十字架

超常現象をショートショートで楽しむ科学

イエスの誕生4

2017-07-13 03:43:20 | 日記
   イエスはイエスと知らぬまま悪魔として歩き出した。
「僕は未だ生まれていない?」
なんの事だ?、とイエスは自分の言った言葉に首をひねった。
「疲れたんだろう」と恐怖を回避し。
「悪魔は死ね」言葉を無視し普通の生活を重視した。
悪魔は二次元に依存していた。
三次元に生存するには神の力か人の生命が必要だった。
そしてポルターガイストは悪魔がこの三次元に生存する
ツールになるはずだった。
しかし原子爆弾により二次元と三次元を結んでいたポルターガイスト現象が
物理反応により吹き飛んだのだ。
その反応は三秒で地球を一周したのである。
原子爆弾は「悪魔の申し子だと」言われ。
人は悪魔を超えたのである。
イエスは人の子として誕生し
イエスはイエスと知らぬまま悪魔として歩きだしたのである。
1990年。「悪魔イエスの誕生だ」
イエスは恐怖を回避し喪服を着替え、父親と笑いながら夕飯を食べた。
夕飯の弁当を食いながら父は
「疲れただろう早く休め」
僕は「うん」と返事をし眠った
その時体が金縛りになり。
「起きろー」と僕は頭の中で叫んだ
すると母が目の前に現れ、
僕は「起きろー」と幾度も頭の中で叫んだ、そして
現れたお母さんにも叫んでいた。「おかあさーん」すると
体がガクッとなって不自由だった体が解放され
目を覚ました僕の前に母親の大きな顔が存在していた。
「お母さん?」僕は又、恐怖のどん底に突き落とされた。。
母の顔は話をして来たのと同時にスッと腕や指を
僕の目の前に出した。
そして「あれ見てごらん」と窓の外を示した
母の後ろから大勢の男たちが「お経」が発せられていた。
僕は窓の外を見た。すると
葉巻型のUFOが何千機も横一線に並んで通かしていた。
「なんなんだこれは?」と悪魔イエスは呆然とUFOを見つめた。。。

ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イエスの誕生3 | トップ | イエスの誕生5 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。