Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

French Election A Catastrophe For World Peace

2017-05-15 05:49:39 | 翻訳記事 Translation
世界平和にとって大災厄のフランス選挙


Maybe self-made Paris simultaneous terrorist attacks

多分自作自演のパリ同時多発テロ


French people were deceived by Orlando


フランス人はオランドに騙された


It was a terrorist attack for letting the aircraft carrier Charles de Gaulle sortie

空母シャルルドゴールを出撃させるためのテロだった


France is under the occupation of NATO


フランスはNATOの占領下だ





May 9, 2017 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article
French Election A Catastrophe For World Peace

Paul Craig Roberts

Marine Le Pen’s defeat, if the vote count was honest, indicates that the French are even more insouciant than Americans.

The week before the election the Russian high command announced that Washington had convinced the Russian military that Washington intended a preemptive nuclear first strike against Russia. No European leader saw danger in this annoucement except Le Pen.

No European leader, and no one in Washington, has stepped forward to reassure the Russians. In the US apparently only my readers even know of the Russian conclusion. Simply nothing is said in the Western media about the extraordinary risk of convincing Russia that the US is preparing a first strike against Russia.

Nothing in the 20th century Cold War comes close to this.

Le Pen, as Trump did prior to his castration by the military/security complex, understands that military conflict with Russia means death for humanity.

Why were the French voters unconcerned with what may be their impending deaths?

The answer is that the French have been brainwashed into believing that to stand for France, as Marine Le Pen does, is to place patriotism and nationalism above diversity and is fascist.

All of Europe, except for the majority of the British, has been brainwashed into the belief that it is Hitler-like or fascist to stand up for your country. For a French man or woman to escape the fascist designation, he or she must be Europeans, not French, German, Dutch, Italian, Greek, Spanish, Portuguese.

Brainwashed as the French are that it is fascist to stand up for France, the French voted for the international bankers and for the EU.

The French election was a disaster for Europeans, but it was a huge victory for the American neoconservatives who will now be able to push Russia to war without European opposition.

http://www.paulcraigroberts.org/2017/05/09/french-election-catastrophe-world-peace/







世界平和にとって大災厄のフランス選挙

2017年5月9日
Paul Craig Roberts

マリーヌ・ルペンの敗北は、もし開票結果が本物であれば、フランス人がアメリカ人以上に無頓着であることを示している。

選挙一週間前、ワシントンが対ロシア先制核攻撃を意図していることを、ワシントンがロシア軍に確信させたとロシア最高司令部が発表した。この声明の危険さを、ルペン以外、ヨーロッパの指導者の誰も感じていない。

ヨーロッパの指導者の誰一人、ワシントンの誰一人進み出て、ロシアを安心させようとしていない。アメリカでは、どうやら私の読者しかロシアの結論を知らないようだ。アメリカがロシアに対する先制攻撃を準備しているとロシアに確信させるとんでもないリスクについて、欧米マスコミは全く何も語らない。

二十世紀の冷戦では、決してこれほどの状態になったことはない。

ルペンは、軍安保複合体によって骨抜きにされる前のトランプ同様、ロシアとの軍事衝突が、人類の死を意味することを理解している。

フランス有権者は、自分たちの差し迫った死となる可能性があるものに一体なぜ無関心なのだろう?

フランスの為に立ち上がり、マリーヌ・ルペンのように愛国心や民族主義を多様性に優先させるとファシストだと思うよう、フランス人が洗脳されているというのが答えだ。

イギリス人の多数を除き、ヨーロッパ国民全員、自分の国のために立ち上がるのは、ヒトラー風、あるいはファシストだと思うように洗脳されている。フランス人男女がファシストと名指しされるのを避けるには、フランス人、ドイツ人、オランダ人、イタリア人、ギリシャ人、スペイン人、ポルトガル人ではなく、ヨーロッパ人にならなければいけないのだ。

フランス人は洗脳されていて、フランスの為に立ち上がると、ファシストになるので、フランス人は、国際銀行家、EUに投票した。

フランス選挙は、ヨーロッパ人にとっては大災厄だが、今やヨーロッパの反対無しに、ロシアを戦争に押しやれるアメリカ・ネオコンにとって、実に大きな勝利だった。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-bfb5.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Imperative of Replacing... | トップ | 「子どもの権利条約」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。