Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Without Glass-Steagall  America Will Fail

2017-06-19 03:51:54 | Weblog
Without Glass-Steagall America Will Fail

ロシアと安全保障を進めようとすることは、アメリカ人にとり望ましいことだ。

Trying to advance security with Russia is desirable for Americans.


メディアによって大統領批判だけに誘導されている

It is induced only by president criticism by media

人物批判ではなく政策ごとに批判すべき

Should be criticized by policy rather than emotional character evaluation

議会を批判しないアメリカ人

An American who does not criticize Congress

議会が法律を作り、大統領が執行する

Congress makes laws and the president enforces

法律は市民個人の生命や権利を守るもの

The law protects individuals' lives and rights

議会と大統領の役割は違うが目的は同じ

The role of Congress and President is different, but the purpose is the same

市民が感心を持たないと、権力は暴走する

Unless the citizen has an admiration, power will run away

アメリカは外貨準備が必要でない分、世界に負担をかけている

America is burdening the world as foreign reserves need not be prepared

その利益はアメリカ市民でなく金融が得ている

Its profit is not American citizens but finance is gaining

ところが金融には国籍がない

However, there is no nationality in finance

ちなみにドイツの大手金融はどうして破綻しないのだろう?

By the way, why does not Germany's major finance collapse?

それはプーチン悪魔化と大いに関係がある

It has much to do with Putin demonization




Extracted articles

Not only must Glass-Steagall be restored, but also the large banks must be reduced in size. That any corporation is too big to fail is a contradiction of the justification of capitalism. Capitalism’s justification is that those corporations that misuse resources and make losses go out of business, thus releasing the misused resources to those who can use them profitably. Capitalism is supposed to benefit society, not be dependent on society to bail it out.


US Representatives Walter Jones and Marcy Kaptur and members of the House and staff on both sides of the aisle, along with former Goldman Sachs executive Nomi Prins and leaders of citizens’ groups, have arranged a briefing in the House of Representatives on June 14 about the importance of Glass-Steagall to the economic, political, and social stability of the United States. Let your representative know that you do not want the financial responsibility for the reckless financial practices of the big banks. Let your representative know also that you do not want big banks that dominate the financial arena. Let them know that you want the return of Glass-Steagall.


Congress must serve the people, not Mammon.


グラス・スティーガル法の復活が必要であるのみならず、大銀行は規模を縮小すべきなのだ。どの企業であれ、大き過ぎて潰せないというのは、資本主義の正当化に対する矛盾だ。資本主義が正当化できるのは、資源を誤用して、損失を出した企業は廃業し、誤用された資源を、有効活用できる企業に開放するからだ。資本主義というのは、社会に恩恵をもたらすべきものであり、救済してもらうよう社会に依存するべきものではない


下院議員のウォルター・ジョーンズとマーシー・カプターや、他の下院議員や両党のスタッフが、元ゴールドマン・サックス重役のノミ・プリンスや、市民団体指導者とともに、6月14日、下院で、アメリカ合州国の経済的、政治的、社会的安定性にとってのグラス・スティーガル法の重要性に関する説明会を企画した。地元出身議員たちに、巨大銀行の無謀な金融慣行のために、金融上の責任を負わされるのは御免だと伝えよう。地元出身議員に、金融界を支配する巨大銀行など望んでいないことも知らせよう。グラス・スティーガル法復活を望んでいることを彼らに知らせよう。


議会は、富の邪神マモンのためではなく、国民のために働かねばならない。












June 9, 2017 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article
This is your website. Support it.

Without Glass-Steagall America Will Fail

Paul Craig Roberts

For 66 years the Glass-Steagall act reduced the risks in the banking system. Eight years after the act was repealed, the banking system blew up threatening the international economy. US taxpayers were forced to come up with $750 billion dollars, a sum much larger than the Pentagon’s budget, in order to bail out the banks. This huge sum was insufficient to do the job. The Federal Reserve had to step in and expand its balance sheet by $4 trillion in order to protect the solvency of banks declared “too big to fail.”

The enormous increase in the supply of dollars known as Quantitative Easing inflated financial asset prices instead of the consumer price index. This rise in bond and stock prices is a major cause of the worsening income and wealth distribution in the United States. The economic polarization has undercut the image and reality of the US as a land of opportunity and has introduced political and economic instability into the life of the country.

These are huge costs and for the benefit only of the rich who were already rich.

So, what we can say about the repeal of Glass-Steagall is that it turned a somewhat egalitarian democracy with a large middle class into the One Percent vs. the 99 percent. The repeal resulted in the destruction of the image of the United States as an open prosperous society. The electorate is very much aware of the decline in their economic situation, and this awareness expressed itself in the last presidential election.

Americans know that the nonsense from the US Bureau of Labor Statistics about a 4.3% unemploment rate and an abundance of new jobs is fake news. The BLS gets the low rate of unemployment by not counting the millions of discouraged workers who cannot find employment. If you haven’t looked for a job in the last 4 weeks, you are not considered unemployed. The birth/death model, a purely theoretical construct, accounts for a large percentage of the non-existent new jobs. The jobs are there by assumption. The jobs are not really there. Moreover, the replacement of full time jobs with part time jobs proceeds. Pension and health care benefits that once were a substantial part of the pay package are being terminated.

It makes perfect sense to separate commercial from investment banking. The taxpayer insured deposits of commercial banking should not serve as backing for investment banking’s creation of risky financial instruments, such as subprime and other derivatives. The US government understood that in 1933, but no longer did in 1999. This deterioration in government competence has cost America dearly.

By merging commercial banking with investment banking, the repeal of Glass-Steagall greatly increased the capability of the banking system to create risky financial instruments for which taxpayer backing was available. So, we have the extraordinary situation that the repeal of Glass-Steagall forced the 99 percent to bail out the One Percent.

The repeal of Glass-Steagall has turned the United States into an unstable economic, political, and social system. We have a situation in which millions of Americans who have lost full time employment with benefits to jobs offshoring, whose lower income employment in part time and contract employment leaves them no discretionary income after payment of interest and fees to the financial system (insurance on home and car, health insurance, credit card interest, car payment interest, student loan interest, home mortgage interest, bank charges for insufficient minimum balance, etc.), are on the hook for bailing out financial institutions that make foolish and risky investments.

This is not politically viable unless Congress and the President are going to resign and turn over the governance of America to Wall Street and the Big Banks. A growing cresendo of voices are saying that this has already happened.

So, where is there any democracy when the One Percent can cover their losses at the expense of the 99 Percent, which is what the repeal of Glass-Steagall guarantees?

Not only must Glass-Steagall be restored, but also the large banks must be reduced in size. That any corporation is too big to fail is a contradiction of the justification of capitalism. Capitalism’s justification is that those corporations that misuse resources and make losses go out of business, thus releasing the misused resources to those who can use them profitably. Capitalism is supposed to benefit society, not be dependent on society to bail it out.

I was present when George Champion, former CEO and Chairman of Chase Manhattan Bank testified before the Senate Banking Committee against national branch banking. Champion said that it would result in the banks becoming too large and that the branches would suck savings out of local communities for investment in traded financial assets. Consequently, local communities would be faced with a dearth of loanable funds, and local businesses would die or not be born from lack of loanable funds.

I covered the story for Business Week. But despite the facts as laid out by the pre-eminent banker of our time, the palms had been greased, and the folly proceeded.

As Assistant Secretary of the US Treasury in the Reagan Administration, I opposed all financial deregulation. Financial deregulation does nothing but open the gates to fraud and sharp dealing. It allows one institution, even one individual, to make a fortune by wrecking the lives of millions.

The American public is not sufficiently sophisticated to understand these matters, but they know when they are hurting. Few in the House and Senate are sufficiently sophisticated to understand these matters, but they do know that to understand them is not conducive to having their palms greased. So how do the elected representatives manage to represent those who vote them into office?

The answer is that they seldom do.

The question before Congress today is whether they will take the country down for the sake of campaign contributions and cushy jobs if they lose their seat, or will they take personal risks in order to save the country.

America cannot survive if excessive risks and financial fraud can be bailed out by taxpayers.

US Representatives Walter Jones and Marcy Kaptur and members of the House and staff on both sides of the aisle, along with former Goldman Sachs executive Nomi Prins and leaders of citizens’ groups, have arranged a briefing in the House of Representatives on June 14 about the importance of Glass-Steagall to the economic, political, and social stability of the United States. Let your representative know that you do not want the financial responsibility for the reckless financial practices of the big banks. Let your representative know also that you do not want big banks that dominate the financial arena. Let them know that you want the return of Glass-Steagall.

The effort to reduce the financial risks arising from the commingling of commercial and investment banking by requiring stronger capital positions of financial corporations is futile. The 2007-08 financial crisis required the taxpayers and the printing press and an amount of money that exceeded any realistic capital and liquidity requirements for financial institutions.

If we don’t re-enact Glass-Steagall, the risks taken by financial greed will complete the economic destruction of America.

Congress must serve the people, not Mammon.

http://www.paulcraigroberts.org/2017/06/09/without-glass-steagall-america-will-fail/




グラス・スティーガル法なしでは、アメリカは崩壊する

2017年6月9日
Paul Craig Roberts

これは皆様のウェブサイトだ。ご支援願いたい。

66年間、グラス・スティーガル法が、金融制度のリスクを下げていた。グラス・スティーガル法が廃止されてから八年後、金融制度が、崩れそうだった国際経済を吹き飛ばした。アメリカ納税者は、銀行を救済するために、ペンタゴンの予算よりも大きな金額、7500億ドルの工面を強いられたのだ。この膨大な金額は、狙いを実現するのに不十分だった。連邦準備金制度理事会が介入し、“大き過ぎて潰せない”と宣言して、銀行の支払い能力を保護するために、その貸借対照表を4兆ドルに拡大した。

量的緩和として知られているドル供給の膨大な増加は、消費者物価指数ではなく、金融資産価格をつりあげた。この債券と株式価格の上昇が、アメリカ合州国における所得と富の分配が悪化した主要因だ。経済的両極化が、機会の国というアメリカのイメージと現実を損ない、アメリカの暮らしに、政治的、経済的不安定さをもたらした。

これは膨大なコストで、既に裕福な金持ちにしか恩恵はない。

だから、グラス・スティーガル法廃止は、大きな中流階級がある、多少は平等主義の民主主義を、1パーセント 対 99パーセントに変えてしまったと言える。廃止は、開かれた、繁栄する社会というアメリカ合州国のイメージを破壊する結果をもたらした。有権者は、自分たちの経済状況の下落を十分理解しており、この認識が、前回の大統領選挙ではっきり現れたのだ。

アメリカ人は、アメリカ労働統計局がいう、4.3%の失業率と、豊富な新規雇用というタワゴトが偽ニュースなのを知っている。BLSが低い失業率を言っているのは、職を見つけられない何百万人もの求職意欲喪失労働者を数に入れないおかげなのだ。もし過去四週間、職探しをしていなければ、その人は失業者とは見なされない。全く理論的な代物、birth/deathモデルが、ありもしない多くの新規雇用を説明している。そこにある雇用は想定上のものだ。雇用が現実に存在しているわけではない。しかも、パートタイム雇用による、常勤雇用の置き換えが進んでいる。かつては包括賃金のかなりの部分を占めていた年金や医療給付は終わらされつつある。

商業銀行と投資銀行を分離するのは全く筋が通っていた。納税者は、商業銀行預金が、投資銀行が、サブプライムや他のデリバティブなどの危険な金融商品を作り出す後押しに使われないことが保証されていた。アメリカ政府は、1933年には、それを理解していたが、1999年には、もはや理解していない。この政府能力の劣化はアメリカにとって実に高くついた。

商業銀行を投資銀行と合併させることで、グラス・スティーガル法廃止は、納税者による支援が得られる危険な金融商品を作り出す銀行体制の能力を大きく増大させた。そこで、グラス・スティーガル法廃止で、1パーセントを救済するのを、99パーセントに強いるというとんでもない状況になってしまったのだ。

グラス・スティーガル法廃止のおかげで、アメリカ合州国は、経済的、政治的、社会的に不安定な制度になった。愚かで危険な投資をする金融機関を救うため、雇用の海外移転により、様々な給付がある常勤雇用を失って、パートタイムや契約雇用で低賃金雇用され、利子や手数料(住宅保険、自動車保険、医療保険、クレジット・カード金利、自動車ローン利息、学生ローン利息、住宅ローン利息、最低残高不足に対する銀行手数料など)を金融業者に支払った後、可処分所得が皆無な何百万人ものアメリカ人が、厄介なことになっているというのが、今の状況だ。

これは、議会と大統領が辞任し、アメリカの支配を、ウオール街と巨大銀行に引き渡さない限り、政治的に実行可能ではない。既にそうなっていると言う声は高まっている。

グラス・スティーガル法廃止によって保証されて、99パーセントを犠牲にして、1パーセントが、その損失を穴埋めできる場合、一体どこに民主主義があるだろう?

グラス・スティーガル法の復活が必要であるのみならず、大銀行は規模を縮小すべきなのだ。どの企業であれ、大き過ぎて潰せないというのは、資本主義の正当化に対する矛盾だ。資本主義が正当化できるのは、資源を誤用して、損失を出した企業は廃業し、誤用された資源を、有効活用できる企業に開放するからだ。資本主義というのは、社会に恩恵をもたらすべきものであり、救済してもらうよう社会に依存するべきものではないと考えられている。

チェース・マンハッタン銀行元CEO・会長ジョージ・チャンピオンが、上院銀行委員会で、銀行の全国支店展開に反対して証言した際、私も居合わせた。チャンピオンは、銀行が大きくなり過ぎ、金融資産に投資するため、支店が地域社会から貯蓄を吸い取ることになると述べた。結果として、地域社会は、貸付資金不足に直面し、貸付資金欠如のために、地方企業は死ぬか、生まれられなくなってしまうのだ。

私は、ビジネス・ウィークで、これを記事にして報じた。しかし、現代の傑出した銀行家が事実を詳細に説明したにもかかわらず、買収が行われ、愚行は進められた。

レーガン政権のアメリカ財務省財務次官補として、私はあらゆる金融規制緩和に反対した。金融規制緩和は、詐欺や抜け目ない取り引きに対して扉を開放することにしかならない。一つの組織、いや一人の個人が何百万人もの人々の暮らしを破壊することで、財を成すことを可能にするのだ。

アメリカ国民は、こうした事柄を理解するほど十分な教養はないが、自分たちが困った場合、それを感じるのだ。下院と上院でも、こうした事柄を理解するに十分なほど教養がある人々はごくわずかだが、そうしたことを理解しても賄賂をもらう助けにならないのは皆知っている。すると、議員たちは、彼らに投票し、議員にしてくれた人々を、一体どうやって代表できるのだろう?

連中が代表することなど、めったにないというのが答えだ。

議員たちに対する疑問は、選挙献金と、万一議席を失った場合の割の良い仕事のために、国を潰すつもりなのか、それとも、国を救うため個人的リスクを負うつもりなのかだ。

過度のリスクや金融詐欺が、納税者による救済が可能であれば、アメリカは生き延びられない。

下院議員のウォルター・ジョーンズとマーシー・カプターや、他の下院議員や両党のスタッフが、元ゴールドマン・サックス重役のノミ・プリンスや、市民団体指導者とともに、6月14日、下院で、アメリカ合州国の経済的、政治的、社会的安定性にとってのグラス・スティーガル法の重要性に関する説明会を企画した。地元出身議員たちに、巨大銀行の無謀な金融慣行のために、金融上の責任を負わされるのは御免だと伝えよう。地元出身議員に、金融界を支配する巨大銀行など望んでいないことも知らせよう。グラス・スティーガル法復活を望んでいることを彼らに知らせよう。

金融機関に十分な運転資本を要求して、商業銀行と投資銀行の混同から生じる金融リスクを少なくしようとする取り組みは無駄だ。2007年-08年の金融危機は、納税者と紙幣印刷機と、金融機関に対する、あらゆる現実的な資本と流動性要求を越える金額を必要としたのだ。

もし我々がグラス・スティーガル法を復活させなければ、金融界の強欲が負うリスクが、アメリカの経済的破壊を完了することになる。

議会は、富の邪神マモンのためではなく、国民のために働かねばならない。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-0f20.html









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«    Stone's 'Putin Intervi... | トップ | ついーと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。