Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Dear Readers

2017-06-27 23:57:38 | 翻訳記事 Translation
EU proposal for Chapter on Good Regulatory Practices and Regulatory Cooperation
EU-Japan FTA


Small and Medium-Sized Enterprises (SMEs) Chapter
EU-Japan FTA



June 26, 2017 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article


Dear Readers,

Some of you responded to my report that June 2017’s quarterly request for your support was not as successful as in June 2016. This website, along with others that endeavor to tell you the truth—something that is impossible to get from the presstitute media—has been under attack.
PropOrNot, a shadowy organization perhaps created by the CIA, Mossad, the US State Department, the neocons or George Soros, produced a list of 200 websites that refuse to parrot the official line established by Washington. These 200 websites, yours included, were libeled as “Russian agents or Russian dupes.” Following this I noticed not a drop in readership, but a drop in the growth of readership and also a drop in the growth of newsletter signups. Now I see a drop in the response to the June quarterly request for your support.

However, a belated response from some readers has cut the drop in support in half. We are now down only 7% from donations in June 2016, down 7% in number of donations, and equal in average amount of donation. So I thank you for your support. We will see what happens in September, typically the weakest quarter.

The tactic that is being used against this site—your site—and others that do not go along with the official lies is to brand us in some way, like the presstitute Megyn Kelly tried to do to Alex Jones, whose supporters, I think, exceed Megyn Kelly’s. Ask yourself, why does Megyn Kelly have to attack Alec Jones? Sure, sometimes Alex is over the top. But overall he brings out facts and news that otherwise would be deep-sixed. Alec Jones should be appreciated, not demonized. His strike-outs are fewer than his homeruns. He is wrong less often than the presstitute media, which is always wrong. But the Pretty Face is compelled to go on a witch hunt for a racist, miscogynist, homophobic, Putin agent who disbelieves the orchastrated false flag attacks that perpetuate the New American Police State. Truth-tellers, or those inclined to tell the truth even if they get it wrong, are characterized as “dangerous,” as “kooks,” and as “conspiracy theorists.” Another way is to brand them as “anti-semites,” which the Israel Lobby does routinely.

As the vast bulk of Western peoples are securely locked in The Matrix and are incapable of independent thought, the use of social media by the forces of evil can protect the lies that are leading the world to destruction. At this point in time, it is unclear whether the Internet will be a communication channel for truth or another weapon by which governments and the private interests that control governments impose The Matrix.

We will see what happens with this website. If support continues to decline, we will know we have lost the war. I am brave, but I am not a fool. If people can’t hear, there is no point in writing.


Dr. Paul Craig Roberts was Assistant Secretary of the Treasury for Economic Policy and associate editor of the Wall Street Journal. He was columnist for Business Week, Scripps Howard News Service, and Creators Syndicate. He has had many university appointments. His internet columns have attracted a worldwide following. Roberts' latest books are The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West, How America Was Lost, and The Neoconservative Threat to World Order.


http://www.paulcraigroberts.org/2017/06/26/dear-readers/

Can Evil Be Defeated

Unplugging Americans From The Matrix

Can Americans Be Unplugged?




読者の皆様へ

2017年6月26日
Paul Craig Roberts

2017年6月の四半期のご支援依頼に対する結果は、2016年6月ほど芳しいものではなかったという私のご報告に応えて下さった読者がおられた。売女マスコミから得るのが不可能な真実をお伝えしようとつとめている他のサイトと同様、当ウェブサイトは、攻撃されている。
おそらく、CIA、モサド、アメリカ国務省、ネオコンやジョージ・ソロスが作り出した、えたいの知れない組織PropOrNotが、ワシントンが決めた公式説明を鸚鵡返しにするのを拒否している200のウェブサイトのリストを作った。当サイトを含む、これら200のウェブサイトは、“ロシアの手先やらロシア傀儡”という烙印を押された。その結果、読者数の減少だけでなく、読者数の減少とニュースレター申し込みの減少になっている。6月の四半期のご支援依頼に対する寄付が減っている。

とはいえ、一部の読者の皆様が、遅ればせながら寄付下さったので、ご支援の減少は半分ですんだ。2016年6月の寄付から7%減、ご寄付の数とご寄付の平均金額の7%減ですんだ。皆様のご支援に感謝申しあげる。一般的に、一番ご寄付の少ない四半期である9月は、どうなるだろうか。

公式のウソに同調しない、皆様のサイトである当サイトや、他のサイトに対して使われる戦術は、思うに、彼女より支持者が多いアレックス・ジョーンズに対して、マスコミ売女のメーガン・ケリーがしようとしたのと同様、何らかの形で汚名をきせることだ。一体なぜメーガン・ケリーが、アレックス・ジョーンズを攻撃しなければならなかったのかという理由をお考え願いたい。たしかに、アレックスは、大げさ過ぎる時もある。しかし概して、彼が言わなければ葬り去られていたはずの事実やニュースを明らかにしてくれているのだ。アレックス・ジョーンズは、悪者扱いされるのではなく、評価されるべきなのだ。彼は三振より、ホームランのほうが多い。いつも間違っている売女マスコミより、彼の間違いは少ない。ところが、この美人は、新たなアメリカ警察国家を持続させる、巧妙に仕組まれた偽旗攻撃に不審を抱く人々に対して、人種差別主義者、女性差別者、同性愛嫌い、プーチンの手先だといって魔女狩りを続けるよう強いられているのだ。真実を語る人々や、たとえ勘違いではあっても、真実を語ろうとする人々は“危険”“変人”“陰謀論者”だとレッテルを貼られる。もう一つの方法は、イスラエル・ロビーがいつもしているように、彼らに“反ユダヤ主義者”と烙印を押すことだ。

欧米の人々の大部分は『マトリックス』にしっかり閉じ込められて、自立して考えることができず、悪の勢力が、ソーシャル・メディアを利用して、世界を破滅に至らせるウソを守っている。インターネットが、真実を伝える通信チャネルになるのか、政府と政府を支配する私益が『マトリックス』を押しつけるためのもう一つの武器になるのか、現時点では不明確だ。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-f212.html



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本をNATOに組み込み、中国... | トップ |   あとがき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。