Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

The Imperative of Replacing Google and Facebook

2017-05-15 05:13:50 | 翻訳記事 Translation
グーグルとフェイスブックを置き換える必要性


Before that as a problem


それ以前の問題として

Operation system monopoly

オペレーションシステムの独占がある。


If we develop our own operation system

独自開発するならオペレーションシステムだ




11.05.2017 Author: Tony Cartalucci
The Imperative of Replacing Google and Facebook

Nations are beginning to take more seriously the control of their respective information space after years of allowing US-based tech giants Google and Facebook to monopolize and exploit them.

Vietnam, according to a recent GeekTime article, is the latest nation to begin encouraging local alternatives to the search engine and social media network in order to rebalance the monopoly over information both tech giants enjoy in the Southeast Asian country today.

Google and Facebook: More than Search Engines and Social Media

The two tech giants and others like them may have appeared at their inceptions to political, business, and military leaders around the world as merely opportunistic corporations seeking profits and expansion.

However, Google and Facebook, among others, have become clearly much more than that.

Both have verifiably worked with the US State Department in pursuit of geopolitical objectives around the world, from the collapse of the Libyan government to attempts at regime change in Syria, and using social media and information technology around the world to manipulate public perception and achieve sociopolitical goals on behalf of Wall Street and Washington for years.

The use of social media to control a targeted nation’s information space, and use it as a means of carrying out sociopolitical subversion and even regime change reached its pinnacle in 2011 during the US-engineered “Arab Spring.”

Portrayed at first as spontaneous demonstrations organized organically over Facebook and other social media platforms, it is now revealed in articles like the New York Times’, “U.S. Groups Helped Nurture Arab Uprisings,” that the US government had trained activists years ahead of the protests, with Google and Facebook participating directly in making preparations.

Opposition fronts funded and supported by the US State Department’s National Endowment for Democracy (NED) and its subsidiaries Freedom House, International Republican Institute (IRI), and National Democratic Institute (NDI) were invited to several summits where executives and technical support teams from Google and Facebook provided them with the game plans they would execute in 2011 in coordination with US and European media who also attended the summits.

The end result was the virtual weaponization of social media, serving as cover for what was a long-planned, regional series of coups including heavily armed militants who eventually overthrew the governments of Tunisia, Egypt, Libya, and Yemen, with Syria now locked in 6 years of war as a result.

It was during Syria’s ongoing conflict that Google would find itself involved again. The Guardian in a 2012 article titled, “Syria: is it possible to rename streets on Google Maps?,” would report:

In their struggle to free Syria from the clutches of President Bashar al-Assad, anti-government activists have embarked on a project to wipe him off the map. Literally. On Google Maps, major Damascus thoroughfares named after the Assad family have appeared renamed after heroes of the uprising. The Arab Spring has form in this regard. When anti-Gadaffi rebels tore into Tripoli last August, the name of the city’s main square on the mapping service changed overnight – from “Green Square”, the name given to it by the erstwhile dictator, to “Martyr’s Square”, its former title.

The internet giant’s mapping service has a history of weighing in on political disputes.

Google’s monopoly in nations without local alternatives ensures that public perception is lopsidedly influenced by these deceptive methods.

The Independent in a 2016 article titled, “Google planned to help Syrian rebels bring down Assad regime, leaked Hillary Clinton emails claim,” would expand on Google’s activities regarding Syria:
An interactive tool created by Google was designed to encourage Syrian rebels and help bring down the Assad regime, Hillary Clinton’s leaked emails have reportedly revealed.

By tracking and mapping defections within the Syrian leadership, it was reportedly designed to encourage more people to defect and ‘give confidence’ to the rebel opposition.

Clearly, more is going on at Google than Internet searches.

Nations would be equally irresponsible to allow a foreign corporation to exercise control over their respective information space – especially in light of verified, documented abuses – as they would by allowing foreign corporations to exercise control over other essential aspects of national infrastructure.

Vietnam Taking Control of its Information Space

The GeekTime article, shared by the US State Department’s NDI on Twitter titled, “Is Vietnamese campaign to build a Facebook alternative fighting fake news, or fostering censorship?,” claims (emphasis added):

During a parliamentary committee meeting earlier this month, Truong Minh Tuan, Minister of Information and Communications in Vietnam, said that the government is encouraging Vietnamese tech companies to build local replacements for platforms such as Facebook and Google (which are the most popular in their categories in Vietnam).

The article also reported:

It is part of a wider campaign to “strengthen cyber security” and the integrity of the country’s information. “The plan is to try and address the problem of how ‘fake pages’ with anti-government content grew uncontrollably on Facebook,” said Tuan. “Going further, we need social networks provided by local businesses that can replace and compete with Facebook in Vietnam.”

NDI’s mention of the article is meant to imply that the Vietnamese government stands to profit from the localization of search engines and social media – and it does. However, the localization of Vietnam’s information space is no different than the localization of Vietnam’s defense industry, energy and water infrastructure, schools, and healthcare institutions. They are the Vietnamese people’s to control, not Washington, Wall Street, or Silicon Valley’s.

Whether the Vietnamese government abuses that localization or not is the business of the Vietnamese people. The actual concern NDI has is that once the localization of information technology is complete in Vietnam, forever will these effective vectors of sociopolitical subversion be closed to the corporate-financier special interests driving US foreign policy and the work of fronts like NDI.

http://journal-neo.org/2017/05/11/the-imperative-of-replacing-google-and-facebook/




グーグルとフェイスブックを置き換える必要性

2017年5月11日
Tony Cartalucci

アメリカを本拠とする巨大ハイテク企業グーグルとフェイスブックが、長年、各国の情報空間を独占し、利用するのに任せた後、各国は、情報空間の管理をより本気に考えはじめている。

最近のGeekTime記事によれば、最近ベトナムが、このハイテク巨大企業二社が、この東南アジアの国で現在享受している情報独占のバランスを改めるべく、検索エンジンとソーシャル・メディア・ネットワークに対する国産代替策を奨励し始めた。

検索エンジンとソーシャル・メディアの範囲を超えているグーグルとフェイスブック

この二つのハイテク業界の巨大企業と、彼らに似た各社は、発端以来、世界中の政治、実業界、軍指導者たちには、利益と拡大を求める好機を狙うだけの企業のように見えている可能性がある。

ところが、何より、グーグルとフェイスブックは、明らかに、それを遙かに超えたものになっている。

両社は検証可能な形で、アメリカ国務省と協力し、リビア政府の崩壊から、シリアにおける政権転覆の企みに至るまで、世界中で、地NDI政学的目的を追求し、人々の物の見方を操作し、ウオール街とワシントンの為の社会・政治目標を達成するため、長年、世界中で、ソーシャル・メディアと情報技術を活用してきている。

ソーシャル・メディアを、標的にした国家の情報空間支配に利用し、社会政治的破壊や、政権転覆さえ実行する手段として使うことは、2011年、アメリカが画策した“アラブの春”の際、頂点に達した。

最初は、フェイスブックや他のソーシャル・メディア上で組織的に準備された自発的な抗議行動として描かれたが、現在では、ニューヨーク・タイムズの“アメリカの集団がアラブの春助長を支援”などの記事で、準備に、グーグルとフェイスブックが直接関与して、抗議行動の何年も前に、アメリカ政府が活動家たちを訓練していたことが明らかになっている。

アメリカ国務省の全米民主主義基金(NED)と、その下部組織フリーダム・ハウス、国際共和研究所(IRI)や全米民主国際研究所(NDI)によって資金を供与され、支援されている反政府派フロント組織が、グーグルとフェイスブックの幹部と技術サポート・チームが出席していた、いくつかのサミット招待にされた。サミットにも参加していたアメリカとヨーロッパのマスコミと協力して、連中が2011年に実行する行動計画を与えたのだ。

その結果が、ソーシャル・メディアの事実上の兵器化で、結局、最終的にチュニジア、エジプト、リビアとイエメンの政府を打倒し、現在シリアを6年の戦争に陥れている、重武装した戦士を含む、実際は長期間にわたり計画された、この地域における一連のクーデターに対する隠れ蓑として機能したのだ。

現在、シリアで継続している紛争の中で、グーグルの関与が再び明らかになる。ガーディアンは、2012年に“シリア: グーグル・マップで、通りの名前を変えることが可能か?”と題する記事で、こう報じている。

シリアをバッシャール・アル・アサド大統領の支配から解放するための戦いの中で、反政府活動家たちは、地図上から彼を消し去るプロジェクトに乗り出した。文字通り。グーグル・マップ上で、アサド家にちなんで名付けられたダマスカスの主要な大通りが、反乱の英雄たちにちなんで、改名されて出現した。地図版アラブの春だ。昨年8月、反カダフィ反政府派がトリポリに攻め込んだ際、地図サービス上で、この都市の主要な広場の名前は、かつての独裁者によって与えられた“グリーン広場”から、元の名前である“殉教者広場”へと、一夜にして変わった。

インターネットの巨人による地図サービスには、政治的紛争への介入実績がある。

国産の代替システムが無い国では、グーグルの独占によって、こうした欺瞞的な手法で、人々の物の見方が、一方的な影響を受けてしまうことになる。

“グーグル、シリア反政府派のアサド政権打倒支援を計画したと、漏洩したヒラリー・クリントン電子メールは主張”という題の2016年の記事で、インデペンデント紙は、シリアに関するグーグルの活動をより詳しく書いている。

グーグルが開発した対話型ツールは、シリア反政府派を励まし、アサド政権打倒を支援するように設計されていたと、ヒラリー・クリントンの漏洩した電子メールが暴露していると報じられている。

シリア指導部内部の離反を追跡し、マッピングすることで、一層多くの人々の離反を奨励し、反政府派に‘自信を与える’よう考えられていたとされる。

明らかに、グーグルではインターネット検索以上のことが行われているのだ。

外国企業が自国の情報空間を支配するのを許す国々も同様に無責任だ - 検証された、文書記録がある違反の観点からして - 外国企業が、国家インフラの他の極めて重要な部分に対する支配を許してしまうことになるのだから。

自国の情報空間支配を進めるベトナム

GeekTime記事をアメリカ国務省の全米民主国際研究所NDIも共有し“フェイスブックの代替策を構築するというベトナムの計画は、偽ニュースと戦うためなのか、検閲の助長なのか?”という題名のツィッターで述べている(強調は筆者):

今月早々の、議会委員会会合で、ベトナム情報通信相チュオン・ミン・トゥアンは、フェイスブックやグーグルなどのシステム(ベトナムで、これらのカテゴリーで最も人気がある二つ)の国産代替品を開発するよう、政府は、ベトナムのハイテク企業に奨励していると述べた。

記事はこうも報じている。

これは“サイパー・セキュリティーの強化”と我が国の情報健全性に対するキャンペーンの一環だ。“フェイスブック上で、反政府的内容の‘偽ページ’が制御できないほど増加する問題に対処することが狙いだ”とトゥアン情報通信相は言う。“更に進めて、ベトナムでは、フェイスブックと競合し、置き換わることができる国産企業が提供するソーシャル・ネットワークが必要だ。”

全米民主国際研究所NDIが記事に触れたのは、ベトナム政府が検索エンジンとソーシャル・メディアの国産化で利益を得ることに固執していることを示唆する狙いで - 実際そうなのだ。しかしながら、ベトナム情報空間の自国化は、ベトナムの国防産業、エネルギーや水道インフラ、教育や医療機関の自国化と同じことだ。そうしたものは、ワシントン、ウオール街やシリコン・バレーではなく、ベトナム人が支配すべきものだ。

ベトナム政府が、この国産化を悪用するかどうかは、ベトナム人が決めることだ。本当の全米民主国際研究所NDIの懸念は、情報技術の国産化がベトナムで完成してしまえば、アメリカ外交政策やNDIなどのフロント組織の活動を動かしている大企業-金融業界の既得権益にとって、社会政治的転覆用の、こうした効果的手段が永久に閉ざされてしまうことなのだ。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-ec48.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テント日誌5月12日(金) | トップ | French Election A Catastrop... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。