恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

4/29(土祝)末廣亭 昼~夜席

2017年04月29日 | 噺とか
いよいよゴールデンウィーク突入。
4月下席の末廣亭は夜席に白酒師匠が出ているため、
一度は足を運ばねば、と思っておりました。
昼から昼夜通しでいようかとも思いましたが、
せっかくの天気だったので、午前中は春日部市の牛島の藤を見物。

戻ってきて新宿へ移動し、末廣亭の昼席の仲入りから。

【昼の部】
歌 奴「初天神」
ホームラン
馬 楽「ケチ総まくり」+踊り「深川」
歌 司「漫談」
仙三郎社中
小燕枝「らくだ」

【夜の部】
乃ゝ香「子ほめ」
志ん八「水族館」
ニックス
彩 大「定年ホスト」
左 龍「鈴ヶ森」
正 楽「藤の花・トランプ・戦国武将・浅田真央」
天どん「手足」
扇 好「浮世床(夢)」
世津子
小袁治「紀州」
南 喬「壺算」
-仲入り-
龍 玉「ぞろぞろ」
ホンキートンク
菊之丞「替り目」
歌之介「龍馬伝」
翁家社中
白 酒「火焔太鼓」

・白酒師匠「火焔太鼓」、この噺は何度も聞いていますが、
 やはり独自のくすぐりで格段に面白く聞かせてもらいました。
 たしかに北朝鮮は末廣亭をピンポイントで攻撃はしないですね。

・歌之介師匠、いつも通りながら亡き圓歌師匠も話題に入れる。
 「圓歌一門で使える名前がない→今なら圓歌を継げるのに。」は、
 面白いながら悲哀を感じてしまいます。

・彩大師匠、久しぶりでしたが新作がさえますね。
 小朝師匠は楽屋で出されたお茶は飲まないというどうでもいい情報を入手。

・ニックスのお姉さんがプロレスの応援で声をからして声が出ない。
 こんなことあるんすね。

・小燕枝師匠は大ネタの「らくだ」。この噺は2回目かな。
 黒門亭で同日に小満ん師匠がネタ出ししていて気になっていたので得した気分。

恐懼謹言。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/26(水)浅草演芸ホール夜席 | トップ | 5/1(月)鈴本演芸場 GW特別... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

噺とか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL