なお色の手紙

行ったり来たりのありふれた毎日が、
キラッと光る宝探し、
本能と煩悩のおもむくまま、
語り合えたらうれしいなあ。

しばらくハマリそう

2016-10-29 00:12:00 | Weblog

あまりボヤかなくなった。
ようやく仕事を覚えたみたいで、前日や当日の朝に、ブツブツと仕事の手順を牛のように反芻しなくても、
当日ホワイトボードに書かれた一日の予定を見れば、理解出来る様に成った。(遅っ)

勿論、仕事のスピードは追いつけていないけれど、間違って迷惑をかけることが無くなって来た。
良い気になって、落とし穴に落ちない様にせいぜい気をつけよう。

何より救われるのが、出勤前に緊張する感じが随分と緩和された事。
休日に、仕事を忘れて居られる様に成ったのが凄い。

だから、ミーハーな事が出来るのです。


近頃の郵便局の方は、遅くまで配達で大変だね。
お陰で注文していたDVDが届きました。

本日中に一本は見られるんじゃないかな。
すっかりのぼせ上がっている私です。

THE YELLOW MONKEYメカラウロコどうせ行けないから、ちょっとやさぐれて浮気。
ライヴビューイングの申し込みは抽選だから、慌てなくても良いし。
ロビン熱も、ちょっと落ち着いて来て、塩谷瞬三昧。


自分も相当おばさんのくせに、以前は、韓流命のマダムとか、氷川きよしの取り巻きだとか、今は山内惠介さんでしょうか、
ちょっと退いて見ていたけど、あの方達って異常にイキイキしてるでしょ。

今なら解る、心は乙女なのよ。
恋しているんだと思う。

吉井に対しては、恋なんて生易しいもんじゃないのよ。
エナジードリンクか、強力サプリ、飲んだことないけど、飲み続けないと衰える感じ。
目が合ったら、ヒィーーーーーーーーーーーーーゼイゼイ、ガン見、みたいな。

それにひきかえ、塩谷瞬は、ポッ、と目をそらしそうな予感。
リアルに会うことは無いんだけどね、あんまり盛り上がったら、舞台とか見たくなるよね。
ま、北海道じゃ無理だけど、いや、舞台は経験無いは〜〜TEAM NACSとかもクセになったら怖いから、そこは避けてたよね。


OH YEAH!!危険だ〜〜   制御装置がEXPLOSION
(ん〜イエローモンキーの曲だけど、一目惚れの醍醐味は一線のリンボーダンスって、どうゆう意味だろうね)


そうそう、白夜行で、図書館の女性のセリフなんですが(余貴美子)

ずっと同じ気持ちでなんていられない、私なんて隣の息子にドキドキするのよっ。

ときめくっていっても、もし旦那がいなくて身寄りもなかったら あたしこんなに隣の息子にドキドキするのかなって
考えるのよ、ときめきという気持ちも旦那のおかげかと思うと うち帰ってご飯作っちゃうんだ・・・


おお〜〜〜〜〜これだな、まさしく。
浮気とか、不倫とかじゃないのよ、ときめくってことについて語っているんです。
不幸のどん底なら、ときめいてられない、ちょっと退屈なくらいの日常があるからってこと。

それは、言い訳ですか、吉井を差し置いて、若い子にうつつを抜かす。


いいえ、そんなの序の口なのよ、三原じゅん子を見なさい。
52歳で、28歳の男性と、バツ2を乗り越え、3度目の結婚なのよ。(よく懲りないよね)
24歳年下って、私と塩谷瞬なんて、20歳差だもの、30代だしどうってことないは、ア〜〜〜〜ハッハッハッ

おいおい、親子じゃないかっ。
あっ、明日は、孫の学習発表会だった。
婆さんじゃん。



余談ですが、私の友人の息子さんが、以前特撮の番組制作会社で、アシスアタントディレクターみたいなのをやっていて、
TVのエンドロールに名前が出たことがありました。
懐かしい、しかし、過酷な状況に耐えかね、現在は辞めてしまったようです。



助けてぇ〜〜〜ハリケンレッド。
なんかね、シュシュッと参上するそうです。(ついに戦隊ものまで見るのかっ、いよいよヤバイ)


失礼ですが、あんまりトークは得意じゃ無いのかな、気のせいかな。
で、興味の無い人には長いと思うので、6分前後を見て、ウケる、ここは笑っていいんですよね。






ピンスポ 塩谷瞬インタビュー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうこうする間に | トップ | 思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。