Mas che buono! *Deutschland

―ドイツから毎日の「おいしい」をお届け―

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンガポールを旅する(結婚式編)

2005-10-11 | 旅する(海外編)

ちょっとブログをお休みしてましたが再開です!今回は先日お伝えしたように「結婚式編」です。


私とクロスケが出席したのは、私の友人Aちゃん(中国系シンガポール人)とSさん(スイス人)の
結婚式。二人はロンドンで出会いました

Aちゃんと私は学生時代からのお付き合い。一年間アメリカのボストンで学生をしていた頃に
知り合いました。専攻も寮も違うのに、よく彼女の部屋に遊びに行って一緒に勉強したり、
他愛のない話をしたり。そんな仲良しのAちゃんが結婚する!これはぜひ行かなくては!
というわけで、今回の旅行が実現したわけです。

前置きはほどほどに・・・。
残念ながら私は体調不良のためにお式は欠席。中国式の結婚式(献茶の儀)を見ることができず、
無念 でも、なんとか体調を整え結婚披露宴には出席できました。

Wedding Banquet in The Fullterton Singapore
Date:  October 1, 2005
Time:  Cocktail 18:45-, Dinner 19:20-
 
フラトンの入り口               ウェルカム・ボード

シンガポールの中でも名門中の名門「フラトン・シンガポール」。マーライオンのすぐ
そばにあります。披露宴会場の入り口で名前を告げて、受付終了。ご祝儀の習慣は
ないのです。

開始時間まではドリンクを片手に友人たちとおしゃべり 周りを見ると、みなさん格好もさまざま。
シンプルなワンピースを着ている人もいれば、「一体どこの大統領夫人?」と一瞬目を疑うほど
ドレスアップした人もいたりして、見ていておもしろいものです。
(クロスケと二人でこの人を密かに「デヴィ婦人」と命名

テーブルに案内されて着席。メニューを見たり、友達と話に夢中になったりしていたのですが、
ふと周りを見てみると・・・すごい数の人、人、人!
  
お料理9品&デザート     出席者数はなんと400

人数を聞いて、呆気に取られました。よ、よんひゃくぅ~?まるで、有名人の結婚式
驚いていたら、友人のMちゃんが「でもTくんのときは750人だったんだよぉ」と言ってました。
恐れ入りました・・・。

ロッキーのテーマソングで新郎新婦とご両親が華々しく入場 (選曲 by Sさん
そのあと、すぐにケーキ入刀!そして、スライド上映。
実はAちゃんとSさん、8月に身内だけで挙式(ロンドン)、そして9月にスイスでも披露宴
をしています。というわけで、今回は実質3度目の結婚式。そのときの様子をスライドで見せて
くれました。そのあとは、新郎新婦のお父様からの謝辞や友人によるスピーチ。お色直しをした
Aちゃんはブルー・グリーンのチャイナドレスで再登場。とってもきれい

 
謎の魚料理(ちょっと怖い)  Aちゃん友人お手製のウェディングケーキ(緑茶クリーム)

お料理はすべて中華。最後は麺類で締めくくられました。
ちなみに今回の結婚式はAちゃんの友人Eさんがボランティアでコーディネータを務めて
います。出席者の宿泊の手配、引き菓子や招待状の準備、ウェディング用HPの作成
などなど。まさに手作りの結婚式!本当にすばらしかった


招待状と引き菓子など

手前の引き菓子もまたAちゃんの友人の手作り。左がアーモンドのクッキー、右が紅茶クッキー。
2週間かけて400人分焼いたそうです ラッピングやシールも手作りなのだからプロ顔負け!

披露宴では特に余興もなく、とても和やかな雰囲気の中でみなさんお料理とおしゃべりを
楽しんでいるようでしたよ。こんな結婚式もいいですね 体調はあまりよくなかったけれど、
本当に来てよかったと思えるパーティーでした
 おしまい。

P.S. でも親族十数名による乾杯は不思議な光景でした。みんなで「やーーーーー」とひたすら
叫び、それに応えるように会場からも「やーーーーーーー」。思わずタジタジ
P.P.S.  新郎新婦の写真がなくてごめんなさい!会場があまりに広くて、私たちの席からでは
到底写らない距離だったのです!


**The Fullerton Singapore**
1 Fullerton Square
Tel: (65)-6733-8388
http://www.fullertonhotel.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひと休み | トップ | シンガポールを旅する(お役... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戻ってきました!! (たけ)
2005-10-11 14:02:49
わー、シンガポールの結婚式って凄いんですね!

750人来るってどんな方なんでしょ?

これは普通の数なのかしら?

そして3回も色々な形で結婚式ってするんですか?!

私は用意とかで1度でもう面倒だわーなんて思ったのに。

とてもゴージャスそうで味わってみたいです!
☆たけさん (jane)
2005-10-11 18:48:12
750人来たという友人のTくんはお坊ちゃまです。

お父様が会社経営者で、その後継ぎくん



友だちは3回も結婚式をしていましたが、それは多分どちらの親戚も出席できるようにという配慮からくるのだと思いますよ。でも、それにかかる手間と費用を考えると、すごいなーと思いますね。非常にゴージャスなパーティーでございました

豪華! (honey)
2005-10-11 19:22:01
400人とか750人とかスター並みですね

しかもクッキーやウエディングケーキがお手製なんて素晴らしいです!

とっても国際色豊かな結婚式で楽しそう!デヴィ婦人みたかった~(笑)



あと、この記事には全く関係ありませんが、janeさんにイメージバトンを回しちゃいました興味があったらやってみてくださいね!
うーんスゴイ☆ (にこぴろし)
2005-10-11 19:40:25
なにからなにまで驚いてしまう記事でした。

私なんかは圧倒されてしまいます。(笑)

お菓子を作られたご友人の方はプロなのでは

ないですか???(笑)

恐らくみなさん、「おめでたいから楽しもう!」

と、積極的に思ってらっしゃるんでしょうね☆
☆honeyさん (jane)
2005-10-11 19:42:10
ほんと、日本じゃ考えられない人の数ですよ・・・

おそらく中国系の人たちすべてが、こんなにたくさん人を呼ぶわけではないと思うんですけどね。デヴィ婦人、すごかったですよ。ああいうお方が現実にいらっしゃるということに、クロスケも私もびっくりしました。



イメージバトン、受け取りました

ゆっくり考えてからアップしますね。
☆にこぴろしさん (jane)
2005-10-11 19:47:08
私もびっくりしましたよ・・・。

結構華やかなんだろうなと想像はしていたものの、まさかここまでスケールの大きなものとは

「すごーい」を何度連発したか知れません

食事がメインでしたけど、お祝いする気持ちにかわりがないというのはみなさん一緒のようで、それがすごく伝わってきた披露パーティーでした。
おぉっ。 (ひろきき)
2005-10-12 13:43:07
私もビックリというか、

なんか羨ましいというか・・・。

こんなに、たくさんの人を呼んでも

手作り感っていうか

温かい感じがする結婚式って良いですねっ。

☆ひろききさん (jane)
2005-10-12 21:17:09
みんなで祝おう!という気持ちがとても伝わってきて、

「ああ、もしかしたら結婚式の形って本来はこうあるべきなのかも」

と思いましたよ。準備は大変でしょうけど、いい思い出になるしね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL