Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Fury in Cambodia as US asks to be paid back hundreds of millions in war debts

2017-03-20 23:33:34 | 翻訳記事 Translation
何億ドルもの戦債返済を要求するアメリカに、カンボジアが激怒

The ruler of the United States is actually a beggar.
アメリカの支配者は実は乞食である。


Japanese rulers are slaves of American rulers.
日本の支配者はアメリカ支配者の奴隷である。



Even with great power,
絶大な権力があっても、



Even with a huge amount of funds,
膨大な資金を持っていても、


Mental is a beggar.
精神的には乞食である。



Many people indifferent to that are already slaves.
そのことに無関心な多くの人々は既に奴隷である。



The American power that threatens the world with arms and winds money is the same as the gang.
世界を武力で脅し金を巻き上げるアメリカ権力はギャングと同じである。


American politics that make economic fraud against the background of military power.
軍事力を背景に、経済詐欺を行うアメリカ政治。



Americans indifferent to other countries do not advocate meaning.
他国に無関心なアメリカ人は意義を唱えない。




You do not notice that you are already enslaved.
自分たちも既に奴隷にされていることに気づかない。



For 200 years the United States is profitable in the war business.
200年間アメリカは戦争ビジネスで大儲けしている。


Americans' debts continue to increase.
アメリカ人の借金は増え続けている。



Medical expenses continue to soar.
医療費も高騰し続けている。


Taxes continue to rise.
税金も上がり続けている。



Homeless continues to increase.
ホームレスも増え続けている。


The number of patients with sequelae of war continues to increase.
戦争による後遺症を持つ患者も増え続けている。


Dangerous pesticides, growth hormone cattle, genetically modified foods, additives that are too tasty
危険な農薬、成長ホルモン牛、遺伝子組み換え食品、味の濃すぎる添加物



You can not consume natural food and drink vitamin tablet.
自然食物から摂取できずにビタミン剤を飲む。



Do not move body and brain.
体も脳も動かさない。


You are drinking a diet tablet.
ダイエット錠剤を飲んでいる。


American power and the press are encouraging.Do not think anything.
アメリカ権力とマスコミが奨励している。なにも考えるなと。


This is the reason what
America has military bases all over the world
アメリカが世界中に軍事基地を置いている理由だ。


Do you know? 
What the US military did in 1954.
知ってるか?1954年にアメリカ軍がしたことを。


It is a hydrogen bomb experiment that the world was bombed.
水素爆弾実験で世界中が被爆したことを。


Nuclear test video collection
核実験の映像集
https://www.youtube.com/watch?v=TUUUe9oCCUI




Is the destruction of the ozone layer in the Southern Hemisphere a nuclear test?
南半球のオゾン層破壊は核実験ではないのか?



Fury in Cambodia as US asks to be paid back hundreds of millions in war debts

Half a century after United States B-52 bombers dropped more than 500,000 tonnes of explosives on Cambodia's countryside Washington wants the country to repay a $US500 million ($662 million) war debt.

The demand has prompted expressions of indignation and outrage from Cambodia's capital, Phnom Penh.

Over 200 nights in 1973 alone, 257,456 tons of explosives fell in secret carpet-bombing sweeps – half as many as were dropped on Japan during the Second World War.

The pilots flew at such great heights they were incapable of discriminating between a Cambodian village and their targets, North Vietnamese supply lines – nicknamed the "Ho Chi Minh Trail."

The bombs were of such massive tonnage they blew out eardrums of anyone standing within a 1-kilometre radius.

War correspondent James Pringle was two kilometres away from a B-52 strike near Cambodia's border.

"It felt like the world was coming to an end," he recalls.

According to one genocide researcher, up to 500,000 Cambodians were killed, many of them children.

The bombings drove hundreds of thousands of ordinary Cambodians into the arms of the Khmer Rouge, an ultra-Marxist organisation which seized power in 1975 and over the next four years presided over the deaths of more than almost two million people through starvation disease and execution.

The debt started out as a US$274 million loan mostly for food supplies to the then US-backed Lon Nol government but has almost doubled over the years as Cambodia refused to enter into a re-payment program.

William Heidt, the US's ambassador in Phnom Penh, said Cambodia's failure to pay back the debt puts it in league with Sudan, Somalia and Zimbabwe.

"To me, Cambodia does not look like a country that should be in arrears…buildings coming up all over the city, foreign investment coming in, government revenue is rapidly rising," Mr Heidt was quoted as saying by the Cambodia Daily.

"I'm saying it is in Cambodia's interest not to look to the past, but to look at how to solve this because it's important to Cambodia's future," he said, adding that the US has never seriously considered cancelling the debt.

Cambodia's strongman prime minister Hun Sen, a former Khmer Rouge commander who defected to Vietnam, hit back, saying "The US created problems in my country and is demanding money from me."

"They dropped bombs on our heads and then ask up to repay. When we do not repay, they tell the IMF (International Monetary Fund) not to lend us money," he told an international conference in early March.

"We should raise our voices to talk about the issue of the country that has invaded other (countries) and has killed children."

Mr Pringle, a former Reuters bureau chief in Ho Chi Minh City, said no-one could call him a supporter of Hun Sen, who has ruled Cambodia with an iron-fist for three decades.

But he said on this matter he is "absolutely correct."

"Cambodia does not owe a brass farthing to the US for help in destroying its people, its wild animals, its rice fields and forest cover," he wrote in the Cambodia Daily.

American Elizabeth Becker, one of the few correspondents who witnessed the Khmer Rouge's genocide, has also written that the US "owes Cambodia more in war debts that can be repaid in cash."

Mr Hun Sen pointed out that craters still dot the Cambodian countryside and villagers are still unearthing bombs, forcing mass evacuations until they can be deactivated.

"There are a lot of grenades and bombs left. That's why so often Cambodian children are killed, because they don't know that they are unexploded ordnance," he said.

"And who did it? It's America's bombs and grenades."

A diplomat posted in Phnom Penh between 1971 and 1974 told Fairfax Media the food the US supplied Cambodia came from excess food stocks.

"I remember well that shipments of maize were made," he said.

"Cambodians do not eat maize so it was fed to the animals."

He pointed out that the US refused to normalise relations with Vietnam until it accepted to take on the US debt of the former southern regime.

http://www.smh.com.au/world/fury-in-cambodia-as-us-asks-to-be-paid-back-hundreds-of-millions-in-war-debts-20170311-guvxyp.html


何億ドルもの戦債返済を要求するアメリカに、カンボジアが激怒

Lindsay Murdoch
2017年3月14日
The Sunday Morning Herald

アメリカ合州国のB-52爆撃機が500,000トン以上の爆弾をカンボジアの田舎に投下してから半世紀後、ワシントンはカンボジアに5億米ドル(6億6200万オーストラリア・ドル)の戦債返済を期待している。

この要求は、カンボジアの首都プノンペンでの憤激を引き起こしている。

1973年の200夜だけでも、日本が第二次世界大戦中に投下した量の半分、257,456トンの爆弾が秘密の絨毯爆撃攻撃で投下された。

パイロットは極めて高度を飛んでいるので、カンボジアの村と、標的である、"ホー・チ・ミン・ルート"というあだ名をつけられた北ベトナムの補給線を区別するのは不可能だった。

爆弾は実に大変な量で、半径1キロ内に立っている人の鼓膜を破るほどだった。

従軍記者ジェームズ・プリングルは、カンボジア国境付近のB-52攻撃から二キロのところにいた。

"まるで世界が終わるように感じました"と彼は回想している。

ある虐殺研究者によれば、500,000人のカンボジア人が殺害され、その多くは子供だ。

爆撃は、何十万人もの普通のカンボジア人を、1975年に権力を握り 以後四年間に、飢餓からの病と処刑で、約200万人以上の人々の死をもたらした過激マルクス主義組織クメール・ルージュへと追いやった。

負債は、大半が当時アメリカが支援していたロン・ノル政府に対する食糧供給の2億7400万ドルだったが、カンボジアが返済プログラム開始を拒否し、長年のうちに、ほぼ倍増した。

プノンペン駐在のウィリアム・ヘイト・アメリカ大使は、カンボジアが負債を返済し損ねれば、スーダンやソマリアやジンバブエと同類になると述べた。

"私には、カンボジアは支払いが遅れるような国には思えません…町中にビルが建っていて、外国投資が行われ、政府歳入は急速に増えています" というヘイト発言が、カンボジア・ディリーで報じられている。

"カンボジアの将来にとって重要なのですから、過去を振り返るのではなく、これをどのように解決するかを考えるほうが、カンボジアの利益になるでしょう"と彼はのべ、負債を帳消しにすることを、アメリカは決して本気で考えてはいないとも言った。

元クメール・ルージュ司令官で、ベトナムに亡命したカンボジアの独裁者首相フン・センが"アメリカは、わが国で問題を引き起こしておいて、金を要求している"と反撃した。

"彼らは我々の頭上に爆弾を投下しておいて、返済しろと要求している。我々が返済しないと、彼らは、IMF (国際通貨基金)に金は貸すなと言う" と3月初め国際会議で語った。

"我々は声を上げて、他の国々を侵略し、子供たちを殺害した国のこの問題について語るべきです。"

ホー・チ・ミン市で元ロイター支局長だったプリングルを、カンボジアを三十年間を強権支配したフン・センの支持者とは、誰も呼ぶことはできない。

しかし、彼はこの点については、フン・センは"全く正しい"と語っている。

"国民、野生動物、水田や森林の破壊で、カンボジアは一切アメリカのお世話になどなっていない" と、彼はカンボジア・デイリーに書いている。

クメール・ルージュの虐殺を目撃したわずかな特派員の一人、アメリカ人のエリザベス・ベッカーも、アメリカは"戦債現金で返済される以上に、カンボジアに借りがある"と書いている。

カンボジアの田舎には、いまだにクレーターが点在し、村人は、いまだに爆弾を発掘しており、雷管を外せるまで大規模避難を強いられていることを、フン・センは指摘した。

"多数の擲弾と爆弾が残されています。子供たちはそれが爆薬が入ったままの兵器であるのを知らないために、カンボジア人の子供が頻繁に死んでいる理由です"と彼は述べた。

"これは一体誰がしたのですか? アメリカの爆弾と擲弾ですよ。"

1971年から、1974年まで、プノンペンに駐在した外交官が、アメリカがカンボジアに提供した食糧は、剰余備蓄食糧からのものだと、フェァファックス・メディアに述べた。

"とうもろこしを出荷したのを良く覚えています" と彼は言う。

"カンボジア人は、とうもろこしを食べないので、家畜の餌にされました。"

アメリカからの元南政権の負債を引き受けるまで、アメリカがベトナムとの関係正常化を拒否していたことを、彼は指摘した。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-cfb7.html


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池百合子・東京都知事は「... | トップ | 平成十八年十二月十三日提出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。