Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Behind the Flynn resignation and Trump crisis: A bitter conflict over imperialist policy

2017-02-22 03:34:03 | 翻訳記事 Translation
フリン辞任とトランプ危機の背後にあるもの: 帝国主義政策を巡る激烈な闘争

It is world composition
The same company(Same capital) is making viruses and anti-virus software entering the PC system.

Two major political parties are cancer of the United States




アメリカだけでなく、世界はまだ発展途上なんだと思う。

発展途上というのは、猿の集団から脱しきれずに戦争を続けているという意味。

猿の集団同士の戦いは武器弾薬を持たないが、人類は常に核戦争の悪夢に潜在的に
毎夜うなされている。

製薬産業と軍需産業だけが利益を上げるシステムといえるだろう。

パソコンシステムに入り込むウィルスとアンチウィルスソフトを、同じ会社が作っている
という構図。

これに金融業が覆いかぶさっている。

もう一つ。

株式会社というシステム。株式公開している企業の株式を非上場企業が大量に取得して
しまうとどうなるだろう。

あるいは、莫大な資産を保有する個人が同様のことをするとどうなるだろう。

それらが、市民の権利を阻害している最大要因なのだろう。

トランプ政治について、彼の公約を正確にもう一度検証するといい。

国内の911やヒラリー汚職メール問題などの政治腐敗問題と、貧困格差や
人種や宗教差別や軍事予算など。

それらの問題を精査すると、諸外国への対応も見えてくるはずだ。

トランプの個々の政策について、冷静に議論し批判しデモすると、諜報機関に
誘導されなくて済む。

以前と比べると、アメリカのデモは質が変わってきたように思う。

日本でも先日中国人がデモをしたけれど、感情的に旗を燃やしたりすることは
無くなった。

星条旗や日の丸などに特別な感情移入すること自体が間違っている。いまどき
旗を振り回して叫ぶのは猿に近い。
(但し、それらが持つ苦い歴史を忘れてはならない。)





Behind the Flynn resignation and Trump crisis: A bitter conflict over imperialist policy


15 February 2017
The Trump administration is facing an escalating political crisis following the Monday evening resignation of National Security Advisor Michael Flynn. There are growing calls from the media and sections of the political establishment for congressional investigations into Flynn’s contacts with Russia prior to Trump’s inauguration, and demands that Trump explain what he knew about the contacts and whether Flynn was operating with his knowledge and approval.

On Tuesday afternoon, it was reported that the FBI interviewed Flynn soon after Trump’s inauguration about his telephone conversation with the Russian ambassador to Washington, Sergey Kislyak, on December 29, 2016. The call was secretly monitored and recorded by the National Security Agency.

The Washington Post revealed that Justice Department officials informed the White House several weeks ago that Flynn had discussed US sanctions on Russia with the ambassador, and that his repeated denials of that fact were false. A transcript of the Flynn-Kislyak conversation is reportedly circulating at the highest levels of official Washington.

In the corporate-controlled media, a series of commentators, serving as conduits for material provided by the Central Intelligence Agency and National Security Agency, have begun to raise the specter of impeachment or a Nixon-style forced resignation.

A raging conflict within the US ruling elite has erupted to the surface of American political life. The battle involves the major institutions of the capitalist state—the White House, CIA, NSA, FBI and Pentagon—as well as the leaderships of both the Democratic and Republican parties. At the center of this conflict are divisions over foreign policy and concerns within the military-intelligence apparatus that the Trump administration is not taking a sufficiently aggressive line against Russia.
The campaign against Trump is no less reactionary and militaristic than the new administration itself. It has a definite logic, leading to an escalation of the political and military confrontation with Russia, with potentially catastrophic consequences for the entire world.

This campaign is the central preoccupation of the Democratic Party. Throughout the final months of the 2016 election, Hillary Clinton repeatedly attacked Trump as a political stooge of Russian President Vladimir Putin, while presenting herself as the more reliable defender of American imperialism.

The issue was raised again during the postelection transition, with claims that “Russian hacking” was responsible for Trump’s surprise victory. Following Trump’s inauguration, the theme has been taken up once more, with congressional Democrats and a section of Senate Republicans acting as the political spearhead of the CIA and Pentagon.

Congressional Democrats seized on Flynn’s resignation to raise the Watergate-era question, “What did the president know and when did he know it?” Their contention is that when Flynn telephoned Kislyak on December 29, the same day President Obama imposed new sanctions on Russia, Flynn was conveying assurances from Trump that those sanctions would be relaxed or discarded outright once Trump entered the White House.

The most strident comments came from Eric Swalwell of California, a member of the House Select Committee on Intelligence, who declared that Trump aides “have improper relationships with Russia” and that Trump himself was implicated. “The Republicans may have the majorities in Congress and their candidate may have won the White House, but [the Democrats] are not helpless,” he said. “We have the American people, and the American people will not be satisfied until they know whether the president is with us or with Russia.”

Swalwell would have been more truthful if he had said the Democrats “are not helpless” because they have the CIA, the NSA and much of the Pentagon behind them, powerful sections of the state apparatus that have made an enormous strategic investment in preparing for war with Russia.

The Democratic Party oozes complacency and passivity when it comes to Trump’s cabinet nominations and his issuance of antidemocratic and unconstitutional executive orders. This is because, whatever their tactical criticisms of these elements of Trump’s policy, they are in line with the interests of the corporate and financial aristocracy that both parties represent. But when given the chance to wage a McCarthy-style campaign claiming that Trump is a Russian stooge, they charge into battle frothing at the mouth.

It is significant that sections of congressional Republicans, as well as Democrats, have distanced themselves from Trump over this issue. It is not just warmongers like John McCain and Lindsey Graham. The Senate Republican leadership has agreed to investigate alleged Russian interference in the US elections and to include Flynn’s contacts with Russia within the scope of the inquiry.

US imperialism seeks to counter its declining world economic position by exploiting its unchallenged global military dominance. It sees as the principal roadblocks to its hegemonic aims the growing economic and military power of China and the still-considerable strength of Russia, possessor of the world’s second-largest nuclear arsenal, the largest reserves of oil and gas, and a critical geographical position at the center of the Eurasian land mass.

Trump’s opponents within the ruling class insist that US foreign policy must target Russia, with the aim of weakening the Putin regime or overthrowing it. This is deemed a prerequisite for taking on the challenge posed by China.

Numerous Washington think tanks have developed scenarios for military conflicts with Russian forces in the Middle East, in Ukraine, in the Baltic States and in cyberspace. The national security elite is not prepared to accept a shift in orientation away from the policy of direct confrontation with Russia along the lines proposed by Trump, who would like for the present to lower tensions with Russia in order to focus first on China.

Even as the struggle rages within the ruling class and the capitalist state, the Trump administration’s attacks on democratic rights are provoking an unprecedented outpouring of popular opposition. Millions of working people and youth, native-born and immigrant, have taken part in protests against the new government. But this broad social movement has, as yet, neither a clear political program articulating the independent interests of the working class nor a revolutionary socialist leadership.

This situation poses grave dangers. The intelligence agencies, acting primarily through the Democratic Party, are seeking to hijack the mass opposition to Trump and redirect it behind their war plans, whether directed against Russia or China, using supposed external enemies as lightning rods for rising social and economic distress.

Workers and young people must not line up behind either faction of the ruling elite. Both are preparing for new military bloodbaths to safeguard the profits of American corporations. They are fighting over tactics and the sequence of targets, not over whether to send American youth to kill or be killed in imperialist wars.

The struggle against the Trump administration poses the need for a complete break with the Democrats and Republicans, the twin parties of big business, and the building of a mass independent political movement of working people, based on a socialist and internationalist program.

Patrick Martin

http://www.wsws.org/en/articles/2017/02/15/pers-f15.html





フリン辞任とトランプ危機の背後にあるもの: 帝国主義政策を巡る激烈な闘争

2017年2月15日

月曜日夜の国家安全保障顧問マイケル・フリン辞任後、トランプ政権は、政治危機のエスカレーションに直面している。マスコミや既成政治支配層の一部からの、トランプ就任前のフリンによるロシアとの接触についての議会調査と、その接触についてトランプが何を知っていたのか、彼が承知し、彼の承認のもとでフリンが動いていたのかどうかについてトランプによる説明への要求が激しくなっている.

火曜日午後、FBIが、トランプ就任直後に、2016年12月29日の、彼とロシア駐米大使、セルゲイ・キスリャクとの電話会話に関し、フリンから事情を聴取したと報じられた。電話会話は国家安全保障局によって、密かに盗聴され、録音されていた。

ワシントン・ポストは、司法省当局者が、ホワイト・ハウス数週間前に、フリンがアメリカの対ロシア経済制裁について、大使と話し合っており、彼がその事実を繰り返し否定しているのは、ウソだと知らせたことを暴露した。フリン-キスリャク会話の書き起こしが、ワシントンの最高幹部層で回覧されていると報じられている。

大手商業マスコミでは、中央情報局(CIA)や国家安全保障局が提供する情報のパイプ役として働く一連の評論たちが、弾劾やニクソン風強制辞任の不安をかきたて初めている。

アメリカ支配層エリート内部で勃発した猛烈な闘争が、アメリカの政治世界で表面化した。戦いには、資本主義国家の主要組織-ホワイト・ハウス、CIA、NSA、FBIやペンタゴンや民主党と共和党両党の指導部が関与している。この闘争の中心にあるのは、外交政策を巡る対立と、軍-諜報機関内部における、トランプ政権の姿勢が、ロシアに対して十分に攻撃的なんではないという懸念だ。

反トランプ・キャンペーンは、新政権そのものに劣らず反動的で、軍国主義的だ。これには、ロシアとの政治的、軍事的対立のエスカレーションへと至り、全世界にとって壊滅的な影響を及ぼしかねない明確な論理がある。

このキャンペーンは、民主党の最優先事項だ。2016年大統領選挙最後の数ヶ月間、ヒラリー・クリントンは、自らをより信頼に足りるアメリカ帝国主義の擁護者として描きだしながらトランプを、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の政治的手先だとして再三攻撃した。

この問題は、選挙後の移行期間中に、再びトランプが驚きの当選をしたのは“ロシアによるハッキング”だったという主張で蒸し返された。トランプ就任後、議会民主党と上院共和党議員の一部が、CIAとペンタゴンの政治的先兵として動いて、この話題が再度蒸し返された。

民主党は、フリン辞任を“大統領は、それについて何を知っていて、それを一体いつ知ったのか?”というウォーターゲート時代の疑問を呈する好機として利用している。彼らの主張は、オバマ大統領がロシアに新たな経済制裁課した同じ日12月29日に、フリンがキスリャクに電話をかけた際、そうした経済制裁は、トランプがホワイト・ハウスに入れば、緩和されるか、完全に破棄されるというトランプの保証をフリンが伝えていたというものだ。

もっとも露骨な発言は、下院情報特別委員会メンバーであるカリフォルニア州選出のエリック・スウォルウェル下院議員による、トランプ側近が“ロシアと不適切な関係”をもっており、トランプ本人が関与していたという断言だ。“共和党が議会では多数派で、彼らの候補者がホワイト・ハウスを勝ち取ったかもしれないが、[民主党]は無力ではない”と彼は述べた。“我々にはアメリカ国民がいる。アメリカ国民は、大統領が、我々の仲間なのか、それともロシアの仲間なのかが分かるまで納得しない。”

もし彼が、ロシアとの戦争に備え、膨大な戦略的投資をした強力な国家機関、CIA、NSAとペンタゴンの大半が自分たちについているのだから、民主党は“無力ではない”と発言していれば、スウォルウェルは、より正直だったろう。

トランプの閣僚指名や、彼が反民主的で違憲の大統領令を発することとなると、民主党からは楽観性と消極性がにじみ出る。これは、トランプ政策のこうした要素に対する戦術的批判が何であれ、連中は二大政党が代表している大企業や金融界の支配層の権益を支持しているためだ。ところが、トランプがロシアの手先だと主張するマッカーシー風キャンペーンを展開する機会を与えられるやいなや、口角を泡立てて連中戦闘に飛び込んでゆくのだ。

議会共和党、民主党の一部が、トランプこの問題を巡って、距離をおいていることは重要だ。ジョン・マケインやリンジー・グラハムのような戦争屋だけではないのだ。上院共和党指導部は、ロシアによるアメリカ選挙への介入とされるものを調査し、調査対象に、フリンのロシアとの接触を含めることに同意している。

アメリカ帝国主義は、世界における、その経済的地位の衰退を、その比類のない世界的な軍事支配力を駆使することで相殺しよとしている。アメリカはアメリカの覇権という狙いに対する主要な障害は、拡大しつつある中国の経済的、軍事的な力と、世界で二番目に大きな核兵器備蓄保有国で、石油とガスの最大埋蔵量を持ち、ユーラシア大陸塊の中心という地理的にきわめて重要な場所を占めるロシアを依然、相当な勢力と見なしている。

トランプに反対する支配階級内の連中は、アメリカ外交政策は、プーチン政権の弱体化、あるいは打倒を目指して、ロシアを標的にすべきだと主張している。これは中国による挑戦に取り組むための前提条件と見なされている。

無数のワシントンのシンクタンクが、中東や、ウクライナや、バルト諸国や、サイバースペースにおけるロシア軍との軍事紛争シナリオを開発している。国家安全保障エリートは、ロシアとの直接対決政策の方向から離脱し、まずは中国に注力するため、当面、ロシアとの緊張を緩和したがっている、トランプが提示する路線に方向転換するのを受け入れる用意はできていない。

支配階級と、資本主義国家内での争いが荒れ狂う中でさえ、トランプ政権による民主的権利に対する攻撃が、未曾有の大衆抗議行動の発生を引き起こしている。何百万人もの労働者や若者、アメリカ生まれも、移民も、新政権に対する抗議行動に参加している。しかし、この広範な社会運動には、今のところ、労働者階級の独自の利益を主張する明確な政治綱領も、革命的社会主義指導部もない。

この状況は重大な危機だ。主に民主党を通して活動している諜報機関は、トランプに対する大衆抗議行動をハイジャックし、増大する社会的、経済的苦難の身代わりに、外部の敵とされるものを利用し、ロシア、中国いずれを標的にするにせよ、連中の戦争計画への支持へと方向転換させようと狙っている。

労働者と青年は、支配層エリートのどちらの派も支持してはならない。双方とも、アメリカ大企業の利益を守る為の新たな軍事的大虐殺を準備しているのだ。帝国主義戦争で、殺し殺されるため、アメリカの若者を派兵すべきか否かではなく、戦術と標的の順序を巡って連中は戦っているのだ。

トランプ政権に対する戦いは、巨大企業の双子政党である民主党や共和党からの完全な離別と、社会主義的、国際的綱領に基づく、自立した労働者の大規模な政治運動の構築の必要性を提起している。

Patrick Martin

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-ae0f.html



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【知っておこう】自分の国の... | トップ | いま政府が一番隠したいこと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。