趣味のプログラミング

javaやmysqlを使って自分のサイトを作ってます。一度見て下さい。http://www.kaoda.msn.to/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Tomcat5.5に自作のwebアプリを置く

2008-03-21 16:44:03 | Weblog
OSはubuntu7.10
まず/usr/share/tomcat5.5-webapps/にwebアプリディレクトリHogeを作り、さらに
同じ名前(Hoge)でHoge.xmlを/usr/share/tomcat5.5-webapps/に置く。
Hoge.xmlの中身は

<Context path="/Hoge" docBase="/usr/share/tomcat5.5-webapps/Hoge" debug="0" privileged="true" allowLinking="true">
</Context>

さらに、/etc/tomcat5.5/Catalina/localhost/に/usr/share/tomcat5.5-webapps/Hoge.xmlへのシンボリックファイルkaoda.xmlを
置く。さらに/etc/apache2/apache2.confに
<Location /Hoge>
ProxyPass ajp://localhost:8009/Hoge
Order allow,deny
Allow from All
</Location>
を付け加える。
以上で(URL)http://localhost/Hoge/hogehoge.jspと入れればHogeに作った
自作のjspが表示される。
コメント (29)   トラックバック (180)
この記事をはてなブックマークに追加

apache2とtomcat5.5との連携

2008-03-21 09:02:44 | Weblog
OSはubuntu7.10
tomcat5.5とapache2はsynapticでインストール
/etc/apache2/apache2.confに
<Location /jsp-examples>
ProxyPass ajp://localhost:8009/jsp-examples
Order allow,deny
Allow from All
</Location>
を追加。ここで注意することは、tomcat5.5単独で使う場合defaultでは8180ポートが
使われているが、apache2と連携させる場合には8009ポートを使う必要がある。
その理由はtomcat5.5の設定ファイルであるserver.xmlに
<Connector port="8009" enableLookups="false" redirectPort="8443" Protocol="AJP/1.3"/>
とあるように、tomcatがサーブレットコンテナとして働くときは、8009ポートで
apacheからjspやservletの要求を受けると書いてある。
あとはこの連携のために、proxy_ajpモジュールが必要となるので
端末から
$ a2enmod proxy_ajpといれて導入しておく。
あとはURLにhttp://localhost/jsp-examplesと入れればjsp-examplesのトップページ
が表示される。
コメント (142)
この記事をはてなブックマークに追加

ubuntuに導入したapache2でcgi

2008-03-14 10:44:48 | Weblog
ユーザーのホームページスペース(/home/hoge/public_html/)下に
cgiディレクトリを置いた。次に/etc/apache2/mods-available/にある
設定ファイルuserdir.confの最後のタグ</IfModule>のすぐ上に
<Directory /home/hoge/public_html/cgi>
Options +ExecCGI …CGIの実行を許可
AddHandler cgi-script .cgi .pl …cgiファイルの拡張子の設定
</Directory>
と追記して、
# sudo /etc/init.d/apache2 force-reload
で読み込ませればOK.
URLにhttp://localhost/~hoge/cgi/hogehoge.cgi?hogeとか入れれば実行できる。
コメント (2)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ubuntuでapache2

2008-03-09 20:16:08 | Weblog
ubuntuにapache2をインストールするのはsynapticを利用すれば簡単。
設定ファイルは/etc/apache2に、
apache2ctlは/usr/sbin/に
エラーログは/val/log/apache2/に
htmlファイルは/val/www/に
cgiは/usr/lib/cgi-binに置くようになっている。
とにかく最低限のことを確認しようと考えて、
/val/www/にindex.htmlを/usr/lib/cgi-bin/にcgiファイルを置くと
設定ファイルのどこを触らなくても、表示できた。
ホームディレクトリに置いたpublic_html内のhtmlファイルを表示するには
userdirというモジュールをロードしておく必要がある。
userdirをはじめとしてapache2にモジュールを組み込むためには
#sudo a2enmodとコマンドを打つと、モジュール名を聞いてくるのでuserdirと
入力して、あとは
#/etc/init.d/apache2 force-reloadと打ってapache2に設定を読み込ませれば良い。
URLにhttp://localhost/~kaoda/と入力すれば、(kaodaはユーザー名)
ホームディレクトリに置いたpublic_html内のhtmlファイルが表示される。
モジュールを外すときは
#sudo a2dismodとコマンドすればよい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見に来たコンピューター生物実験室?

2008-03-03 22:12:19 | Weblog
コンピューター実験室の内部を少し紹介します。
(1)次の図1は短期記憶力を調べるゲームです。

(2)次の図2は鏡に映った手を見ながら線を描くテストのシミュレーションです。
images
(3)次の図3は片目で見たときに気づくマリオネットの点(盲点)を調べるてすとです。

(4)次の図4は高校生も生物で習ったメンデルの遺伝の法則を画面上で学習できます。

images

(1)から(4)以外にもjavaで作ったゲームや生物の話題を色々掲載してます。































ファイルを選択
タイトルを入力
1.<input name="userfile[0]" size="30" type="file"> <input name="raw_title[0]" size="30" value="" type="text">


<input name="submit" value="アップロード" type="submit">

画像一覧:全4枚(使用容量0.06MB/3000MB)

※画像をクリックすると拡大表示されます。



メンデルの法
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンピューター生物実験室のURL

2008-03-03 14:24:36 | Weblog
自分のサイトのURLを載せるのを忘れてました。http://www.kaoda.msn.to/です。ついでに家内の実家が経営している旅館のことも紹介しておきます。奈良県生駒市の生駒山の中腹にある旅館です。旅館からの眺望や夜景はすばらしく、奈良の若草山や信貴山・二上山・金剛山までも見ることができます。聖天さんの名前で親しまれている宝山寺までも歩いて3分ほどでいけます。旅館のホームページのアドレスも載せておきますので、こちらもぜひ見てください。http://www015.upp.so-net.ne.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンピューター生物実験室

2008-03-03 14:02:03 | Weblog
レンタルサーバー上で、javaのjspやmysqlを駆使してサイトを作ってます。プログラミングを始めたのは、仕事上でaccessを使うようになってからですが、accessのVBAもおもしろいですが、幅を広げようと思ってjavaと取り組み始めて5年ぐらいになります。
アプレットでゲームを作ったりすることが多かったのですが、最近はmp3プレーヤーを作ってみました。任意のフォルダに置いたmp3の音楽ファイルのリストを表形式で表示し、1曲演奏や連続演奏にも対応できるようにしてみました。さらにmysqlデータベースサーバーとプレーヤーとが連携できるようになれば良いと思い、改良を続けてます。
linuxにも興味があり、やはり今はubuntuが便利でよく使ってますが、suseも画面がきれいだし、debianも頑固で玄人好みのところも捨てがたいしと、いろいろ目移りしてます。javaやlinuxに興味のある人連絡待ってます。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加