十字架

超常現象をショートショートで楽しむ科学

イエスの誕生3

2017-07-12 15:43:40 | 日記
    頭は鉛の様に重かった。。
「悪魔は死ね」とまた声が響いた。。
部屋の真ん中にイエスは腰を下ろした。。
タバコに火をつけ一本すい終わると、
イエスは口を動かした。
「イエス」
その時の声は男性の声だった。。
「イエス、アイ、アム」
さっきまで女性だった人物から不釣り合いな男の声
その男の声の女の周りには、小さな光の粒が円を描いて回っていた。
魂なのだろうか?、
イエスはポケットに手を入れ、何かを取り出した。
手の上には小さな白い骨が乗っかっていた。。。。。
「これを見ろ」と叫び
手を前に突き出した。。
誰もいない部屋の中でイエスはその骨を口に入れた。。
ザラザラと音を立てて骨は口の中から消えた。。
イエスは自分がイエスだと思い出さないまま。。
イエスを失った。。。。
イエスは怖かったのである。
普通の人生に普通の生活。。。
「悪魔は死ね」と言う異常な声が恐ろしかったのである。
母の大切な骨を一かけらロケットに入れて大切にしょうと思っていたが。
恐ろしさに勝つ為に咄嗟に思いついたのである。。。。
イエスはイエスを失ったのだ。。。。。
しかし地球の西暦は1990年を迎えていた。。。。。
地球はイエスを失ったのである。
これがイエスの誕生なのである。。。。。
「僕はまだ生まれていない」
イエスは一人部屋で立ち上がり。つぶやいた。。。。
意味不明





ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イエスの誕生2 | トップ | イエスの誕生4 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。