恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

6/10(土)本門寺落語 春風亭一之輔独演会2017 夏の陣

2017年06月10日 | 噺とか
池上にある日蓮宗大本山・本門寺での落語会です。
朗峰会館なる立派なホールにパイプ椅子が敷き詰められ、
16時開演という中途半端な時間ながらも場内満員の中での落語会でした。
一之輔師匠は6月上席で末廣亭の夜のトリをとっており、
明日からは鈴本の昼席のトリを務めるという超多忙な生活。
んー、すごいなぁ。

朝 七「真田小僧」
一之輔「かぼちゃ屋」
-仲入り-
一之輔「夏泥」
一之輔「鰻の幇間」

マクラの部分の小出恵介ネタはかなり痛快でした。
映画パッチギとの関連がそんなことになっていようとは・・・。
いずれも夏らしいネタで楽しませてもらいました。
贔屓の芸人さんをたっぷり見られる独演会、やはりいいんですが、
椅子の感じとか場内の感じとか、やっぱり寄席のほうがいいなぁと感じてしまったり。

恐懼謹言。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/3(土)国立演芸場昼席 | トップ | 6/17(土)「第28回 僕のらく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

噺とか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL