ズッコケひかるの元気が出るブログ

ズッコケ テレビ少年、超過疎南端小島、ランプで育つ。事もあろうに、TV界を目指し、見事大活躍する、珍騒動記。

pr3

70

2017-07-24 | 社会
1070 焼飯 みんなが取った後に残った物が、チャーハンだろうとの考え。 待っていると、残っているのは、前日と同じ焼飯。 「誰か注文を間違えた人はいませんか!?」、と大声で聞きました。 誰も間違えていないとの事。 「君、何を注文したのだ?」と聞かれたので、 「誰か注文を、間違えているはずです。私は間違いなく、チャーハンを注文したのですが、焼飯しか残っていないんです!」 みんなが、食べ物を一斉に吹き . . . 本文を読む
コメント

69

2017-07-24 | 社会
1069 またまた、大失敗 上京直後、組み立て配線工として働いていた時、またまた、大失敗です。 昼食には、出前をとっていました。 食べ物の名前は、初めて聞くものばかりです。 周りの注文を見聞きしながら覚えていこうと考え、真似をする事に決めこみました。 初日は、天丼、ラーメン、チャーハン、焼飯と、みんなが注文するのを聞き、唯一知っているメニューで、焼飯を注文。 その日は、無事に何事も、起こりませんで . . . 本文を読む
コメント

68

2017-07-24 | 社会
1068 画像 焼き飯 . . . 本文を読む
コメント

67

2017-07-24 | 社会
1067 悪徳食堂 主人が出てきたので、一言、二言文句を言いました。 日曜日の昼の混雑時、主人はケンカもできず、呆れ果てるばかり。 ひかるは、上げ底メニューで、客をだます、悪徳食堂の悪徳主人に、客を代表して文句を言ってやった、思い知らせてやったと、正義感に燃え、肩で風を切り、堂々と店を出て行きました。 「神様! この男に罪はない、単なる無知だ! 救いの手を・・・・・・・」 お店の皆さん、ごめんなさ . . . 本文を読む
コメント

66

2017-07-24 | 社会
1066 大失敗 大盛に盛られた、どんぶり飯を期待していただけに、裏切られた時の腹の立つ事、立たない事! 娘を呼びつけ、「これは、大もりではない!」と一括。 田舎ものだと馬鹿にされないぞ、だまされないぞ、という剣幕で劣等感が爆発したのです。 親切に、ツユのお代わりまでしてくれた娘は、あっけにとられ、精神異常者ではないか、という恐怖の眼差しで、奥の方へ逃げていきました。 周りの雰囲気は、皆さんの想像 . . . 本文を読む
コメント

65

2017-07-24 | 社会
1065 裏切り行為 前の女子高校生はすでに避難し、どうしてよいのか分からず、恥ずかしさと冷や汗。 当人は完全に、舞い上がっています。 店全体の視線を一身に受け、仕方なく、そばを一本ずつ、ツユに浸しながら食べていると、隣の客が親切に教えてくれましたが、時すでに遅し。 周りの雰囲気からして、何が何んだか食べた気がしません。 さて、次は下のご飯だぞ! はやる気持ち、ぎこちない手つきで、すのこを取りまし . . . 本文を読む
コメント

64

2017-07-24 | 社会
1064 あれ~ 前席の高校生だと思われる女の子が、あれ~と甲高い声を出し、椅子を軋ませ逃げ出す。 周りの客は、針でつっ突かれたかの如く、一斉に注目。 見るとテーブル上は、運悪く、ツユが前の方へ流れています。 娘が飛んできて、ツユを拭き、お客に誤り、調理場から、もう1本ツユを持ってきました。 こぼしたものと勘違いをしたのです。 さて、2本目です。 どうするか?? あまりの出来事に、多くの客も、野次 . . . 本文を読む
コメント

63

2017-07-24 | 社会
1063 画像 おおもり . . . 本文を読む
コメント

62

2017-07-24 | 社会
1062 見事な閃き 過疎の村で、外食とは関係なく育ったひかる、食事作法を知らず、オロオロ上目使いに、周りを伺う様子。 自信のない人は、特に目立ちすぎます。 思案のすえ、見事な閃き。 ツユを上からかければ、その下にあるはずのご飯にも味が沁み込み、旨いだろう。 そうやって食べるんだ、と考え、思いっ切り、バサーとかけてしまったのです。 . . . 本文を読む
コメント

61

2017-07-24 | 社会
1061 つゆ壺 ツユ入れを、フタだと思い、伏せたまま、お盆の上へ置きました。 さて、その後どうやって食べるのか? ハシでツユを確認。 そばを1本1本、ツユ壺に入れて食べるのか? 試しに1本やってみましたが、どうも具合が悪い。 腕組みをし、しばらく考えました。 どうしても、周りの視線が気になります。 . . . 本文を読む
コメント