なお色の手紙

行ったり来たりのありふれた毎日が、
キラッと光る宝探し、
本能と煩悩のおもむくまま、
語り合えたらうれしいなあ。

よかったね

2016-12-12 22:48:36 | Weblog


真田丸49話、「前夜」

洋ちゃんも、良いですねぇ。
でも、やっぱり”きり”でしょう。

時代劇で、KISSって、あんまり見ないので、ちょっと驚き。
まして、そのさなか、喋るという表現がね、三谷さんじゃなきゃ出来ない。

初回から、まあ、面倒くさい女だと、思ったのに、
最後には、このこじらせぶりも可愛らしく、応援したくなると言う、不思議な存在に。

源次郎がいない世界で生きていてもつまらない発言、
彼の思いを全て受け止めて、最後まで力になろうとする
一途さに、そりゃ胸を打たれますって、報われて良かった。





視聴者が、ほっこりしたに違いない。
最終回が楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうなのこれ | トップ | 拍子抜け »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みけ)
2016-12-13 14:50:20
時代劇のKISS
なんだか ドキドキしました(笑)

私も 自分の事じゃないのに
最後に報われた感が… (〃 ̄ω ̄〃ゞ

最終回を前に
気持ちがスッキリした私でした

大抵の (なお)
2016-12-13 18:21:40

視聴者も、同じ様に感じたみたいですね。
ドラマも、次々と、最終回。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事