Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

While Trump talks, the Pentagon balks

2017-07-14 00:10:52 | 翻訳記事 Translation

Do you know the hottest part of candle flames?

It is a part that shakes ahead of the flame.

If you pinch with fingers from under the flame, you can eliminate the flame without burns.





蝋燭の炎の一番熱い部分を知っているかい?

炎の先に揺れる部分だけど。

炎の下から指でつまんでしまえば、火傷せずに炎は消せるのさ。


Palestinians persecuted by Netanyev


In the domestic policy to expand the gap, Israeli people anger out (Palestine)
It is fueling the discrimination consciousness of Israel (Jewish) people towards


Historically, the U.S. government has avoided war by peaceful diplomacy of the crisis with the Soviet Union.


The American rulers who are trying to stop it are driven by political intervention from foreign countries.

Trump left the TPP.It kept the promise with the people.

But his discriminationism should be criticized.

There is no concept of citizen or law in the global capital that exists across the border
The only purpose is to make money.

Israel lobby is hosting Trunp's daughter as hostage?





ネタニエフに迫害されるパレスチナ人

国内では格差を拡大する政策で、イスラエル国民怒りを外(パレスチナ)に
に向け、イスラエル(ユダヤ)人の被差別意識を煽っている。

歴史上これまで、アメリカ政府はソ連との危機を平和外交をして戦争を回避してきた。

それを阻止しようとしているアメリカ支配層は、外国からの政治介入によって動かされている。

トランプはTPPを脱退した。それは国民との約束を守った。

だが彼の差別主義は批判されるべきだ。

国境を超えて存在するグローバルな資本に、国民とか法律という概念はなく
ただ金を儲けることだけが目的なのだ。

トランプは娘をイスラエルロビーに人質に取られているのではないのか?


Continue reading in Japanese

いまどき世界中の誰もユダヤ人をユダヤ人というだけで差別は
しないと思うが、このことは特にヨーロッパではタブーらしい。

過去に迫害された事実は事実として、ユダヤ人にも悪人はいるし、
白人にも黒人にもアジア人にも原住民にも悪いやつはいる。

ネタニエフやその周辺がやっていることは、アメリカへの内政干渉
であり、そのことはEU加盟諸国に対しても同様に行われていると
考えるのが常識を持つ人間だろう。

トランプに始まったことではなく、アメリカではもっと以前から
軍や産業界(金融界)に対して、外からの干渉が行われていて
それが形を変えて、日本でいうとTPPやEPAとなりいま現れ
ているのだろう。

これら政府間交渉とされるものの後ろに隠れて顔を見せずに
交渉を産業(金融)と後の軍(軍に武器を提供する産業)だけが
有利になり、関係国の法はことごとく無視できるような内容を
交渉妥結させるために暗躍しているのが、誰も言わないが誰もが
知っている、イスラエルロビーという存在だ。

イスラエル(ユダヤ)人を批判することが、どういう訳か歴史の
中でタブー視されている中で、差別や被差別意識を誘導し煽り
利用しながら、そういう輩が蠢いているわけだ。

アメリカ人が、内政干渉に対してどうして口を噤むのかといえば
上記の、差別被差別意識の為のタブー以外にないわけで、それは
イスラエルロビーの思うつぼということなのだ。

このことは、いくらか形を変えたものをサウジなどアメリカの
支配層と金銭的に仲がいい中東の政権などにも同様に見える。





While Trump talks, the Pentagon balks

On the same day US President Donald Trump gave a historic handshake to Russian leader Vladimir Putin at the G20 summit in Germany, the Pentagon was hosting a meeting planning for war with Moscow.


James Mattis and US President Donald Trump © Carlos Barria / Reuters


<>

While the event at the US military headquarters near Washington DC was made public, it was hardly reported in the Western media. The two main figures attending were Defense Secretary James Mattis and his British counterpart Michael Fallon.

The American military publication Defense One headlined the Pentagon summit: “As Trump and Putin met, US and UK defense chiefs discussed ways to deter Russia.”

The phrase “ways to deter Russia,” is a euphemism for war planning. It expresses a more benign, more publicly acceptable purpose to Mattis and Fallon’s discussions. Especially given that the titular head of the US government, President Trump, was at the very same time extending a hand of friendship to Putin.

Democrats seek to block Trump-Putin cybersecurity plan by cutting US funds
https://on.rt.com/8hix


This is not to suggest that anything seditious was being secretly hatched against the US president. In comments to reporters, the British Defence Secretary Michael Fallon said the concurrent meeting between Trump and Putin that was being held 4,000 miles away in Hamburg was “welcome.”

However, that fig-leaf of magnanimity from Fallon and his Pentagon hosts, could not disguise the aggressive Russophobia at the heart of the military confab.

“We don’t think it’s business as usual between the West and Putin… but we welcome the dialogue [with Trump] that’s taking place,” said the British politician following his talks with Mattis. The first part of the quote is the important message.

As Defense One reported: “While one part of Trump’s executive branch looks to improve relations with Moscow, another prepares for the worst.”

'Maybe working group, maybe an interaction within UN' - Russian G20 Sherpa on Russia-US cybersecurity cooperation https://on.rt.com/8hfy


The publication added, with more breathlessness, that Mattis and Fallon “talked about ways NATO could improve its combat power and deter Russian aggression in Eastern Europe… that even as the White House seeks to improve relations with Moscow, US and UK leaders still view Russia as a severe military threat.”

What this vignette of official thinking reveals is the depth of systematic hostility and Russophobia underpinning the American and British political establishments. It also serves to illustrate the foreboding background against Donald Trump’s friendly overture to Russian President Vladimir Putin. It diminishes any would-be significance.

When Trump finally met his Russian counterpart last weekend, nearly seven months after his inauguration in the White House, the meeting was conducted with a welcome level of friendship and respect. So much so that there were initial reports of a reset in US-Russia relations; relations which had become eviscerated over the past seven months due to constant and pejorative American media speculation that Moscow had interfered in the November presidential elections.

To be fair to Trump, he appeared to rise above this toxic Russophobia in the US media and greeted Putin in Hamburg as a potential partner to work on a range of international challenges.

If anything, though, rather than restoring bilateral relations between the two nuclear powers, Trump’s landmark meeting with Putin has unleashed even more Russophobia and recriminations in the US.

The US media and Washington establishment lost no time to jump on Trump for his apparent overtures to Putin. Trump was accused of being played by Putin and even betraying American interests. Former Pentagon chief Ashton Carter said Trump’s discussions in Hamburg were tantamount to chatting with “a burglar who had robbed your house.”

The New York Times, Washington Post and CNN, among others, have been running stories, variously, on claims that Trump’s eldest son, Donald Jr, has been outed for allegedly colluding with Kremlin figures, that Russian hackers have supposedly targeted American nuclear power plants, and the Kremlin has, again allegedly, been covertly sponsoring environmental activists to undermine US oil and gas fracking industries. All this in the space of a week since Trump met with Putin.

US, Russia-brokered ceasefire will be ‘fruitful’ if expanded to whole of Syria – Iran https://on.rt.com/8hfx


No wonder Trump has quickly backtracked on his earlier seeming rapport with Putin. He has, for example, disavowed reports of being willing to work with Russia on cyber security after coming under fire from hawkish Congress figures and pundits.

This week, too, the US is leading the biggest-ever war maneuvers conducted by the 29-member NATO military alliance in the Black Sea. Two separate war games are being carried out on Russia’s southern flank: Saber Guardian, centered around Bulgaria, and Sea Breeze, off Crimea, involving a total of 30,000 NATO troops, as well as missile destroyers, fighter jets, and amphibious Marines forces. The US Army said it showcases “the ability to mass forces at any given time anywhere in Europe.”

Granted, Russia and China are also conducting joint naval exercises this month in the Baltic region. But there’s an important distinction. The Baltic Sea is integral to Russian security territory. By contrast, what the Black Sea has got to do with American, British, Canadian, Norwegian, French, German troops, and so on, is only because NATO has provocatively expanded its reach to set up on Russia’s borders. The two events are not comparable.

Moreover, NATO war games in the Black Sea this week are a culmination of months of military build up by the alliance in that region. In February, Russia’s President Putin warned the escalation was “provoking a conflict.” That NATO escalation continues apace, with apparent indifference to Russia’s grievances.

Another nothing burger? ‘Everyone interested to see Nikki Haley's evidence of Russia hacking’ (Op-Edge) https://on.rt.com/8hh4


This bigger picture of relentless Russophobia, gratuitous anti-Russian propaganda in the US media, and the ongoing reckless goading by NATO forces on Russia’s borders is an appropriate perspective with which to assess the significance of Trump’s meeting with Putin last weekend.

Yes, indeed, it was good to see Trump having enough independence of mind and personal decorum to greet Putin with respect.

But the fact remains: while Trump talked, the Pentagon balked. And not just the Pentagon. Virtually, the whole US political and media establishment.
Ominously, the American political system and its military machine seem to operate on only one gear: onward with Russophobia and aggression.

The statements, views and opinions expressed in this column are solely those of the author and do not necessarily represent those of RT.

https://www.rt.com/op-edge/396011-us-trump-fake-russia/




トランプが会談する中、妨害するペンタゴン

Finian Cunningham
2017年7月11日

ドイツでのG20サミットで、アメリカ大統領ドナルド・トランプが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に歴史的な握手の手を差し伸べたまさに同じ日、ペンタゴンはモスクワとの戦争計画会議を主催していた。

ワシントンDC近くのアメリカ軍本部でのイベントが公表されたが、欧米マスコミではほとんど報じられていない。二人の主要出席者は、ジェームズ・マティス国防長官と、イギリスのマイケル・ファロン国防大臣だ。

アメリカ軍刊行物ディフェンス・ワンは、ペンタゴン・サミットを“トランプとプーチンが会談する中、アメリカとイギリスの国防大臣、ロシアを阻止する方法を論議”という見出しで報じた。

“ロシアを阻止する方法”という言葉は戦争計画の婉曲表現だ。マティスとファロンの議論の目的を、より穏やかに、一般により受け入れ易く表現しているのだ。特に、アメリカ政府の名ばかりのトップ 、トランプ大統領がプーチン大統領に友好の手を差し伸べているのとまさに同じ時期ということもあって。

民主党はアメリカの資金を遮断してトランプ-プーチン・サイバー・セキュリティー計画を阻止しようとしている https://t.co/N1fMbuJyMd
- RT アメリカ (@RT_America) 2017年7月11日

これはアメリカ大統領に対し何か煽動的なものが秘かに企てられているのを示唆するものではない。記者団への発言でイギリスのマイケル・ファロン国防大臣は6,400キロ離れたハンブルクで行われているトランプとプーチンとの現在の会談を“歓迎する”と述べた。

とは言え、ファロン国防大臣とペンタゴン主催者の寛大さというイチジクの葉も、軍事表現の中核にある強烈なロシア憎悪を隠せてはいない。

“欧米とプーチン間の会談は平常の実務とは思わないが… 今行われている[トランプ]との対話は歓迎する”とマティスとの会談後、イギリス国防大臣は述べた。引用の冒頭部分は、重要なメッセージだ。

ディフェンス・ワンは、こう報じている。“トランプ行政府の一部がモスクワとの関係改善を求める一方、別の部分は最悪に備えている。”

'作業部会かも知れないし、国連内でのやりとりかも知れない' - ロシア-アメリカ・サイバーセキュリティー協力に関してロシアG20シェルパ https://t.co/4zYLY6haLU
- RT (@RT_com) 2017年7月10日

この刊行物は、一層はらはらすることに、マティスとファロンは“NATOが戦闘力を強化し、東ヨーロッパでのロシア侵略を阻止する方法について話し合ったが… それはホワイト・ハウスがモスクワとの関係を改善しようとする中、アメリカとイギリスの指導部は依然、ロシアを、重大な軍事的脅威として見なしているということだ”と書いている。

この公式な考え方の寸描が明らかにしているのは、アメリカとイギリスの既存政治支配体制を支えている組織的な敵意とロシア憎悪の深みだ。ロシア ウラジーミル・プーチン大統領に対するドナルド・トランプの友好的姿勢にとって、いやな感じの背景を例証するのにも役立っている。これは、いかなる重要性も低めてしまう。

ホワイト・ハウスに就任してからほぼ七カ月後、先週末とうとうトランプがロシア大統領と会談した際、会談は友好と敬意の歓迎の雰囲気で行われた。雰囲気のよさのあまり、アメリカ-ロシア関係はリセットされたいとう報道さえ当初はあった。両国関係は、モスクワが11月大統領選挙に干渉したという、絶えざるアメリカ・マスコミの侮辱的な憶測のおかげで、過去七カ月にわたって骨抜きにされていた。

トランプに対して公平に言えば、彼はアメリカ・マスコミのこの驚異的なロシア憎悪を克服した様子で、ハンブルクで、プーチンと、様々な国際的諸問題で協力する可能性があるパートナーとして合意した。

ところが、二つの核大国間の関係回復というよりは、トランプとプーチンとの画期的会談は、アメリカ国内での一層激しいロシア憎悪と非難合戦を解き放った。

アメリカ・マスコミとワシントン支配体制は、トランプがプーチンに友好的に対応したのに早速飛びついた。トランプは、プーチンのわなにはまり、アメリカの国益を裏切っているとまで非難された。元国防長官アシュトン・カーターは、ハンブルクでのトランプの会話は“家で強盗を働いた窃盗犯”との雑談にも等しいと述べた。

特にニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストとCNNは様々に、トランプの長男、ドナルドJrが、クレムリンの人間との共謀とされるものがばれたやら、ロシア人ハッカーがアメリカ原子力発電所を標的にしたとされるやら、クレムリンは、またもや、アメリカの石油やガス破砕業界を間接的に攻撃するため環境保護活動家を秘かに支援していたとされるやらの記事を載せている。こうしたこと全てが、トランプ・プーチン会談後の一週間で起きた。

アメリカ、ロシアがまとめた停戦は、もしシリア全土に拡張されれば‘実り多いものになる’ - イラン https://t.co/BBRNMqgYy5
- RT (@RT_com) 2017年7月10日

当初のプーチンとの共感らしきものからトランプが素早く後退したのも不思議ではない。例えば、彼は、ティータカ派の議員や評論家連中に非難された後、サイバー・セキュリティについて、ロシアと進んで協力するという報道を否定した。

今週、アメリカは黒海で、NATO軍事同盟29カ国によって行われた、これまでで最大の軍事演習を率いた。二つの別々の軍事演習が、ロシアの南部側面に対して行われた: ブルガリア周辺を中心とする、「サーベル・ガーディアン」は、クリミア沖での「シーブリーズ(海風)」で、総計30,000人のNATO軍兵士と、ミサイル駆逐艦、戦闘機と、水陸両用海兵隊部隊が参加した。アメリカ軍は、これで“いつでも、ヨーロッパのどこにでも部隊を集結させる能力”を示したと述べた。

確かにロシアと中国も、今月バルト海地域で共同海軍演習を行っている。しかし、ここには重要な違いがある。バルト海は、ロシアの安全保障にとって極めて重要だ。対照的に、アメリカ、イギリス、カナダ、ノルウェー、フランス、ドイツなどの国々の軍隊が、黒海じ行っているのは、NATOが挑発的に勢力範囲をロシア国境にまで展開しているにすぎない。二つの出来事は同等ではない。

しかも今週の黒海におけるNATO軍事演習は地域の同盟諸国による何カ月もの軍事力強化の頂点だ。2月、ロシアのプーチン大統領は、エスカレーションは“紛争挑発”だと警告した。このNATOエスカレーションは、ロシアの不満には全く無関心に迅速に続いている。

またしても空砲か? ‘皆がニッキ・ヘイリーのロシア・ハッキングの証拠を見たがっている’ (論説) https://t.co/y3N6f0ztBW
- RT (@RT_com) 2017年7月11日

アメリカ・マスコミの容赦ないロシア憎悪、いわれのない反ロシア・プロパガンダ、ロシア国境のNATO軍部隊によって続けられている無謀な刺激といった大きな構図は、先週末のトランプとプーチンの会談の重要性を評価するための適切な大局観だ。

そう、トランプにはプーチンに丁寧に挨拶する十分な精神の自由と個人的な礼儀正しさがあるのを見られたのは確かに良いことだった。

だが事実は変わらない。トランプが会談している最中、ペンタゴンが妨害したのだ。しかもペンタゴンだけではない。事実上、既成アメリカ政治・マスコミ支配体制丸ごとだ。
不気味にも、アメリカ政治体制と軍事機構は、たった一つのギアで動いているようだ。ロシア憎悪と攻撃の前進だ。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-a6f9.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神奈川1区  中区連合町内... | トップ |  Ever more official lies f... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。