映画 &音楽マニア

観た映画の感想(5段階評価つき)・好きな洋楽バンド紹介・大好きなバンドZOLOFの話題も

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

2006-08-15 11:53:52 | 映画「か」行
ほんと久しぶりにディカプリオが出てる映画を観た。
かつてディカプリオファンだった私は、彼の作品が公開されるたびに映画館に足を運んでたのに…。
「ザ・ビーチ」まではかかさず観てたのかな。
ディカプリオは「太陽と月に背いて」と「ロミオ&ジュリエット」の頃がいちばんかっこよかった。

で、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」。
これはオープニングのアニメーションでまずひきこまれてしまった。ここだけでもすごい楽しい。
ディカプリオは童顔だから16歳の役でも全く違和感がない。
彼は実在の詐欺師を演じてるんだけど、これが実話ってのもびっくり。
パイロットになったり、医者になったり。よくばれなかったよなぁ。
久々に観てディカプリオやっぱりうまいなぁと思ったけど、
私はFBIエージェントを演じたトム・ハンクスの方が印象に残った。
ディカプリオを捕まえる立場にいるのに、擬似父子みたいな関係になっていくところがすごくよかった。
これを観て、また思った。トム・ハンクスにロバート・ラングドン役は似合わない…。

CATCH ME IF YOU CAN (2002 アメリカ)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス クリストファー・ウォーケン エイミー・アダムス
    マーチン・シーン ナタリー・バイ ジェニファー・ガーナー


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

ドリームワークス

このアイテムの詳細を見る

参加してみたので読んだらクリックしてもらえるとうれしいです人気blogランキングへ
クリックするとポイントが加算される仕組みなので。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE VERONICAS | トップ | 天使と悪魔 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002) (【徒然なるままに・・・】)
タイトルは「捕まえられるものなら、捕まえてみな」ってな感じだろうか。 天才少年詐欺師と彼を追うFBI捜査官との追跡劇を、レオナルド・デカプリオとトム・ハンクスの顔合わせで描いた犯罪コメディ。どこまで実話に基づいているのかは知らないが(一応原作読んだけど...