ズッコケひかるの元気が出るブログ

ズッコケ テレビ少年、超過疎南端小島、ランプで育つ。事もあろうに、TV界を目指し、見事大活躍する、珍騒動記。

815

2016-10-11 | 社会
1815 黒島の民話・2
牛に上の歯がなく、馬に角がない訳
むかし、牛には上アゴにも歯があり、馬には立派な角がありました。
神様は人間が大好きなので、力の弱い人間の働きすぎを心配し、牛や馬を働かせようと思いました。
そこで牛と馬を呼び、人間の手伝いをしなさい、と命じました。
ところが歯のある牛は、イヤだ、人間なんかこの歯で噛んでやると。
角のある馬は、イヤだ、人間なんかこの角で突いてやる、と答え神様の言うことを聞きません。
そこで怒った神様は、牛の上の八本の歯を折り、馬の自慢の角を折りました。
それでも馬は、角がなくても後足で蹴ってやる、と言ったので神様はナタで馬の後足を叩きました。
それで馬には、ヒズメにその傷跡が残っています。
まだ人間を手伝わないなら、もっとひどい目に合わすぞ、と神様がおどしたので人間の手伝いをするようになりました。
出所・・「なぜなぜ八重山の民話」発行・大石直樹氏より転載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 814 | トップ | 816 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。