赤羽じゅんこの三日坊主日記

絵本と童話の本棚
日々のあれこれと、読んだ本のことなど書いていきます。

武藤順子先生

2017-06-13 21:03:38 | その他
今日は季節が逆戻りしたような肌寒さでした。

国分寺で長く手作り絵本をおしえている武藤順子先生がお手紙をくれました。
今度、新潟の柏崎で絵本展をされるそうです。それから、グルグルハウス高柳というところでも絵本の部屋を開設し、そこで武藤先生とお仲間の作品を展示をされるとか。
 

武藤順子先生のお年を考えると、この展覧会をするエネルギーはすごい。だって、自分で作品を搬送して飾り付けをし、展覧会の様子を見に、新潟にかよっていらっしゃるのですから。
ほんと、お元気なんです。電車でもすわったことがないとか。わたしとはえらい違いです。

新潟の過疎にむかう地域の町おこしの意味もあるそうで、とても喜ばれ大事にされているそうです。そういうところ、地方のあたたかみがある所ですよね。

絵本展を見に行って、のんびり温泉につかりたいと思いながらも、なかなかできません。
武藤順子さんは、児文協の会員なのでせめて会報にとも思いましたが、タイミングがあわず、掲載できませんでした。なので、わたしのブログでお知らせしました。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六月は白い花 | トップ | リリフランキー太宰を読む »
最近の画像もっと見る

あわせて読む