恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

6/18(日)落語ハンダ付け「小ゑん・百栄二人会」@お江戸日本橋亭

2017年06月18日 | 噺とか
落語ハンダ付けの第3回です。
第1回は白鳥師匠との会で、そちらに顔を出して本日が2回目。
開場15分ぐらい前について整理券は30番台。
あいにくの雨ながら多くの人がつめかけていました。

ひしもち「ブランド」
小ゑん「長い夜 改Ⅱ」
百 栄「リアクションの家元」
-仲入り-
百 栄「天使と悪魔」
小ゑん「恨みの碓氷峠」

・ひしもちさんの新作、普段の寄席なら聞けないでしょうね。
 偽ブランドの財布をつかまされてしまった男の話。 
 いや、これはコンパクトだけどいい感じ。
 ウケてました。

・「長い夜」、実際に聞いたのは初めて。
 なるほど、「ぐつぐつ」と似ていなくもないけど、
 いろんな人たちの描写が小ゑん師匠ならではで面白い。
 はまってしまいます。

・「リアクションの家元」は、あえて上方の言葉を使うことによって、
 その面白さが増幅しているのかなと。
 百栄師匠の芸の深さを知ることができたような。

・「天使と悪魔」は、噺家さんのプレッシャーを面白おかしく伝えています。
 ノンフィクション風ですが、実際にこういう感じなんだろうな。

・「恨みの碓氷峠」、いやー、タイトルは知っていましたが初めて聞きました。
 鉄道好きな私にしてみたらこれはすごいですよ。
 話の核になるところに寄席が出てくるのもすごい。

とにかく充実した3時間でした。笑いが止まらない。
これで明日が休みなら言うことないのに。

恐懼謹言。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/17(土)「第28回 僕のらく... | トップ | 6/24(土)夏越寄席@星川杉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL