メンタルヘルスを学ぼう!

ストレスチェック義務化に向けての準備や活動内容を。
日本を元気に(^^

部下の悩みをきける上司になるために必要なコミュニケーション能力とは

2017-01-04 20:39:09 | メンタルヘルス

部下の悩みをきける上司になるために必要なコミュニケーション能力とは

部下が何だかいつもと様子がおかしい。

そう思って相談にのろうと、話したのはいいのだが、つい自分のことばかり話してしまい、相手が話す方が少なくなった。

結果、その様子は変わらず、いつの間にか休職していた。

部下が悩んでいる時、聴いてあげたい悩みを解決してあげたいという想いは強いのに、結果的にアドバイスをして終わったり、注意をしたりというコミュニケーションになった経験はないでしょうか?

部下の悩みをきくコミュニケーション法を見つければその問題は解決します。

部下の悩みをきける上司になるために必要なコミュニケーション能力の一つにカウンセリング技術があります。

カウンセリング技術は、話を聴きだし、何が問題になっているのかを発見し、その解決策を一緒に考え、実行させるテクニックです。

そのカウンセリングというコミュニケーション能力は、部下の悩みを聴ける上司になるためには、ぜひ身に付けてほしいテクニックです。

■たった3日間で、カウンセリングが出来るようになるノウハウを身に付ける

メンタルヘルスカウンセラー養成講座

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うつ病を企業で出さないため... | トップ | 社員をカウンセリングできる... »

コメントを投稿

メンタルヘルス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。