガンダを流布し、マスコミや大学などへの潜入し。連中はいわゆるアラブの春やウクライナを含む旧ソ連共和国内でカラー革命を起こしているのと同じ連中だ。

大使が説明し、実際に示した事実は、過去数カ月の間での、67人の死者と、1,200人以上の負傷者の大半が、一体誰の責任だったのかをはっきり示していた。

欧米マスコミが言っていることと異なり、政府支持者たちの圧倒的多数 - 70%と80%の間が、平和的に武器を持たずに抗議行動をしているのを示す明白なビデオが、これら全てを裏付けている。

ところが、欧米マスコミは、文脈から外れたビデオ映像や、政府支持者による攻撃、政府当局や警察が、市民的自由を弾圧しているやら、独裁制やら、自国民を殺害しているやらとあからさまな偽りの非難を含め、反ベネズエラ・プロパガンダとすべく、真実を歪曲し、操作している。

欧米主流マスコミは、武器を持った右翼反政府派が警官を爆弾で攻撃し、パトカーを炎上させ、火炎瓶や高度な爆発物を警官や、政府当局めがけて投げていることを報じない。

反政府派による暴力や脅しは、汎中南米放送局TeleSur TVで、最近の暴動を報じていた調査報道番組「帝国ファイル」の司会者、アメリカ人ジャーナリスト、アビー・マーチンが、RT (ロシア・トゥディ)に、ベネズエラ現地で仕事をしていた間、反政府派戦士たちから無数の殺すという脅しを受けたと述べたことで、はっきりと実証されている。抗議行動参加者たちは、彼女が、彼らの主張を否定しようとすれば、リンチして、焼き殺すと威嚇したと彼女は述べた。(https://www.rt.com/news/391338-us-journalist-venezuela-threats/)。何人かのジャーナリストが、反政府派によって既に殺害されているのだから、これは深刻に受け止められるべきだ。

***

大使は、欧米が耳を傾けるべき二つの極めて重要な点を指摘した。暴力的な社会混乱にもかかわらず、政府は民主主義の原則を尊重し、非常事態や戒厳令を宣言しておらず、ベネズエラをウソで中傷している私営外国メディアも抑圧していないと大使は述べた。

これは、過去二年間、戒厳令の一歩手前、非常事態宣言の下にあり、この永久的軍事化状況を、憲法に規定しようとしているフランスなどの他の国々と対照的だ。あるいは、いずれもアルゼンチン国民に不都合な真実を語っているので、TeleSurのような外国メディア (RTもまさに閉鎖させようとしている)を抑圧しているアルゼンチンをお考え願いたい。

***

大使が、記者たちに質問と意見を求めると、出席していた大半のジャーナリストたちは礼儀ただしく、選挙過程を明確化しようとした。しかし、二つの最大かつ最もネオリベラルなスイス新聞、ノイエ・チューリヒャー・ツァイトゥング(NZZ)と、ターゲスアンツィーガーを代表する二人の場違いは突出していた。

連中は特定の狙いでやって来ていた。二人は大使が言ったことを何も聞いていなかったようだ。二人は大使に、一連の侮辱、非難と攻撃的で否定的なウソ-プロパガンダを投げつけただけだった。二人とも、スイスでは、教養ある人々と目されている。二人は真実を知っているはずなのだ。もし、連中が真実を言わないのであれば、欧米世界中のニュースの90%を支配している英米シオニスト・ネットワーク に買収された手先である可能性が極めて高い。大使を侮辱するという自分たちの任務を完了した後、二人は会場を去った。

倫理規定を頑なに守るのは、ジャーナリストの最も重要な義務ではあるまいか? - 真実を追究し、真実を出来るだけ客観的に報じるよう、大学で教えられているはずだ。

スイスではどうだろう? 中立を自慢している国は、高貴な原則を完全に放棄し、ヨーロッパ新自由主義の中心地へと移行したように見える。スイスのテレビとラジオ放送独占企業(90%)スイス放送協会(SRG)が、TeleSurやRTなどの代替国際メディアを公式に家庭に提供しないのも不思議ではない。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-c786.html



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「忖度」した財務省 | トップ | ナベツネは“ポダム”というア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。