コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7/17神戸のイベントに出展します!

新作の販売も致します!お近くの方は是非!21番ブースです。

ニューオーダーチョッパーショウ2011 よろしくおねがいします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

INTO THE MILD 44

 雨の多い屋久島には珍しく 雨に悩まされずに御大 屋久杉様へのアタックの時が来ました!片道5時間の登山ツアーは6人でのパーティー。まだ暗い早朝から出発して線路をひたすら歩きます~丁度 シーズンオフの狙い目な時期に来た様で、混んでる時期には酷い行列で進まない!と聞いて ラッキー。ナイスなガイドさんは 他のツアーさんとも近くならない様にゆったりと堪能させてくれるのです。時代は山ガール?一緒に登った娘たちは正に そんな女子会旅の様子。
 ひたすら ひたすら~の、すたこら すたこら~と行くと、名のある大木を辿ります。気に入ったのは「ウィルソン株」と呼ばれる 巨大な切り株~空洞の根の中に入れる名所!まるで懐かしの「こえだちゃんのお家」小人になった気分で一泊していきたい雰囲気で いい気分です。そしてそして 最後の大ボス 屋久杉様が~デカイ!ハンパない巨大さで、写真で表せないカリスマ性をビシビシに感じました!あっちもこっちもシワシワの顔だらけでTikiのおばけ!拝みたくなる気持ちを通り過ぎて 謝りたくなります!どんな調子に乗ってる奴~下らない虚栄心に任せ 金も名声も 手に入れてあっても、これだけ自分で歩かなければ屋久杉様には会えない公平さ!ちっぽけな人間を再確認できて大満足。
 けどね、階段や眺める展望台で厳重に整備されていて 触れ合う事は出来なかったんだ。それ程の神秘性なんやろうけど 観光地としての整備や快適さと 本来の魅力とのバランスの難しさを考えさせられた帰り道、再び「ウィルソン様」で休憩すると、ココが一番いいねぇ~!と夫婦で意見は一致しました。前日に 誰も居ない湿原を走り回る 自由で冒険感たっぷりに迷いまくった遊びの余韻もあって、二人だけで正直な感想を打ち明け合いました。杉の名前「びびんこすぎ」を「 ヴィヴィン・コスギ」って連呼してはしゃいだりね。
 それにしても 宿で用意してくれた おにぎり弁当の 美味しさ!誰もが こんな時に感じられる 楽しみの一つやけど あの美味しい感動は 未だに忘れられない味で、舌に焼き付いてるんやで!慎ましいシンプルな弁当の偉大さと 巨大な自然の神秘の偉大さが ごちゃ混ぜになって、何もかもが素晴らしい!って なるんや。感謝だらけ。歩けるって素晴らしい!水って美味くて素晴らしい!トイレって、布団って、あれも、これも、そして もちろん ポーやんって素晴らしい!「うーん 結婚して!」「もうしてるやん」と、おれのしつこい冗談にも付き合ってくれるのです。
 「なぜって とってもはなばたけ~」かれこれ30年程 正体が解らないまま口ずさんでいる童謡の一部分~を唄い しあわせをきゃみしめます。 つづく~





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ターボ日記

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ターボ日記

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ターボ日記

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ターボ日記

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ターボ日記

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )