Jandy's Blog「クロンシュタットの逆襲」

Jandyの直接行動日記(2004.10.23~)

阪神タイガース優勝!

2005年09月29日 | Sports Live(スポーツ観戦) 
9/29(木)20:50巨人阿部選手が打ったレフトフライを金本選手が取った。阪神タイガースは巨人戦に5:1で勝ち、2年ぶり5度目のセ・リーグ優勝を果たした(阪神甲子園球場)。岡田彰布監督(47)は就任2年目。チーム生え抜きの監督としては、1985年に日本一を達成した吉田義男氏以来のリーグ制覇となった。

パ・リーグとの交流戦で調子を上げた阪神は6/9(木)単独首位に。その後、一時は中日に0.5ゲーム差まで詰め寄られたものの首位の座を守り続けた。9/14(水)には優勝へのマジック「13」が点灯。その後、順調にマジックを減らし、昨日9/28(水)「マジック1」としていた。

1985年以来の日本一を目指す日本シリーズは、10/22(土)に開幕する。

9/30(金) 278 pv 117 ip -位(340676 BLOG中)
9/29(木) 411 pv 141 ip -位(339889 BLOG中)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワックル(Wacle)とベスト(PARADISO)

2005年09月29日 | Article(物)
この間、ヨドバシ・アキバ(Yodobashi Akiba)の9F「ゴルフプラザ・アクティブ(GOLF PLAZA ACTIVE)」で発注していたブリジストンスポーツのPARADISO(XSM03C-BK)のファスナー付きベスト(8,925円)が入荷したので取りに行った。

9/16~の開店記念セールで10%引き+ポイント20%付きで、計30%OFF。ポイントも本日使えるとのことで、ワックル・ネックタイプ「コラントッテ(Colantotte)」(Wacle・アーク・クエスト社・ネイビーブルーM45cm)を買った。ワックルは阪神の金本選手や藤川投手(シーズン最多登板「79」日本新記録9/29達成)等が使用している進化した磁気健康ギア・スポーツ磁気ネックレスだ。

①Magnetism効果
ワックルは医療器具で2つのカプセルにN・S交互配列でフェライト永久磁石を4個ずつ配置。合計8個の磁気パワーが血行を促進。筋肉痛やコリを和らげ、磁気カプセルは自由に移動できる。

②STAYER'S効果
ワックルはミネラル鉱石が練り込まれた特許繊維「ステイヤーズ」を使用。この鉱石から小イオンが発生し、この時の「マイナスイオン・波及効果」で気分爽快、リラックス効果が得られる。また繊維から生成されるラドン・トロンで手軽に「温泉効果」も体感。体の活性化を促す。

そして人間の環境適応力を緩やかに刺激し、自然に健康を保つ「ホルミシス効果」があるそうだ。

渋谷東急ハンズで「ペットボトルホルダー」(399円)を3個買った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第32回ベルリンマラソン「野口みずき日本新記録で優勝!」

2005年09月25日 | Sports Live(スポーツ観戦) 
9/25(日)第32回ベルリンマラソンに野口みずき選手(アテネオリンピック金メダリスト、日本歴代3位、世界歴代11位、2:21:18)が出場した(日本時間18:15フジテレビ放映だが録画だ)。過去ベルリンマラソンでは2001年に高橋尚子が当時の世界記録2:19:46を樹立。2004年には渋井陽子が2:19:41で日本新記録を更新した。2003には男子マラソンでポール・テルガド(ケニヤ)が2:04:55で世界新記録をマークしている。過去世界記録を5回更新しているコースだ。

野口みずき選手は4人の男子ペースメーカーがついている。1km3:18(5km16:30)のペースで30kmまで行く作戦だ。1km3:18のペースでゴールすると2:19:15の日本新記録(世界歴代3位)になる。

1km3:11、2km6:31(3:20)、3km9:37(3:17)、4km12:54(3:17)、5km16:25(3:20)で通過。10km0:32:53(16:28)、15km0:49:22(16:29)、20km1:05:43(16:21)、21.0975km(half)1:09:19、25km1:22:12(16:29)、30km1:38:52(16:40)、35km1:55:26(16:34)、40km2:11:56(16:30)。

そしてゴールは野口みずき選手の優勝!2:19:12(日本新記録、アジア新記録、世界歴代3位)だった。これで日本の女子は大会6連覇となった。

9/28(水) 248 pv 124 ip -位(339000 BLOG中)
9/27(火) 264 pv 129 ip -位(338047 BLOG中)
9/26(月) 276 pv 140 ip -位(337153 BLOG中)
9/25(日) 485 pv 186 ip 847位(336296 BLOG中)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2005年第5回神戸新聞杯GⅡ阪神競馬場「ディープインパクト優勝!」

2005年09月25日 | Sports Live(スポーツ観戦) 
9/25(日)2005年第5回神戸新聞杯GⅡ(阪神競馬場)にディープインパクトが出走した。これまで5戦5勝している。またクラシックレース「皐月賞2,000m」「日本ダービー2,400m」に二冠しているおり、10/23(日)の「菊花賞3,000m」に勝てばクラシック三冠を制することになる。

過去三冠達成馬はセントライト(1941年)、シンザン(1964年)、ミスターシービー(1983年)、シンボリルドルフ(1984年)、ナリタブライアン(1994年)の5頭のみ。(セントライトは皐月賞の前身の横濱農林省賞典四歳呼馬、菊花賞の前身の京都農林省賞典四歳呼馬を勝利)。

自分は9番ディープインパクト(武豊騎手)、2番シルクタイガー、4番ストーミーカフェ、13番シックスセンスをそれぞれ複勝で500円づつ買った。馬連で2-9(500円)、4-9(300円)、9-13(200円)で合計3,000円購入した。

レースはいつもの通りディープインパクトがビリからスタートし、最後には追い上げ楽勝した。結果は馬連9-13(5.0倍)、複勝9(1.0倍)、複勝13(2.2倍)が当たったが、2,600円で400円のマイナス。9と13に絞って1,000円づつ買っとけば良かった(5,200円のプラス)。。

武豊騎手(36歳栗東・フリー)が9/24(土)の阪神競馬で、1日の騎乗機会6連続勝利の新記録を達成した。1日5連勝(自身を含め過去2人)の記録を更新した。

次回は10/23(日)ディープインパクト出走予定の菊花賞(京都競馬場)だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六本木ABBEY-ROAD(ビートルズ・ライブハウス)

2005年09月25日 | Music Live(音楽ライブ観劇)
9/24(土)つくばに行った帰り、六本木ABBEY-ROAD(ビートルズ・ライブハウス)に行った。今回で51回目だ。昨年までは毎月聴きに行っていたが(多い時は週に5回)、今年はまだ2回しか聴きに行っていない。以前は一人で行くこともあったが、最近は皆で聴きに行きたいと思っているが、一緒に行ってくれる人はなかなかいない。

以前は最後のステージまで聴いていたが、今年は3回目が終わったら帰っている。最後まで聴きたいのだが(月~木4回、土・日・祝は5回)付き合ってくれる人はいない。ビートルズ・トリビュートバンドでは世界最高のパロッツだ(月曜は他のバンド、日曜定休)。

リクエストにも応じてくれる。3回目のステージでは誕生会をしてくれる。シャンパン、花火付フルーツ、記念写真(プリクラまたはポストカード)をプレゼントしてくれるのだ。ポイント(月~木使用可能)も随分貯まった。

六本木ABBEY-ROADにビートルズを聴きに行きませんか?

今日の歩数計は約2万歩を示していた。

六本木ABBEY-ROAD:日曜定休、TEL03-3402-0017、
        港区六本木4-11-5 六本木ビル アネックスB1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Yodobashi-Akiba」「つくばエクスプレス(TX)」

2005年09月25日 | Shop(お店)
9/24(土)今月16日(金)に開店した「ヨドバシカメラAkiba」に行った。1F~9Fまで60万のアイテムに23,000㎡の売り場面積。朝9:30~夜10:00まで営業で、つくばエクスプレス秋葉原駅前(A3出口)に直結している。

携帯ストラップ、ゴルフの長ティー、ウッド・パターカバー(ホワイトタイガー)、RX-8のミニチュアカーを買ったが、リュックは背負ってないので(?)、オタクではないらしい。ゴルフプラザ アクティブ AKIBAでベストを買ったが、Mサイズの在庫確認は月曜日になった。

「つくばエクスプレス(TX)」は8/24開通した「秋葉原~つくば間」の20駅で58.3kmの常磐新線だ。秋葉原13:30発、つくば14:15着の快速に乗った。区間快速とはシートが違う。最高時速は130kmだ。快速45分(9駅停車)、区間快速52分(16駅停車)。秋葉原~つくば間は1,150円だった。「CREO」「Q’t」「MOG」を見て、15:48つくば発の区間快速に乗った。半分はトンネルだが、スピード感があった。

東京メトロ日比谷線で六本木に。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

田中好子さん出演映画「深紅」

2005年09月24日 | Entertainer(芸能人)
2005.09.23(金)と09.24(土)田中好子さん公認ウエブサイトに2通投稿した。
一通は田中好子さんの酉絵皿当選のお礼だ。もう一つは映画「深紅」のこと。


『1871. 映画「深紅」観ました! Jandy  2005/09/24 (土) 01:05

9/21(水)映画「深紅」観てきました!斎藤佳代(「秋葉泰子=内山理名」の叔母)役でしたね。特別出演とのことでしたが、次回は主演でお願いします。』


コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田中好子さんの酉絵皿当選

2005年09月23日 | Entertainer(芸能人)
9/23(金)今日、東北の温泉から帰ってきたら、郵便局から(有)フォー・エイト(田中好子さん公式ウエブサイト編集局様)から、女優田中好子さんの描いた酉絵皿が当選して送られてきました。多数の応募の中から、田中好子さんが直接引いて頂いた抽選に当たったんです、それも1名様プレゼントに。

田中好子さんののし紙がしてあって、絵皿には酉の絵に「慶恵(けいけい)と…」という言葉がありました。これはたくさんの慶びに恵まれる鶏(酉)年に、という三つの”けい”に願いをこめた言葉だそうです。ちなみに妻も”けい”です。

田中好子さんのウエブサイトより

「酉絵皿 当選者発表!

この度は、好子さんの酉絵皿プレゼントに多数ご応募いただきましてありがとうございました。
厳正なる抽選の結果(もちろん好子さんに引いていただきました)、ご当選なさいましたので発表させていただきます。

早々に発送いたしますので楽しみにお待ちください。」


8/30にインターネット「武揚堂」の地図を応募し、9/19武揚堂「CHAMPION BIG MAP 全日本地図」が当選したばかりでした。

9/24(土) 350 pv 144 ip -位(335348 BLOG中)
09/18~09/24 2028 pv 968 ip -位(330062 BLOG中)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山平温泉、飯坂温泉、高湯温泉、微温湯温泉

2005年09月23日 | Spa&Travel(温泉・旅行・観光)
9/23(金)秋分の日。朝6時に中山平温泉「琢(たくひで)」の「鶴亀の湯(岩風呂)」に入った。昨日は女湯だったが今朝は男湯になっている。茅葺きの屋根で感じのいい温泉だ。「長生の湯」にも入った。チェックアウト時に飲んでもいない日本酒が請求書に付いていたので、クレーム。1人14,010円だった。

8:15「琢(たくひで)」を出発。8:20鳴子狭を見たあと、ENEOSでガソリンを入れるがレギュラー1リットル130円はぼりすぎだ。

東北自動車道古川ICから入り、福島飯坂ICで下り10:15福島県の飯坂温泉着。「新飯坂」へ日帰り入浴を申し入れたが15:00からとのこと。なので「ホテル聚楽」へ日帰り入浴(タオル付き1,000円)11:15。

12:30高湯温泉「玉子湯」着。日帰り入浴500円(10:30~14:00)。白い温泉だ。大浴場「滝の湯」外風呂「玉子湯」野天岩風呂「天翔の湯」に入り、「のんびり足湯」にも浸かった。

13:00写真で見た「安達屋旅館」は広くて白い温泉だったので行ってみたが、今日は日帰り入浴のみ休みとのこと。なので向かいにあった「あったか湯」(250)円に入った。

その後「微温湯(ぬるゆ)温泉」に行ったが、ここは凄かった。この秘湯に行くまでの道がもっと凄い。幅2.5mの道で、途中から舗装されていない、ガードレールのない上り坂で、左は崖、森の中の暗い道。砂利道なのでブレーキをかけると滑る。それが10kmもある。途中で4台の車とすれ違い、自分の車はガードレールのない崖側の方。ゆっくりゆっくりすれ違う。とっても怖い道だ。ようやく舗装された道に出たかと思うと「クマが出ます。クマに注意!!」の標識。

やっとの思いで標高900mの「微温湯(ぬるゆ)温泉」に到着。もちろん旅館は1軒しかない。ただ品川、土浦、川崎等10数台車が止まっており、お客は思ったより多い。ここの温泉は文字通りぬるい湯(31.8℃)だ。温水プールが29℃だから想像できるだろう。日帰り入浴は500円だ。

旅館の人に聞いたら、ここに来るには道が2コースあって、もう一つの道は全部舗装された道だそうだ。クマに注意の標識を右折して帰ればいいとの事だった。確かに舗装されているし、道幅も4~5mあり、ガードレールもあった。

今日は8回温泉に入った。この2日間で2県6温泉9旅館14回の入浴だった。
東北自動車道福島西ICから入り、19:40家に着いたのでR。

9/23(金) 294 pv 136 ip -位(334462 BLOG中)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

遠刈田温泉、鳴子温泉、中山平温泉

2005年09月23日 | Spa&Travel(温泉・旅行・観光)
9/22(木)朝5:25出発、東北自動車道白石ICで下り、宮城県の遠刈田(とおがった)温泉に9:55着。「こけし館」(大人380円)を見たあと、「さんさ亭」へ。金曜日が休みだとウエブサイトに書いてあったが、秋分の日の前日だから日帰り入浴はお休みとのこと。それで「旅館三治郎」へ(10:30)。木曜日は半額との事で400円だった。次に「ホテルエール蔵王」へ日帰り入浴600円(11:20)。

東北自動車道村田ICから入り、古川ICで下り13:10鳴子温泉「鳴子ホテル」へ日帰り入浴1,000円(11:00~14:00)。硫黄の臭いと湯けむりが凄く、温泉は白と緑の色をしている。男湯には寝ながら入れるジャグジー風呂もあり、最高だった。

次は「鳴子観光ホテル」で日帰り入浴1,050円(14:00)。ここも白い温泉だった。「温泉玉子カレー(750円)」を食べた。これが凄く美味しかった。

15:20中山平温泉「琢(たくひで)」到着。今日はここで泊まる。「石橋の湯」と「鶴亀の湯(亀甲檜風)」に入った。今日は6回温泉に入った。食事は50品目もあり美味しかった。最後にでたフルーツ木通(あけび)を食べるのは初めてだったが、種が多く食べづらかった。紫色をしていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「深紅」

2005年09月21日 | Movies(映画・楽曲・美術鑑賞)
9/21(水)映画「深紅」を見た。3日間で5本目だ。あらすじは。。。

『修学旅行中に両親と幼い二人の弟を惨殺された秋葉奏子(内山理名)。8年後、心に傷を負ったまま大学生となった彼女は、家族を奪った男・都築則夫(緒方直人)に未歩(水川あさみ)という自分と同じ年の娘が居ることを知り、素性を隠したまま未歩と親しくなっていく…。』

殺された家族のオヤジは本当にワルだった。殺されても仕方がないんじゃないのと思うぐらい、秋葉由紀彦役の小日向文世が本当に憎たらしく嫌いになった。

200席ほどある新しい映画館だが、観客は我々2人だけ。途中で1人入ってきたが僅かに3人。考えさせられるいい映画だった。

今日、自分で散髪した。

9/22(木) 218 pv 119 ip -位(333636 BLOG中)
9/21(水) 251 pv 126 ip -位(332823 BLOG中)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「シンデレラマン」

2005年09月20日 | Movies(映画・楽曲・美術鑑賞)
9/21(水)映画「シンデレラマン」を観た。ストーリーは。。。

『“シンデレラマン”と呼ばれた男がいた──。
 アメリカが希望を失った時代に、どん底の生活から一夜にして栄光をつかんだ伝説のボクサー、ジム・ブラドック。彼の姿は絶望のふちに立つ多くの人々に“希望”という言葉を思い出させた。しかし、国民的なヒーローとして崇められることなど、ジムにとって大きな意味はなかった。彼は、一度たりとも勝利や名誉を求めたことはなく、ただ愛する家族を守りたいがために、命をかけて戦ったから。それだけが、妻と3人の子供たちとつつましく暮らしていくための唯一の手段だった…。
 人生は、時におとぎ話──たとえ今は運に見放されていても、彼に起こった素晴らしい《奇跡》がいつか自分に起こらないなどと、誰に言い切ることができるだろうか…?
          ***
 早くも本年度アカデミー賞最有力の呼び声高い「シンデレラマン」は、ひたむきに家族の幸せを願い続けた、一人の父親の物語。彼の願いは平凡なものであったが、その思いの強さが彼を伝説の主人公にした。この物語の持つ強力な“磁力”は、ハリウッド最高のスタッフ&キャストを結びつける。監督は、「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞に輝く名匠ロン・ハワード。主演に「グラディエーター」でアカデミー賞受賞のラッセル・クロウと、「コールド マウンテン」の演技で初のオスカーに輝いたレネー・ゼルウィガー。3人のオスカー受賞者が紡ぎだす至高の人間ドラマが、世界中をかつてない熱い涙で包み込む。
          ***
“シンデレラマン”がアメリカの伝説として人々の心に刻まれたあの日、ボクシングの殿堂であるマディソン・スクエア・ガーデンを埋め尽くした観客たちの歓声は、ジムの耳にどれだけ届いていただろうか?
なぜなら、彼の《心》が聞きたかったのは、家族からの「おかえりなさい」という一言だけだったのだから――。

ジム・ブラドックの人生は、希望に満ちていたはずだった──前途有望なボクサーとして、タイトル奪取は時間の問題。美しい妻メイと、天使のような3人の子供に恵まれ、家には笑い声が絶えることがなかった。だが、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放されたジムは引退を余儀なくされる。時を同じくして《大恐慌》がアメリカの経済を壊滅状態にし、人々の生活は困窮した。国中に溢れかえる失業者の一人となったジムは、過酷な肉体労働でわずかな日銭を稼ぐが、そんな仕事にすらありつけない日の方が多かった。
 出口の見えない不況の中で、男たちはプライドを失い、自分自身を失っていったが、ジムは諦めなかった。子供を預けようという妻メイの苦渋の決断にも耳を貸さず、彼は家族が一緒にいることに固執する。全てを失った今、家族だけが彼の全て、彼が生きるただひとつの理由だったからだ。
 人生の転機は、古くからの友人によってもたらされた。ボクサー時代のマネージャーだったジョー・グールドが、新進ボクサーとの試合の話を持ちかけてきたのだ。勝ち目などない、一夜限りのカムバック。だが、その報酬は今のブラドック家にとって大きな救いだった。夫の身を案じるメイをふりきり、ジムは再びリングに立つ。それが、アメリカ中を希望で包み込む《奇跡》の序章となるとは、気づきもせずに…。』

「ミリオンダラー・ベビー」に続く、ボクシング実話物語だった。予告でやっていた「フライトプラン」(2006年正月映画)もぜひ観たい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「SHINOBI」

2005年09月19日 | Movies(映画・楽曲・美術鑑賞)
9/20(火)映画「SHINOBI」を観た。内容は。。。

『天下統一を成し遂げた家康は、自らの跡取りについて悩んでいた。兄・竹千代か、弟・国千代か。徳川三代将軍の世継ぎ問題は混乱を極めていた。

一方、宿命のもとに反目し合う忍者の里、甲賀・卍谷と伊賀・鍔隠れ。彼らは、服部半蔵の約定により、互いを禁として争いを避けてきた。しかし、運命的に出会い、愛し合う甲賀・卍谷の弦之介(オダギリジョー)と伊賀・鍔隠れの朧(仲間由紀恵)。それぞれ里の後継者であり、掟をまもる立場にありながら、宿怨の鎖を断ち切ろうと誓う2人だったが……。突如、家康より下る、甲賀・伊賀、精鋭5人による果し合いの命。そこには、卍谷と鍔隠れの雌雄により、次期将軍を決するという思惑が隠されていた。』

音響に迫力あり。SHINOBIグッズ(クリアファイル、ストラップ、しおり等)を購入した。

9/20(火) 263 pv 150 ip -位(331959 BLOG中)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「タッチ」

2005年09月19日 | Movies(映画・楽曲・美術鑑賞)
9/20(火)昨日満席で見られなかった映画「タッチ」を今日観た。「タッチ」のストーリーは。。。

『上杉達也(斉藤祥太)と和也(斉藤慶太)は双子の兄弟。隣に住む浅倉家の一人娘の南(長澤まさみ)とは、小さな頃から何をするにもいつも一緒の幼馴染み。

自分たちの明青学園が甲子園に出場することを夢見る南。スポーツ万能で成績優秀な弟の和也と明るく可愛い南は誰もが認める似合いのカップル。それに反し、兄の達也は落ちこぼれ。勉強、スポーツ、異性からの人気と、和也に比べるとどうしても見劣りしてしまう。

和也は好きな南の夢を叶えるために野球部のエースとして活躍していくが、一方で達也も心の中では南のことを想っていた。南は和也からの好意を知りながらも、密かに達也の方に惹かれていった……。

南が最初にキスをしたのは達也だった……。

甲子園出場をかけた高校一年の西東京大会。明青は順調に勝ち進んでいき、待ちに待った決勝戦の朝、和也は交通事故に遭ってしまう……。

和也の遺志を引き継いだ兄の達也は、無理やり入部させられていたボクシング部をやめ、野球部に入部した。

今度こそ南を甲子園に連れて行く!

「南を甲子園に連れていって……」そんな南と、亡き弟・和也のために達也は明青の新エースとして甲子園を目指す決心をする。』

浅倉南役の長澤まさみは1987年6月3日静岡県生まれ。2000年、第5回「東宝シンデレラ」でグランプリ受賞。長澤まさみはメッチャかわいかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「容疑者 室井慎次」

2005年09月19日 | Movies(映画・楽曲・美術鑑賞)
9/19(月)敬老の日。今日映画2本観ようと思ったが、映画「タッチ」は満席で見られなかった。「SHINOBI」も「深紅」も時間が合わない。なので映画「容疑者 室井慎次」を見た。あらすじは。。。

『敵は犯人だけではなかった。

権力と法の罠が、室井管理官を窮地に陥れる。警察庁と警視庁、二つの正義に挟まれた室井。
果たして室井はシロか、クロか!?

2005年2月某日-警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、
自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう!

室井を救おうとする若き女弁護士(田中麗奈)。
そして、警察の不正を暴くという大義名分をかざして徹底的に
室井を追い詰める弁護士(八嶋智人)。

そこに、警察庁と警視庁の確執が絡み、新城(筧利夫)や沖田(真矢みき)の
尽力も虚しく、事態は最悪の状況に。
室井の捜査への姿勢に心動かされた新宿北署の現場の刑事(哀川翔)たちは、
さらに殺人事件の真相を追う・・・。
さらに、今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、
室井はさらなる窮地に追い込まれる。

果たして、室井はシロか、クロか!?』

映画「交渉人 真下正義」の方が良かったーーー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加