楓花悠々ブログ

日々気になったことをちょっとだけ

天皇賞結果

2012-10-28 20:20:38 | 競馬
天皇賞はエイシンフラッシュが勝利した。

聞きたくもないだろうが私は以下の内容で購入しました。
パドックでよく見えたのはフェノウメノとダークシャドウ。
ルーラーシップは18Kg増とやっぱり太めで良くなかった。

軸はフェノーメノ
 紐にルーラー、ダーク、カレン、ジャスタ、ナカヤマ、トーセン
買い過ぎかなと思いつつ遊びで 紐でサダム購入

これでいいやと思って、テレビを見てたら 馬場に出て
エイシンがやたらいい。
あと締切2分で 急ぎPATを立ち上げ エイシンを紐で買った。

結果を見たらエイシンが来たぁ~

しかし確認したらエイシンを買おうとして 12じゃなく
9を買っていた。がびょ~ん

チョンボでG1三連覇を逃した
この借りは次回のエリザで取り返すことにした~

PS:しかし+18kgでルーラーがよくぞ3着に
   ルーラーの次回のレースは侮れない・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇賞秋予想

2012-10-27 20:09:08 | 競馬
穴馬予想

昨日 天皇賞の予想をしたが 穴馬も見てみたい

天皇賞秋のここ10年間の連対馬は
4歳が8頭、5歳が7頭と4/5歳が圧倒的だ。
そのなかから以下の2頭を挙げたい

4歳から ナカヤマナイト
 厩舎側から出来はピーク
 1枠を引いたことからシルポートをマークして
 経済コースを突けば面白い
5歳からダークシャドウ
 昨年の天皇賞も0.1秒差の2着
 ドバイの疲れも取れ 2週連続の追い切りは
 キレ抜群 仕上がり万全
 ただ当日の馬体重要注意 水曜日時点24kg増

あとはサダム/トゥザは久々で
ダイワは東京不向き フェデラは下がり馬

※エイシンの一変があるかパドック確認が必要
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬必勝法NHK解説

2012-10-27 13:01:49 | 競馬
パドック解説はNHKの解説者

今週 天皇賞秋が開催される
今年の天皇賞は天覧レースになるとのこと
記念レースになるのでみんな気合が入っていることと思います。

毎年、天皇賞はNHKが放映する
ご存知のようにNHKは調教師の方が解説しています。
さすが調教師の方はパドックの見方が違いますね。

私は菊花賞で自分の予想をもとにして 迷ってた
有力馬の中の切る馬をNHKの調教師の解説を参考にして
決めました
この日は白井さんが解説されてましたが
おかげで的中馬券をゲットしました
民報の競馬番組は視聴率が大事なので
面白い解説をしますが まあバラエティー番組と思えば
いいでしょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇賞秋 予想

2012-10-26 11:38:24 | 競馬
天皇賞秋の枠順が発表された
現時点で私なりの予想してみた
◎フェノーメノ
 今年の3歳はここ1年間のレースを見て分かるように
 レベルが高い
 負担重量も前走と同じ56kg 前走はこの負担重量で
 34.4の上りできている 東京向き
〇ルーラーシップ
 前走の宝塚記念はオルフェーブルの2着0.3秒差
 負担重量も前走と同じ58kg
 ただ注意は馬体重 現在30kg増
〇2カレンブラックヒル
 フェノーメノと同じレベルの高い3歳
 前走・前々走とも上りがいい 東京巧者
 東京に照準を合わせてきている様子もあり
 外せない
△ジャスタウェイ
 これも今年レベルの高い3歳世代
 前走の毎日王冠で33.0秒の上りで差のない2着
 負担重量が前走毎日王冠より1kgアップしてるが
 前々走57kgで34秒の上りを出してるので問題なし
△2トーセンジョーダン
 このメンバーではトップクラスの実力馬
 前走の天皇賞春でも34秒の上りを出してる
 騎乗もスミヨンに依頼し盾取りにかけている
 ただ長期休養明けの高速馬場が合うかどうか
 しかし当日は雨の予報なので力のいる馬場になれば
 来る可能性も高い
以上です参考になれば幸い…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬必勝法

2012-10-25 09:31:45 | 競馬
競馬必勝法(連載)はじめに
競馬は学生時代タニノムーティエの時にスタート
その後40年間競馬を見続けてきましたが、今後 気が向いたら
私なりの競馬にかかわって気付いたことを書こうかと思います。

始めたころはメジャーではなかった競馬も数年後
ハイセイコーが出てきて やっと国民的になりました。

私が生涯でNO.1の馬は聞かれたらカブヤラオーと答えたい
専門家の間で自在の馬が一番強いと言われてますが 
皐月賞で1000m58秒台の殺人ラップで逃げ切り
NHK杯では大外差しで優勝、ダービーではまたもや
殺人ラップで逃げ切り優勝しました。
自在の馬の代表かと個人的には思います。

ただこの馬は夏場屈腱炎を発症し三冠はなりませんでした。
ここから「無事これ名馬」っと言う言葉が生まれたようです。

競馬における収支はトータルでかなりJRAに寄付してますので
大きなことは言えませんが、競馬経験のある方は
なるほどと思っていただけるものも中にはあるかなっと
感じていただければとうれしい限りです。

期待しないで読んでいただければ幸いです。
では乞うご期待

コメント
この記事をはてなブックマークに追加