ズッコケひかるの元気が出るブログ

ズッコケ テレビ少年、超過疎南端小島、ランプで育つ。事もあろうに、TV界を目指し、見事大活躍する、珍騒動記。

814

2016-10-11 | 社会
1814 黒島の民話・1
ニワトリが朝に泣く訳
むかしから神様は人間が大好きでした。
でも人間は朝寝坊で、神様はなんとか早起きをさせ働かせたいと思いました。
そこで鳥たちにその役目をさせようと考え、集合の命令をかけました。
まずアカショウビン。とても美しく泣くけれどうりずんにしか鳴かないから不合格。
カラスは大声だけど朝寝坊。太陽が昇ってから泣くので不合格。
コウモリは夜のうちから飛び回るが、明け方にはほら穴に逃げていくので不合格。
ニワトリは一番鶏が二時、二番鶏が三時、三番鶏が四時から夜明けまで鳴くし、声も美しいので、神様は朝に泣く役目はニワトリ、とすると決めました。
それで今も、ニワトリは神様の言いつけを守っているのです。
 出所・・「なぜなぜ八重山の民話」発行・大石直樹氏より転載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 813 | トップ | 815 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。