Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Trump-Putin’s  Moment of Truth

2017-07-07 23:17:50 | 翻訳記事 Translation
Why do not American citizens blame the hawkish Republican and Democrat dominated Congress Senate and House?

Trump must avoid war as a position for citizens even if he is not an excellent president.

Military expansion is an invisible war.


Military base map in the world

http://www.aoisora.org/hansen/base2004_12.pdf


Do you know the US military bases under construction other than Okinawa?

Military expansion!

Can you imagine what happens next?

What can you do to stop that bad premonition?

Everyone can take action for that.

I have to say, Americans are considered stupid from the world citizens.


http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/21/story_n_14308740.html


Go to the hawkish Republican and Democrat dominated Congress!






Extracted.

Sections of the American media will no doubt be looking for secret signals between «agent Trump» and the former «KGB spy Putin» to confirm their suspicions it was the Kremlin that orchestrated the US presidential election to get Trump into the White House. That spy-thriller narrative has been running non-stop in prominent US news outlets – and yet six months after Trump’s inauguration not even a single bit of hard evidence has emerged to support the allegations of collusion. It’s a spy fantasy that has taken on a life of its own, which even the CNN channel – one of the biggest purveyors of the Trump-Russia trope – has recently been caught out disclosing quietly that it’s a «nothing burger».

Nonetheless, on a more serious level, the meeting between Trump and Putin on the sidelines of the G20 summit next weekend will have a «moment of truth» quality. It’s their first encounter, although the two leaders have held at least two phone conversations in the past six months.


Of course, much of US policy towards Russia is out of Trump’s control. The hawkish Republican and Democrat dominated Congress is pushing through more hostile anti-Russia sanctions independent of Trump’s personal views. The latest bill on increasing sanctions has been tabled in such a way that it curtails Trump’s ability to use his executive power to revoke sanctions.


抜粋した。

一部のアメリカ・マスコミが、アメリカ大統領選挙を巧妙に操作して、トランプをホワイト・ハウスに送り込んだのはクレムリンだったという疑惑を確認すべく、“工作員トランプ”と元“KGBスパイ・プーチン”との間の秘密の信号を捜すのは確実だ。このスパイ・スリラー言説は、主要アメリカ・ニュース・メディアで、ひっきりなしに報じられているが、トランプ就任から六カ月後になっても、共謀という主張を裏付ける確かな証拠は一かけらも現れていない。これはスパイ妄想話の一人歩きにすぎず、トランプ-ロシアの話題を一番広めているメディアの一つのCNNでさえ、最近、そんなものは“存在していない”とひそかに漏らすはめになった。

それでもなお、より重要なレベルで、来週末のG20サミットの際のトランプ・プーチン会談は、質的に“決定的瞬間”だ。二人の指導者は過去六カ月に少なくとも二回電話会話しているが、これが初めての出会いだ。


アメリカとロシアの関係は、様々な差し迫った世界問題に対処する上で極めて重要なのだ。ところが彼が述べた通り、この関係は、“アメリカ国内での政治闘争によって、人質にとらわれていて”“異常な”状態に歪められている。


もちろん、大半の対ロシア政策はトランプの自由にはならない。タカ派共和党と民主党が支配する議会は、トランプの個人的な見解とは無関係に、一層敵対的な反ロシア経済制裁を押し通している。最新の経済制裁強化法案は、経済制裁を無効にする職権を行使するトランプの能力を抑えるような形で審議された。




FINIAN CUNNINGHAM | 02.07.2017 | OPINION
Trump-Putin’s Moment of Truth

The forthcoming meeting between Donald Trump and Vladimir Putin at the G20 summit has got to be the most anticipated political moment of the year. The handshake, smiles, body language and words will all be scrutinized to parse significance in the encounter between the leaders of the world’s two superpowers.

Sections of the American media will no doubt be looking for secret signals between «agent Trump» and the former «KGB spy Putin» to confirm their suspicions it was the Kremlin that orchestrated the US presidential election to get Trump into the White House. That spy-thriller narrative has been running non-stop in prominent US news outlets – and yet six months after Trump’s inauguration not even a single bit of hard evidence has emerged to support the allegations of collusion. It’s a spy fantasy that has taken on a life of its own, which even the CNN channel – one of the biggest purveyors of the Trump-Russia trope – has recently been caught out disclosing quietly that it’s a «nothing burger».

Nonetheless, on a more serious level, the meeting between Trump and Putin on the sidelines of the G20 summit next weekend will have a «moment of truth» quality. It’s their first encounter, although the two leaders have held at least two phone conversations in the past six months.

Confirming that the Trump-Putin one-on-one is scheduled during the Hamburg summit, Russian foreign minister Sergey Lavrov said that the meeting will «clarify» the state of bilateral relations between Washington and Moscow.

«We expect the Hamburg meeting between our presidents to clarify the prospects for Russian-US cooperation», said Lavrov speaking in Moscow last Friday at the Primakov Readings conference.

The tone of anticipation in Moscow is understandable. As Lavrov pointed out, the relation between the US and Russia is critical for addressing a wide range of pressing global issues. Yet, as he noted, that relation has been distorted into an «abnormal» state because it is «held hostage by domestic political struggles in the US».

When Trump was campaigning for the presidency, he pitched himself as being a leader who would return US-Russia relations to a new normal of friendly cooperation. This contrasted with his Democrat rival Hillary Clinton who was vowing to take a tough confrontational line on Moscow over international issues like Ukraine and Syria. It is a fair assumption that Trump won the election partly because the American electorate preferred his ticket of restoring relations with Russia. After decades of reckless overseas wars, the American voters did not want more of Clinton’s jingoistic posturing.

However, since Trump entered the White House, the promised normalization of US-Russia relations has not materialized. Indeed, with the imposition of new rounds of economic sanctions by Washington and the stepped-up US military intervention in Syria, one could say that relations have deteriorated even further.

Both sides acknowledge that relations between the world’s two largest nuclear powers have sunk to a worrying level. US Secretary of State Rex Tillerson and his Russian counterpart Sergey Lavrov openly stated the deplorable situation during their first bilateral meeting in Moscow earlier this year in April.

Russian President Vladimir Putin has recently said in an interview with American film director Oliver Stone that there has been no discernible improvement in bilateral relations between the US and Russia since Trump became president.

This is in spite of the fact that both the White House and the Kremlin have expressed a desire to seek better relations.

Of course, much of US policy towards Russia is out of Trump’s control. The hawkish Republican and Democrat dominated Congress is pushing through more hostile anti-Russia sanctions independent of Trump’s personal views. The latest bill on increasing sanctions has been tabled in such a way that it curtails Trump’s ability to use his executive power to revoke sanctions.

Also, what we are seeing too are the limits of US democracy. The people may have voted for a president who wants to pursue friendlier relations with Russia, but the American political establishment and its powerful media organizations refuse to accept that democratic expression. The US establishment and large sections of the military-security apparatus wanted Clinton and her Cold War-style foreign policy to win the election. She lost. But the powers-that-be then resorted to Plan B of coercing the new president into adopting its policy goal of hostility toward Russia.

Is Trump being held hostage by the American «deep state» and its influential media machine? No doubt there seems to be a big factor of that at play here. But it is still not clear what Trump’s own intentions are. As well as the Congress slapping on new harsher sanctions against Russia, Trump’s Treasury Secretary Steven Mnuchin also signed off on a separate round of punitive measures. Surely, if the White House had an intention of normalizing relations with the Kremlin then Trump could have stopped the Treasury from hatching more sanctions?

There is also the question of Trump’s policy on Syria. The ratcheting up of air strikes on Syria under Trump’s watch has escalated tensions with Russia which, rightly, views the American military attacks as a grave violation of Syrian sovereignty and international law. Russia has even intimated that future US air strikes will not be tolerated. Will Trump heed this warning, or is he intent on provoking an all-out confrontation with Syria’s ally, Russia?

Trump’s meeting with Putin in Hamburg will certainly be a moment to watch, if not exactly a vaunted moment of truth. If Trump does adopt a tough-guy posture, then it suggests that the US president is indeed a hostage to reactionary anti-Russia circles in Washington. In a pathetic way, he will be seen has having been cowed by the obsessive Russophobia that is deranging US government.

Alternatively, the bets are that Trump will greet Putin with gusto and a cordial vibe. But in that case the moment will also be telling. In the context of ongoing provocative hostility towards Russia in Washington, the «friendly Trump» shows that he is a non-entity president. Someone who really has no power and ultimately cannot be trusted to make meaningful policy.

Either way, the real moment of truth will be that US democracy is a fiction.

https://www.strategic-culture.org/news/2017/07/02/trump-putin-moment-truth.html







トランプ-プーチンの決定的瞬間

Finian CUNNINGHAM
2017年7月2日
Strategic Culture Foundation

間近に迫ったG20サミットでのドナルド・トランプとウラジーミル・プーチンとの会談は、今年最も期待されている政治的瞬間に違いない。握手、微笑、ボディーランゲージや言葉の全てが世界二超大国指導者の出会いの意義を解析するために子細に調べられるはずだ。

一部のアメリカ・マスコミが、アメリカ大統領選挙を巧妙に操作して、トランプをホワイト・ハウスに送り込んだのはクレムリンだったという疑惑を確認すべく、“工作員トランプ”と元“KGBスパイ・プーチン”との間の秘密の信号を捜すのは確実だ。このスパイ・スリラー言説は、主要アメリカ・ニュース・メディアで、ひっきりなしに報じられているが、トランプ就任から六カ月後になっても、共謀という主張を裏付ける確かな証拠は一かけらも現れていない。これはスパイ妄想話の一人歩きにすぎず、トランプ-ロシアの話題を一番広めているメディアの一つのCNNでさえ、最近、そんなものは“存在していない”とひそかに漏らすはめになった。

それでもなお、より重要なレベルで、来週末のG20サミットの際のトランプ・プーチン会談は、質的に“決定的瞬間”だ。二人の指導者は過去六カ月に少なくとも二回電話会話しているが、これが初めての出会いだ。

トランプ-プーチンの1対1会談がハンブルク・サミット中に予定されていることを確認して、セルゲイ・ラブロフ外務大臣は、会談でワシントンとモスクワの二国間関係の状態が“明らか”になると述べた。

先週金曜、モスクワでのプリマコフ記念会議講演で“大統領同士のハンブルク会談で、ロシア-アメリカ協力の見通しが明らかになるのを期待している”とラブロフ外務大臣は言った。

モスクワが期待している様子は当然だ。ラブロフ外務大臣が指摘した通り、アメリカとロシアの関係は、様々な差し迫った世界問題に対処する上で極めて重要なのだ。ところが彼が述べた通り、この関係は、“アメリカ国内での政治闘争によって、人質にとらわれていて”“異常な”状態に歪められている。

大統領選挙運動中、トランプはアメリカ-ロシア関係を新たな正常な友好的協力に戻す指導者だとして売り込んだ。これは、ウクライナやシリアのような国際問題を巡って、モスクワに対して強硬な対決姿勢をとると公約していた民主党のライバル、ヒラリー・クリントンと対照的だった。アメリカ有権者が、ロシアとの関係を回復するという彼の方針を好んだのもトランプ勝利の一因だと考えてもよかろう。海外における何十年もの無謀な戦争の後、アメリカ有権者はクリントンの対外強硬姿勢にうんざりしていたのだ。

ところが、トランプがホワイト・ハウスに入って以来、約束されていたアメリカ-ロシア関係正常化は実現していない。実際、ワシントンによる新たな経済制裁と、シリアにおけるアメリカ軍介入強化からして、関係は更に悪化したと言えるだろう。

双方と世界の核大国二国の関係が憂慮すべきレベルに陥っていることを認めている。今年4月、モスクワにおける初めての二国間会合で、レックス・ティラーソン国務長官とロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、公然と嘆かわしい状況について述べた。

最近、アメリカ映画監督オリバー・ストーンとのインタビューで、トランプが大統領になって以来、アメリカとロシアの二国間関係に目に見える進歩はないと、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は述べている。

ホワイト・ハウスとクレムリンの両方が、より良い関係を願っていると表明している事実にもかかわらず、こうなのだ。

もちろん、大半の対ロシア政策はトランプの自由にはならない。タカ派共和党と民主党が支配する議会は、トランプの個人的な見解とは無関係に、一層敵対的な反ロシア経済制裁を押し通している。最新の経済制裁強化法案は、経済制裁を無効にする職権を行使するトランプの能力を抑えるような形で審議された。

我々が目にしているのは、アメリ民主主義の限界でもある。国民はロシアとの友好的な関係を追求したい大統領に投票したかも知れないが、アメリカの既存政治支配体制と、その強力なマスコミ機関は、そうした民主的表現の受け入れを拒んでいる。アメリカ支配体制と軍-安保機構の大部分は、クリントンと彼女風の冷戦外交政策が選挙に勝利するのを望んでいた。彼女は破れた。だが権力者連中は、ロシアに対する敵意という政策目標を採用するよう新大統領に強要する代案に落ち着いたのだ。

トランプは、アメリカ“陰の政府”と、その手先の、影響力が大きいマスコミ装置の人質になっているのだろうか? そうした要素が機能しているらしきことに疑いようはない。しかし、トランプ自身の意図が一体どうなのかはまだ明らかではない。議会が対ロシアの新たな、より厳しい経済制裁を課したのに加え、トランプの財務長官スティーヴン・マヌーチンも別の懲罰策に署名した。確かに、もしホワイト・ハウスに、クレムリンとの関係を正常化させる意図があれば、トランプは財務省が更なる経済制裁を産み出すのを止められたはずなのだ。

トランプのシリア政策への疑問もある。トランプが見守る中、シリア空爆を強化し、このアメリカ軍事攻撃を、シリア主権と国際法に対する重大な侵害だと正当に見なすロシアとの緊張をエスカレートさせた。ロシアは、将来のアメリカによる空爆は認められないとまで威嚇した。トランプはこの警告を心に留めるだろうか、それとも、シリアの同盟国ロシアとの全面対決挑発に専念しているのだろうか?

ハンブルクにおけるトランプとプーチンとの会談は、大げさに称賛されている決定的瞬間ではないにせよ、確かに注目すべき瞬間だ。もしトランプがタフガイ姿勢をとれば、アメリカ大統領が実際にワシントンの反動的反ロシア集団の人質であることを示す。哀れな形で、アメリカ政府を狂わせている偏執的なロシア嫌いに恐れをなしているのだと見なされることになろう。

あるいは、トランプがプーチンに嬉々として挨拶し、誠心誠意対応する可能性もある。しかし、その場合も、瞬間は多くを物語ることになる。ロシアに対する挑発的な敵意がワシントンで継続しているという文脈では“友好的なトランプ”は、影の薄い大統領だということになる。実際には何の権限もなく、最終的に意味ある政策を行うと信じることができない人物だ。

いずれにせよ、本当の決定的瞬間は、アメリカ民主主義は作り話だということだ。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/--97a6.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« It is pointless to lose war... | トップ | G20サミット  トランプ-プ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。