Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

The Anti-Capitalist Left Is Back

2017-06-17 00:21:38 | 翻訳記事 Translation
反資本主義左翼の復活



どんな政権も必ず腐敗する。


Every regime surely rots.

腐敗しない政権はない。

There is no regime that will not corrupt.

情報の透明化が必要だ。

Transparency of information is necessary.

政治が腐敗したときに、変えられる権利を有権者が持つことが必要だ。

It is necessary for voters to have the right to be changed when politics goes corrupt.

このことを明言する政治家がいないことが不思議だ。

It is strange that there is no politician who declares this.



---

佐々木さやか、なる公明党参議院議員の法相擁護デタラメ演説にあきれた。
報道ステーションで田原氏「公明党議員の演説は厭味だよ。本気なら馬鹿だよ」と正論。お見事なガス抜き役、うっかり、ファンになりそう。

庶民の感覚が反映されているように見えるイギリス社会と比べ、実に酷い国。
平成の治安維持法・共謀罪が成立し、書類流出では、一番の悪の辞職でなく、文科省職員が懲罰されるだろう。大本営広報部に洗脳された多数の皆様、都知事選挙も、こりずに、新自由主義新党とファシスト党に圧倒的多数の議席を与える。これで、敗戦前の戦争国家再来。国家による対国民テロ・共謀の準備完成。国というより超巨大監獄。巨大資本支配の平成ナチズム。

これから、下記インタビューを拝見しようと思う。

 IWJでは、これまでにも安倍政権とナチスドイツの類似性を指摘してきました。特に「緊急事態条項」を通じて比較すると、とてもよく似ていることがわかります。特に共謀罪ができた今、ナチスも驚くほどの監視・密告社会が到来する心配もあります。安倍政権とナチスに関しては、岩上さんによる石田勇治・東京大学教授インタビューが詳しいので、今こそぜひ会員登録のうえ、全編をご覧ください。

※参院3分の2議席で日本でも現実に!安倍政権が「学ぶ」「ナチスの手口」とは何か?絶対悪ヒトラー独裁政権の誕生過程を徹底検証! ~岩上安身による石田勇治・東京大学教授インタビュー 2016.7.1
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/313466
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/323391

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-0d27.html


---



WAYNE MADSEN | 13.06.2017 | WORLD
The Anti-Capitalist Left Is Back

The ability of British Labor Party leader Jeremy Corbyn to deny Conservative Prime Minister Theresa May a parliamentary majority in the general election provides proof that the anti-capitalist left is on a comeback. Corbyn was successful in targeting several Conservative- and Scottish National Party-held seats, picking up 30 seats for Labor.

Before the election, corporate-run opinion polls and media predicted that the Tories would dominate over Labor and ensure that the Labor’s humiliating defeat would spell the political end of Corbyn. Instead, it was May and her Conservatives who were humiliated by losing 13 seats in the House of Commons and being forced to negotiate with a right-of-center Northern Ireland regional party, the Democratic Unionists, to form a shaky minority government.

During the election campaign Corbyn was demonized as a far-leftist not able to govern. Many British younger voters rejected the characterization of Corbyn. Instead, Corbyn’s «back to basics» Laborites, who are committed to the socialist and workers’ rights principles upon which the party was founded, were buoyed by the election. What was rejected by the voters were the austerity moves taken by May and her Tories, austerity that started under the phony Labor governments of Tony Blair and Gordon Brown. Blair and Brown had long discarded the workers’ planks of Labor in favor of a set of pro-big business and globalization policies that placed the interests of multinational corporations ahead of those of Britain’s working class.

The Blairites within Labor hoped for a resounding electoral defeat for Corbyn, thus allowing them to reclaim control of Labor for the globalist pro-European Union interests who had originally turned the party away from its socialist roots under the prime ministerships of Blair and Brown. The Blairites were sorely disappointed by Corbyn’s ability to rally workers and students and cost May her majority in Westminster. Corbyn, like 2016 U.S. Democratic Party presidential hopeful Bernie Sanders, the Independent Socialist senator from Vermont, was able to mobilize supporters through a combination of grass roots campaigning and the clever use of social media. Sanders traveled to Britain and endorsed Corbyn on a three-day speaking tour throughout the nation. This gesture served as an indication that the «special relationship» between America and Britain, while all-but-destroyed by Donald Trump, remains strong within leftist political circles on both sides of the Atlantic. Corbyn, no traditional Atlanticist, has questioned Britain’s nuclear deterrent and involvement in the NATO alliance. Sanders likewise questions America’s bloated military budget.

Blair, like May, abhors social media and the Internet because of the power it takes from the hands of the oligarchy that rules the United Kingdom. In 2007, just before stepping down as prime minister, Blair lashed out at the Internet in what he called his «farewell lecture on public life.» Blair, who never really left public life, said the Internet was «pernicious, less balanced, more intent on the latest conspiracy theory multiplied by five». Blair, like his successors Brown, David Cameron, and Theresa May, wanted to revise regulatory regimes already in place for newspapers and television to take into account the Internet. Blair’s problem with the Internet was that several stories appeared indicating that the sudden heart attack death of Labor Party leader John Smith in 1994 was «too convenient» in allowing Blair and Brown to assume control over the party and neuter the socialist tendencies of Smith and his supporters. Corbyn has now reclaimed control of Labor from the very ilk who capitalized on Smith’s untimely death.

Corbyn and Sanders send chills down the spines of the uber-capitalists. Corbyn vowed to renationalize British railways, taking them away from the corporate vultures who have placed profits over safety and reliable service. Sanders wants a single-payer universal health care system for the United States. Corbyn wants to stop the steady pace of National Health System privatization initiated under Blair, Brown, Cameron, and May. Corbyn and Sanders both want free tuition university education. Corbyn and Sanders have made socialism «cool again», particularly among young voters who have seen the devastation brought about by declining job prospects wrought by the austerity-guided corporatists who commandeered the British Labor U.S. Democratic Parties. The millennial generation looks poised to reject rule by the one percent of billionaires, instead favoring governments that represent 100 percent of the people.

Corbyn also played it smart on the issue of Brexit. Instead of vigorously campaigning for the UK to remain within the European Union, Corbyn was ambivalent on the issue. By not tying himself to the «Remain» camp, Corbyn fared well among workers who have tired seeing their jobs handed to EU migrant workers streaming into Britain from Romania, Bulgaria, and Poland. Corbyn has essentially sent a message to the left that a socialist does not have to be suicidal when it comes to the sovereignty of Britain and the protection of its working class. Corbyn’s stance is a far cry from the globalist rhetoric espoused by Blair, Brown, and the «globalist brothers»: Ed Miliband and his brother David Miliband.

Sanders also rejects globalist «free trade» deals that have cost American workers heavily in terms of employment, job quality, and wages. Sanders and Corbyn have exposed «liberals» and «socialists» who embrace free trade agreements tied to globalization as the fakes, phonies, and frauds they truly are.

As the case with Corbyn and his opposition Blairite party hacks, Sanders has faced unrelenting criticism from the Democratic Party pro-business interests. Once taking their direction from the pro-corporate Democratic Leadership Council (DLC), the Bill and Hillary Clinton wing of the party accused Sanders of being too far left, not a real Democrat, and anti-business. In fact, the DLC’s agenda so poisoned the Democratic Party, making it unpopular among the rank-and-file, the group changed its name to the «Third Way», dropping any pretense of being «Democratic» at all. Most post-election polls now agree that had Sanders been the 2016 Democratic candidate, he would have soundly defeated Donald Trump, winning the «rust belt» states of Michigan, Wisconsin, Pennsylvania, and Ohio that Hillary Clinton lost.

French leftist leader Jean-Luc Melenchon has cautioned France not to trust President Emmanuel Macron and his new centrist Republic on the Move party and its pro-corporate platform of curbing labor rights. Some French voters agreed with Melenchon by giving him more of the leftist vote – 11 percent – in the first-round parliamentary election that saw a mere 49 percent turnout of voters.

The Socialist Party, which has long dominated the left in France, received a paltry 7 percent of the vote. Melenchon warned Macron that with such a low turnout, the president had no mandate to implement his anti-labor and other austerity measures. Macron’s party was projected to win some 400 votes in the 577-seat National Assembly in the second-round election on June 18. By beating the Socialists, Melenchon is now the titular leader of the French left and is well-positioned to emerge stronger if Macron, a former Rothschild banker, places France under the austerity jackboot of the international bankers. The Socialist Party, by dancing with the bankers for so long, has forfeited its right to represent the left.

Corbyn’s success in Britain has had ripple effects around the world. In Australia, the Labor Party’s left has seized on the British election to urge the party leadership to return to socialist values. Australian Labor Party and opposition leader Bill Shorten, who is very much in the mold of Blair and Brown, faced calls from leftist Labor MPs to follow Corbyn’s lead and move to the left.

Jeremy Corbyn and Bernie Sanders have reminded the world that there is nothing wrong with being a leftist or a socialist. The corporate political parties have succeeded, through a concerted propaganda campaign, to demonize the left. During the 2016 campaign, Donald Trump repeatedly called Sanders a «communist.» The media echoed that false characterization while ignoring the fact that Trump’s policies represented garden-variety fascism. Corbyn and Sanders have reinvigorated socialism and the world will be a better place for it.

https://www.strategic-culture.org/news/2017/06/13/anti-capitalist-left-back.html












反資本主義左翼の復活



Wayne MADSEN
2017年6月13日
Strategic Culture Foundation

総選挙で、保守党首相テレサ・メイが議会の過半数獲得するのを阻止した、イギリス労働党党首ジェレミー・コービンの能力は、反資本主義左翼が復帰した証拠だ。コービンは、保守党と、スコットランド国民党のいくつかの議席を標的にして、労働党が30議席増やすことに成功した。

選挙前、大企業が行う世論調査や、マスコミは、保守党が、労働党より更に優位となり、労働党の屈辱的敗北を確実にし、コービンの政治生命が終わると予言していた。ところが逆に、庶民院(下院)で13議席を失い、不安定な少数派政権を形成すべく、右寄りの北アイルランド地域政党、民主統一党との交渉を強いられ、メイと保守党が面目を失った。

選挙運動中、コービンは、統治する能力のない極左として悪者扱いされた。イギリスの若い有権者の多くは、こうしたコービンの描き方を受け入れなかった。逆に、党創設の社会主義と労働者の権利という原則に取り組んでいるコービンの“基本に立ち返る”労働党が、選挙で活気づいた。メイと保守党が行ってきた緊縮の動き、トニー・ブレアとゴードン・ブラウンのまやかし労働党政府下で始まった緊縮政策を有権者が拒否したのだ。多国籍企業の利益をイギリス労働者階級の利益より優先する、一連の大企業よりグローバル政策をとり、ブレアとブラウンは労働党の労働者政策を長年放棄してきた。

そもそも、ブレアとブラウン首相の下で、労働党を、社会主義というルーツから離れさせたグローバル主義者の親欧州連合権益のために、自分たちが、労働党支配を取り戻すことが可能になる、コービンの徹底的な選挙敗北を、労働党内のブレア派は期待していた。労働者と学生に訴えるコービンの能力により、メイが議会の過半数をとり損ねたことで、ブレア派は非常に失望している。2016年のバーモント州選出の独立した社会主義上院議員、アメリカ民主党大統領志望者バーニー・サンダースと同様、コービンは、草の根選挙運動とソーシャル・メディアの巧みな利用の組み合わせで、支持者動員に成功した。サンダースは、遥々イギリスに赴き、三日間の全国講演旅行で、コービンを支持した。この行為は、アメリカとイギリス間の“特別な関係”が、ドナルド・トランプによって、ほとんど破壊されたとは言え、大西洋両岸の左翼政界内では、まだ強く残っていることを示す効果があった。伝統的な汎大西洋主義者ではないコービンは、イギリスの核抑止力とNATO同盟への関与に疑問を投じた。同様に、サンダースもアメリカの膨れ上がった軍事予算に疑問を投じていた。

メイ同様、ブレアも、英国を支配しているごく少数の権力者集団の手から力を奪う、ソーシャル・メディアとインターネットを忌み嫌っている。2007年、首相を辞任する直前、“公的生活を去るに当たっての講演”と彼が呼ぶもので、ブレアはインターネットを非難した。実際には、決して公的生活を去ってはいないブレアは、インターネットは“ひどく有害で、公正さに欠け、最新の陰謀論を五倍がけのようなものだ”と述べた。ブレアは、その後継者たち、ブラウン、デービッド・キャメロンやテレサ・メイと同様、既に、新聞とテレビを対象にしている規制当局を、インターネットも対象にすべく、改変したがっていた。ブレアにとってのインターネット問題は、1994年に、労働党党首ジョン・スミスが、突然心臓マヒにより死亡したのは、ブレアとブラウンが、党の支配を掌握し、スミスと彼の支持者の社会主義的傾向を弱体化するのを可能にした“余りに好都合過ぎる”ものであることを示したいくつかの記事だった。コービンは、今やスミスの早すぎる死につけこんだ連中から、労働党の支配権を奪還した。

コービンとサンダースは、強硬な資本主義者連中の背筋を凍らせた。コービンは、安全や確実なサービスよりも、利益を優先する強欲企業から取り上げて、イギリス鉄道を再国有化すると誓った。サンダースは、アメリカ合州国での国民皆保険制度を望んでいた。コービンは、ブレア、ブラウン、キャメロンとメイの下で始められた、国営医療サービス制度の民営化の着実な進展を止めたがっている。コービンもサンダースも、大学教育無料化を望んでいる。特に、イギリス労働党や、アメリカ民主党を乗っ取った緊縮政策を推進する大企業支配主義者によって破壊された悪化しつつある雇用見込みによってもたらされた荒廃状態を目にした若い有権者にとって、コービンとサンダースは、社会主義を“再びクール”にしたのだ。2000年代生まれの世代は、100パーセントの人々を代表する政府を指向するのではない、1パーセントの億万長者による支配を拒否する態勢を整えていたように見える。

コービンは、Brexit問題でも巧妙に振る舞った。イギリスが欧州連合内に残るよう精力的な選挙活動はせずに、コービンはこの問題では曖昧だった。自分を“残留”派にしないことで、コービンは、ルーマニア、ブルガリアやポーランドからイギリスに流入するEU移民労働者たちに雇用が手渡されるのを見飽きた労働者の間にも受けたのだ。基本的に、コービンは、左翼に対して、社会主義者は、イギリス主権や労働者階級の保護という点で、自滅的になる必要はないというメッセージを送ったのだ。コービンの姿勢は、ブレア、ブラウンや“グローバル主義者兄弟”エド・ミリバンドと、その兄、デイヴィッド・ミリバンドらが奉じていたグローバル主義者連中の言辞とは大違いだ

サンダースは、雇用、仕事の質と賃金という点で、アメリカ労働者に大変な犠牲を強いたグローバル主義者の“自由貿易”協定も拒否していた。グローバリゼーションと結びついた自由貿易協定を奉じる“リベラル”や“社会主義者”は、実際そうなのだが、にせで、まやかしで、詐欺であることをサンダースとコービンが暴いたのだ。

コービンと、彼に反対するブレア派による党乗っ取りと同様に、サンダースは、民主党の大企業寄り利権集団による容赦ない批判に直面した。企業寄りの民主党指導者会議(DLC)からの指示を受け、ビルとヒラリー・クリントン派は、サンダースは、極左で、本物の民主主義者ではなく、反企業だと非難した。実際、民主党指導者会議DLCの方針が民主党を余りに汚染したため、一般人の間で、非常に不評となり、連中は、名称を“第三の道”に変えて、“民主的”な装いをすっかり投げ捨てた。現在、大半の選挙後世論調査は、サンダースが、2016年民主党大統領候補だったら、彼はヒラリー・クリントンが負けた“寂れた元工業地帯”のミシガン州、ウィスコンシン州、ペンシルヴェニア州と、オハイオ州で勝利して、ドナルド・トランプを確実に破っていたはずだということで一致している。

フランス左翼指導者ジャン=リュック・メランションは、フランス人に、エマニュエル・マクロン大統領と、彼の新たな中道派「前進」と、労働者の権利を規制する大企業寄りの綱領を信じるなと警告した。フランス有権者の一部はメランションに同意して、有権者の僅か49パーセントしか投票しなかった一回目の議会選挙で、左翼票の多く、11パーセントを彼に投じた。

フランスで、長年左翼を支配してきた社会党は、投票のわずか7パーセントしかとれなかった。メランションは、マクロンに、これほど低い投票率では、大統領には、彼の反労働者的政策や、他の緊縮政策を実施する権能はないと警告した。6月18日の二回目の選挙で、マクロンの党は、577の国会議席中の約400議席を獲得すると予想されている。社会党を打ち破ったことで、メランションは、今やフランス左翼の名目上の指導者となり、もし、元ロスチャイルド銀行家、マクロンが、フランスを国際銀行家連中による緊縮政策専横下におけば、より強力な立場で登場する好位置にいる。銀行家連中と余り長期間踊っていた社会党は、左翼を代表する権利を喪失した。

イギリスにおけるコービンの成功は世界中に連鎖反応を引き起こした。オーストラリアでは、労働党左派が、イギリス選挙結果に乗じて、社会主義の価値観に立ち戻るよう、党指導部に強く要求している。ほとんど、ブレアやブラウンの亜流のオーストラリア野党、労働党党首ビル・ショーテンは、コービンに習って、より左へ路線変更するようにという左派労働党議員の要求に直面している。

ジェレミー・コービンとバーニー・サンダースが、左翼や社会主義者であっても何ら悪いことではないことを、世界に気づかせた。大企業政党は、協調したプロパガンダ・キャンペーンによって、左翼を悪者化するのに成功してきた。2016年選挙運動中、ドナルド・トランプは、サンダースを、“共産主義者”と繰り返し呼んだ。 マスコミはトランプの政策が、ありきたりのファシズムだという事実を無視して、このウソの評価を繰り返した。コービンとサンダースが社会主義を生き返らせたので、世界はそれにより相応しい場所となるだろう。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-0d27.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安保法制と安倍政権の暴走を... | トップ | Vladimir Putin: The Most Po... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。