Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

731情報公開のブログ これと経済特区とサギのミクス 

2017-07-14 23:33:44 | Weblog
731部隊情報公開裁判
http://ameblo.jp/731jouhoukoukai/image-11969407754-13170653385.html


気になる記事だ。


「7.14京都の大学人と市民との集い『憲法と民主主義の破壊に抗して‐市民社会と連帯する京都の大学人‐』」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/390235


これとの関連で、

防衛予算が大幅に拡大された。

大学研究への文科省予算が減らされて、防衛省からの予算への誘導である
軍学共同。

軍学共同反対連絡会
http://no-military-research.jp



秘密保護法では、安全保障に係る情報は開示されない。

防衛予算は国民からの税金だが、日欧自由貿易協定EPAや日米自由貿易協定TPP
これを絡めると、外資系教育機関へ予算が流れる可能性がある。

日本の税金が他国の軍事開発に使われる可能性があり、その情報開示はなされない。

ところで、
731部隊といえば、人体実験、細菌兵器など。

そういえば、必要のない獣医学部を新設しようとしているのが加計学園問題だ。

「特区の議論はすべて『加計ありき』」――「森友を超える」加計学園の疑惑

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/372080


加計学園に防衛省からの研究費予算が流れるであろうことは安易に予想される。




memo

「粒と粉」
米、麦、コーヒー、トウモロコシ、砂と石と土(川砂、山砂)など

「都市型」
都市型農業と都市部の小規模発電

生産緑地を増やす ”太陽光に限らずに再エネでの小規模発電”で、小規模浴場を
作る。老人が自宅から歩いて行ける距離に田畑と銭湯を作る。

それらは、小規模再エネ発電の場でもあり、介護サービスもできるし、地域の世代
間交流もできるようにする。

家の風呂は狭いから週に一度は銭湯でってなことになりたい。

市民による地方分権自治
政治への関心 直接民主主義 民主主義の有るべき姿

環境 ほかで書いたが、パリ協定の詳細は知らないが、産油国が原油などを
   輸出する際にも、CO2排出国と同様にすべきと思うし、日本の森林が
   放ったらかしになっていて、伐採ではなく環境を整える意味での森林
   の手入れは必要だろう。ゴルフ場開発は止める。そして出た木材で
   炭を作る。これは産油国と同等になる。エネルギー増える。

災害時の避難場所や食料や水なども何とかなる

太陽光以外の再エネ普及

食料自給 地産地消

公衆衛生

世代間交流など

内需あっての平和外交で、内需を外国資本に食わせる自民 公明 維新 都ファ









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  Ever more official lies f... | トップ | 【みんなで決めよう「原発」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。