Jahkingのエサ箱猟盤日記

日々これ猟盤 エサ箱漁りの毎日....。

Chantal Goya 1964 - 1967

2017年06月18日 | 50's 60's Oldies
1,Feminine:The Complete '60s Recordings/Chantal Goya (RPM) 1CD 1,110円
一般的に60年代のフレンチ・ガール・ポップスと云えばシルヴィ・バルタン、フランス・ギャルそしてフランソワーズ・アルディなのでしょう、が、私はと云えば一番惹かれるがこのシャンタル・ゴヤ。"乙女の涙" "乙女の願い"を筆頭にそのどこか懐かしい哀愁楽曲に鼻にかかった甘い歌声、ゾッコンです。
60年代の録音はこのCDに収められた5枚の4曲入りEPの20曲のみ。先の3人とは比べ物にならない少なさですが、その全曲が光り輝いています。

とか云いつつもシャンタル・ゴヤの魅力に取りつかれたのはそう昔のことではなくてフランスのMagicレーベルが1998年に出していたCD「Complete 60's」を聴いて以来のこと。
今回買ったCDは2013年にCherry Red傘下のRPMがだしたもので収録曲はMagic盤と同じ(60年代録音はこの20曲しかないわけで)。写真満載のブックレットに引かれつい手が出ました。先のMagic盤が1964年から1967年までの楽曲を録音順に並べたものでしたが、こちらのRPM盤は順不同、ですが1曲毎にリリース年とオリジナル・シングル/EPの表記あり。先のMagic盤に聴き馴染んだ耳には新鮮に聴こえる曲順でした。

因みに70年代に入ってからは多数のLPを出しています、勇んで何枚か入手しましたがいかんせん子供向けのレコードで「ふーむ」とため息。

1. LAISSE-MOI (男性・女性)
2. J'AI LE COEUR EN JOIE, J'AI LE COEUR ENPEINE
3. SI TU GAGNES AU FLIPPER (恋のピンボール)
4. COMMENT LE REVOIR (乙女の願い)
5. C'EST BIEN BERNARD(ベルナールは人気者)
6. TU M'AS TROP MENTI
7. D'ABORD DIS-MOI TON NOM
8. TANT DE JOIES
9. SOIS GENTIL
10. IL COURT LES FILLES
11. PENSE PAS TROP
12. UNE ECHARPE, UNE ROSE (乙女の涙)
13. A LA SORTIE DE MA CLASSE
14. OH RACONTE-MOI
15. DANS LA NUIT
16. CE SOIR, ON DANSE
17. LA FLAMME ET LE FEU
18. LA PLUIE DU CIEL
19. MA PREMIERE TENDRESSE
20. MON ANGE GARDIEN (わたしのエンジェル)


goya


goya



乙女の涙/シャンタル・ゴヤ(Une échape, une rose - Chantal Goya) 1965



乙女の願いChantal Goya Comment Le Revoir



笑って泣いて Chantal Goya - J'ai Le Cœur En Joie, J'ai Le Cœur En Peine (1967)



めぐみの雨Chantal Goya -- La pluie du ciel



ベルナールは人気者 Chantal Goya - C’est bien Bernard



名前を教えて 乙女の願い やさしくね
Chantal Goya - Masculin Féminin Soundtrack



『男性・女性』Masculin, féminin - Trailer, Jean-Luc Godard 1966



『男性・女性』masculin féminin clip 1966
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Juan De La Cruz | トップ | 傘をもらった! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (uni)
2017-06-19 08:33:08
アンニュイでしょうか?
可愛いですね
お世辞にも歌がうまいとは言え無いですが
いい雰囲気ですね。
Re:Goya (jahking)
2017-06-19 09:57:58
そうなのです、この歌声にこの楽曲、そして清楚な容姿、参っております。
シャンタル・ゴヤ (t-izu)
2017-06-22 06:36:11
この東洋の血が混じったエクゾティックな美少女のことが心に刻まれたのがいつのことか、管理人氏同様そんなに古いことではないはずなのに思い出せません。ゴダール関連としてだったか、否フランス盤EPのポートレートに一目惚れしたのが正解かも。今も昔もミーハー(死後?)な私です。
70年代に入って夫君主導で吹き込まれた子供向けの歌の数々は、これまた管理人氏に同じく「フーム」でした。
Re:シャンタル・ゴヤ (Jahking@管理人)
2017-06-22 08:12:24
正当美人のフランス・ギャル、 ちょっと高慢ちきっぽいところが魅力なフランソワーズ・アルディにも惹かれますが、やっぱりシャンタル・ゴヤ。私もミーハーそのものです。
で 勿論のことながら容姿のみならず歌声と楽曲の素晴らしさが拍車を掛けます。ゴヤ嬢のMagic盤は聴きました、もう何度も何度も、こんなに聴いたフレンチものって他にないほどに。

コメントを投稿

50's 60's Oldies」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL