ズッコケひかるの元気が出るブログ

ズッコケ テレビ少年、超過疎南端小島、ランプで育つ。事もあろうに、TV界を目指し、見事大活躍する、珍騒動記。

pr3

105

2017-05-01 | 社会
1105 トライ そしてテレビ局と番組の内容で勝負しようとの考えである。 ひかるが手始めにトライしたのが、「天才タケシの元気が出るテレビ」だった。 兵頭ユキや高田順次の映像は、お茶の間に大いに受けた。 そして、業界を、あっと驚かせたリアルな表現、しかも素人を相手にした、オールロケの「ねるとん紅鯨団」だった。 その後、日本は世界に類を見ない映像、テレビ王国へと突き進んでいったのである。 次回、裏話な . . . 本文を読む
コメント

104

2017-05-01 | 社会
1104 攻撃態勢 しかし、ひかるは全く逆の発想だ。 こういう時だからこそ、打って出る、しゃにむに攻撃態勢を取り、社内の目を組合騒動からそらせ、一丸にする。 攻撃目標も、生半可でないどでかい目標を掲げる、という発想だ。 当時のテレビはドラマやクイズ花盛りで、スタジオ、局内中心で作られている。 ロケを大量に取り入れ、山や川、家の中まで入り込み、外部の映像を茶の間へ届けよう、番組作りの土俵を強引に外へ . . . 本文を読む
コメント

103

2017-05-01 | 社会
1103 苦境 しかし、ひかるは苦境に立たされれば立たされる程、頭を使う。 次から次と、誰もがあっと驚く奇抜な策を行使、放送業界全体をも覆すリーダーシップを発揮して行くのである。 二度にわたり、管理職が有能な社員を引き連れ独立、残された社員が殆んど組合員、会社の存亡すら危惧され混乱。 当然、沈静化するまで待とう、何んとか無難に切り抜けよう、と守りに徹するのが普通である。 . . . 本文を読む
コメント

102

2017-05-01 | 社会
1102 抜け駆け 労使問題でガタガタしているとはいえ、発注先であるフジテレビ゙が、設立されたばかりの、資本の入っていない独立会社へ翌日から仕事を廻す。 明らかに契約違反であり、フジテレビは、ひかるの会社を潰しにかかった、と解釈されても仕方のない事情であった。 取り巻く周りからもかなり注目されている中、唯一残った第一期生、ひかるは、社のどまん中へ担ぎ出されてしまったのである。 . . . 本文を読む
コメント

101

2017-05-01 | 社会
1101 本土復帰 20代後半、沖縄が本土復帰をする。 ひかるは大事にしていたパスポートを焼きすてた。 ひかるの中で何かが吹っ切れたようだ。 そしてちょうどその頃、社内には、一大異変が起きていた。 第一期入社の同期の連中は、管理職として、各部門を統括していたが、よりによって、その連中が、束になって、会社を辞め、別会社を設立し、従来の仕事をそっくり持って独立していったのだ。 . . . 本文を読む
コメント

100

2017-04-30 | 社会
1100 窓外族 年々増える社員に、同期の仲間達は、主任、課長、部長へと次々に出世していくが、ひかるには、全く無縁であった。 窓際族というよりは、むしろ窓外族。 課会や部会、全体会議があっても、外回りのため全く出席しない、出社しても機材室へ直行、機材をまとめ、そのまま中継で、帰って来るのが夜遅いから、管理職や上司と顔を合わせる場がないのだ。 しかし、上司の批判を焼き鳥屋で聞きながら、自分ならあのよ . . . 本文を読む
コメント

99

2017-04-30 | 社会
1099 焼き鳥屋 カラー放送も軌道に乗り、毎年新入社員が大量に採用され、社内は活況を呈していく。 しかしひかるは、冷暖房完備、皆んなが好むスタジオの仕事より、外の中継の仕事を自ら好み、王、長嶋選手の活躍していた当時の野球中継、ファイティング原田のボクシング中継、コント55号の萩本欽一とは、関東近辺の公開場をドサ回りをしていた。 たっぷり汗をかき、焼き鳥屋で仲間と酒を飲むのが、一番の楽しみだ。 . . . 本文を読む
コメント

98

2017-04-30 | 社会
1098 倒産 新聞紙上を賑わせ、昨日まで社長と崇めた社長を、今度は社員が放送カメラを持って犯人扱いで追い回すという、考えられない事が起きたのだ。 第一事業所配属、同期の連中は、設立当時から心血を注ぎ、大きくした会社が、訳の分からない倒産をし、どれ程つらい思いをしたのか、胸が痛む思いである。 勿論、会社更生法が適用されているとの事だ。 ひかるは、ここでも頭がよくなくて、第二事業所へ回され、幸運だっ . . . 本文を読む
コメント

97

2017-04-30 | 社会
1097 ゴルフ場開発 TBSはドラマ制作に力を入れ、ドラマのTBSというイメージで、フジテレビは、ピンポンパンなど子供番組がヒット、母と子のフジテレビというイメージで、両局とも快調に業績を伸ばしていった。 そして、お互いがライバル局として見るようになり、第二事業所は、後に100%フジテレビ子会社化していくのである。 バブル時、東通の経営陣が、巨額の資金をゴルフ場開発に注ぎ込み、バブル崩壊と同時に . . . 本文を読む
コメント

96

2017-04-30 | 社会
1096 倒産 東通は、TBSから社長が送り込まれ、経営陣もTBS色が強かった。 第一事業所がTBS内に置かれ、第二事業所が、フジテレビ内に置かれた。 頭が良く、入社試験の成績の良い奴が、TBS内第一事業所に、配属されたと言れたが、たぶん事実であろう。 . . . 本文を読む
コメント