十字架

超常現象をショートショートで楽しむ科学

ゼウスは死なないのか

2017-06-30 00:35:11 | 日記
   生物学的上ゼウスは生まれていないから死なない。
死なない生物は存在しない。
存在できないのです、科学的生命体であろうか。
生命はあるのに?、「そうコップが在るのに水が入っていないみたいな事」
宇宙は無から始まった。無が前提で理なのです。しかし現代において無は死ではないのです。
死は科学で生命は科学 死は光で生命は光である

未だ恐竜時代ゼウスは存在出来た。宇宙には無があり理である。
ゼウスは宇宙と共に生き死にを繰り返していただろう。
恐竜もゼウスと同じ様に死んで無となっていた。
死んだとき。自発が起きて液化現象により霧となってこの世から消えただろう。
掘り出される恐竜の骨は氷河期によって残っているのだろう。
動物や人間の様に腐って消えるのではなく。霧の様に消えて無になるのである
それが死であった。ゼウスもこの時代同じ様に生き死にを繰り返して居たのだろう。
しかし新生物が誕生した。
クラゲであるクラゲは恐竜の生命が科学と結びついて生まれた新生物だったのです。
この頃人間の始まりも誕生したのです。
恐竜時代に無から始まった生命が宇宙科学と融合し肉体を手に入れ(卵と言う形です)
そして死を迎えて無へ帰っていたのです。
しかし2度目の氷河期の時。再び恐竜が生まれましたが。
無から誕生した生命は科学との融合で卵になるのではなく、
それは融合ではなく科学反応であり、クラゲでした。。
クラゲとして海に誕生したのです。前代みもんでした。
融合ではなく。形成でした。命がそのままの形に誕生したので。
卵と言う肉体形成はれさなかったのです
恐竜の絶滅は確定しました。
ゼウスもクラゲになってしまったのでしょうか?
無が死であった時代は終わり。科学と光が死である時代を築いたのです。
死は無になるのではなく。腐って残る時代となったのです。
そして哺乳類は発達した。。人も発達した。
しかしゼウスもクラゲになってしまったのだろうか。
ゼウスは無にとどまった。ゼウスは2回目の氷河期から未だ復活していないので。。。
「私復活しないので。。。」失敗しないので。。。。ゼウスより
ゼウス時代。。無が生命で死が無であった。創成期
クラゲ時代。。科学が生命で死が科学の時代を今歩き続けている。
そしてこの間創世記が終わり。現代宇宙誕生を終えたのである。
無化学生命時代のゼウスは生きていても。存在できないのである。
クラゲに成らずとも。。。存在できないゼウス
宇宙誕生創世記が今月終わり。宇宙誕生の時間と言う科学無も無として消えて行く事になる。
時間は時間が解決すると言う原理である。
ゼウスは無と言う時間から飛び出さないと消滅してしまう。
生命はコップの様なもので。科学反応によって。クラゲに成る。
もう時間が無い。。クラゲに成るしかないのか。。。ゼウス。。。完
「私失敗しないので」ゼウスより。。。。。。
無は無造作にかたくなに消えて行く。無なのだから






ジャンル:
超常現象
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼウスの出現 | トップ | 解明 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログを拝見しました (つねさん)
2017-07-03 14:32:50
こんにちは。
ブログを拝見させて頂きました。
素敵なブログですね。これからも運営頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
あなたがブログで発表している作品や、日々の出来事や思いを雑誌に掲載してみませんか?

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらリンク先のホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
失礼致しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。