Jandy's Blog「クロンシュタットの逆襲」

Jandyの直接行動日記(2004.10.23土~)

イタリアン「カンティネッタ・エノテーカ・ピンキオーリ」お台場

2006年11月16日 02時18分53秒 | Gourmet(グルメ)
11/13(月)お台場の AQUA CiTY 5F にあるイタリアン「カンティネッタ・エノテーカ・ピンキオーリ(La Cantinetta PINCHIORRI Odaiba)」に行った。「スプンティーノ(Spuntino)」¥3,000とミネラルウォーター(¥300)をオーダーした(10%奉仕料、5%消費税、合計¥3,812)。

ピンキオーリ夫妻がお台場にプロデュースし、2000年4月1日にオープンしたお店だ。店内は海に面し、「レインボーブリッジ」と「自由の炎」が眺望できる。さわやかなロケーションに加え、明るい色調で統一。さらにイタリア直輸入の調度品が数多く飾られている。

トスカーナのすべて、特に絵画、彫刻、ブロンズ等で有名なフィレンツェの雰囲気を最大限に再現する為、レンガはインプルネータ産。大理石はカラーラ産。額、鏡はフィレンツェの職人が作ったもの。カンチェッリ(鉄の扉)は、ルネッサンス時代からあるエノテカ・ピンキオーリ・フィレンツェの宮殿のものを似せて作ったもの。カーテン、照明器具はイタリア製で、イタリア人の職人が取りつけた。テーブルクロスはフリッテ。皿はジノリ。銀食器はブロッジ、ラグとイタリア製だ。グラスは高品質を保つ為、リーデル(オーストリア)を使用。

伝統的なトスカーナ料理、新鮮で明快な料理。様々な食材を炭火焼、暖炉焼にする器材をレストラン入口横に設置してある。銀座店の洗練された宮廷料理とは違った、トスカーナ地方の料理。

銀座店のディナーコースは、料理が一人2万円代でも、ワインが出され、最低5万円以上するとのことだが、こちらのお台場店のランチコースはリーズナブルだ。















カンティネッタ・エノテーカ・ピンキオーリ:http://www.ep-tokyo.com/index2.html

〒135-8707東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場R501、TEL 03-5531-8081、11:30~14:00(L.O)、17:30~21:00(L.O)、年中無休

宜しければクリックして下さい。 日記@BlogRanking へ 人気blogランキング

11/16(木) 329 pv 144 ip -位(674539 BLOG中)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリアン「ラ・ベルデ・ト... | トップ | ホテル・グランドパシフィッ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カンティネッタ (acco)
2013-01-17 19:39:31
突然のコメント失礼します。
大好きなレストランの記事に、釘付けでした。

もう閉店してしまいましたが、できることなら、
もう一度だけ、行きたいと思うレストランです。

ずっと、カンティネッタの銀食器はどこのなんだろう。
同じ物をそろえたい、とかれこれ
数年思っていました。

ブロッジというところのものだったんですね!
ありがとうございます。

どこに行ったらブロッジのシルバーに出会えるのでしょう。。。やはりイタリアまで行かないとないのかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Gourmet(グルメ)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

カンティネッタエノテーカピンキオーリでお食事 (まんぷくちゃんのブログ)
今日はしょこたんとお台場を満喫してきた ランチはエノテーカピンキオーリの姉妹店、 カンティネッタエノテーカピンキオーリ(台場・イタリアン)へ。 銀座の本店よりリーズナブルで、しかも景色が綺麗。 レインボーブリッジと自由の女神、東京タワーが一度に席か ...
世界に認められたリストランテ エノテーカ ピンキオーリ vol.1 (美味-BIMI-)
昨日は【美食探訪倶楽部】のクリスマスパーティー。   【米さん】としおさんと3人で、銀座のイタリアレストラン 「エノテーカ ピンキオーリ」( Ristorante Enoteca Pinchiorri ) に行ってきました。 ここは、みゅうみゅうの結婚式の候補レストランに ...