恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

10/29(土) 池袋演芸場 三代目橘屋文蔵 襲名披露興行

2016年10月29日 | 噺とか
先月の鈴本に続いて2回目の三代目文蔵披露興行です。
末廣亭での「白鳥三題噺」にもう一度行こうかなとも思ったのですが、
腰に不安を感じて断念。
池袋での披露目も終わりに近づいているかな、ということで、いってきました。

かな文 「たらちね」
花ごめ 「桃太郎」
文 菊 「長短」
小 菊 「粋曲」
柳 朝 「お菊の皿」
扇 辰 「お血脈」
ホームラン 「漫才」
燕 路 「千早ふる」
一 朝 「看板の一」
 ─仲入り─
披 露 口 上
勝 丸 「太神楽」  
さん喬 「そば清」
藤兵衛 「のめる」
アサダ二世 「奇術」
文 蔵 「寝床」

・前座のかな文さん。うまくなったなーと。
 くすぐりも師匠譲りなんだろうなぁと思ってみてました。

・花ごめさん。んー。なんだかなー。

・ホームランの漫才。大須演芸場の思い出のやつ。
 例の常連氏がティーバッグに見立てたご祝儀を渡す。

・アサダ先生、昨晩猫に指を噛まれた(?)らしく、手に傷が。
 それでも何とかやってのける。

・文蔵師匠は「寝床」でした。匍匐前進の熱演を披露。
 楽しませてもらいました。
 なお、演じる前に撮影タイムあり。
 扇兵衛さん目立ちすぎですね。
 円楽党からも愛楽師匠が駆けつけて華やかな一幕でした。

さて、来月は鈴本と浅草に顔を出してみようと思います。

恐懼謹言。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/27(木) 末廣亭 三遊亭... | トップ | 11/3(木祝) 浅草演芸ホール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

噺とか」カテゴリの最新記事