Jahkingのエサ箱猟盤日記

日々これ猟盤 エサ箱漁りの毎日....。

The City - Chad & Jeremy

2017年05月18日 | 60's,70's Rock
1,Now That Everything's Been Said/The City (Ode/Light in the Attic) 1LP 1,500円
原盤はルー・アドラーがやっていたOdeですが、入手盤は2015年にLight in the Atticが再発したLPです。DUで新品がこんなお値段で出ていたので抱えてしまいました。
今更ですが、キャロル・キング、ダニー・コーチマー、チャールズ・ラーキーの3人が組んだザ・シティが1968年に作った唯一作。

最初に入手したのが70年代の後半だったか、モノクロジャケットのリプロ盤。そして1990年前後だったかソニーからのCD。その時の邦題は「夢語り」。思えばオリジナル通りのカラージャケットのLPは初入手。

本当に久しぶりに聴きましたが、まるで色褪せないサウンド。しかし、ザ・シティってバンド名、今思えば付けも付けたりって感じですね。
Side A
A1 Snow Queen
A2 I Wasn't Born To Follow
A3 Now That Everything's Be Said
A4 Paradise Alley
A5 Man Without A Dream
A6 Victim Of Circumstance
Side B
B1 Why Are You Leaving
B2 Lady
B3 My Sweet Home
B4 I Don't Believe It
B5 That Old Sweet Roll (Hi-De-Ho)
B6 All My Time



The City (Carole King) – “Snow Queen” (Ode) 1968


The City (Carole King): Paradise Alley



The City (Carole King): Why are you leaving











2,5+10=15 Chad & Jeremy Fabulous Hits (Fidu) 1LP 108円
チャド&ジェレミーの初期、1964-65年にWorld Artists Recordsに残された2枚のアルバムから15曲をピックアップしたFiduレーベルからの1966年にリリースされたアルバム。このFiduなるレーベルが何とも不明で調べてもこのC&Jのレコード以外は出していないよう。
World Artist時代というと"Yesterday's Gone"と"A Summer Song"というヒットがあるのですが、何故かその2曲は未収録。で、音質もあんまし。
そんなレコードですが、何故か今でも結構見かける一枚ですね。

Side A
1 My Colring Book
2 What Do You Want With Me
3 From A Window
4 If You Got A Heart
5 No Other Baby
6 Donna Donna
7 Girl From Ipanema
8 Four Strong Winds
Side B
1 Only Hope In Love
2 You Know What
3 Sleep Little Boy
4 My How The Time Goes By
5 It Was A Very Good Year
6 Nearness Of You
7 If I Loved You


C&J



Chad & Jeremy - My colouring book



Chad & Jeremy - Four strong winds
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会学入門 | トップ | 60's Guitar Instrumental Co... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しみへん)
2017-05-19 07:41:44
snow qweenの分数コードの響きが堪りません。

キャロルキング聴くたびに「キャロルキング嫌いな人って居ないんじゃないの?」って思ってしまいます。バリバリのマニアからそんなに音楽に興味ない人でも受け入れられるんじゃないかと思います。
Re:The City (Jahking@管理人)
2017-05-19 08:36:58
分数コードが如何なるものなのか今一つわかりませんが、気持ちの良いサウンドですね、これが68年に録音されたって.....やはり只者じゃないですね、この人たち。サポートのジム・ゴードンのドラムスも素晴らしいです。

キャロル・キング、ポップミュージックの太陽みたいな人ですね!
Unknown (uni)
2017-05-19 09:22:05
この頃ドラムが誰?って一番興味がありました。
最近ウオーキングでフーの初期を聞いていますが
キースムーンやかましい(苦笑)
Re:Unknown (jahking)
2017-05-19 13:40:12
その頃からドラムスが気になるとは流石です。
うるささで云うとボーナムも双璧?
でもスタイルが違いますか。
The City (t-izu)
2017-05-19 18:14:43
「つづれ織り」に夢中だったガキの頃、シュワンのカタログにCityのode盤が記載されているのを発見して、当時住んでいた街にあったヤマハへ注文、待つこと三ヶ月「既に廃盤です」とのつれない返答。いやぁ、ガッカリしましたね。当時の無念が今また甦ってきました(苦笑)。
その後モノクロ・ジャケのリプロ盤からCDという流れは管理人氏同様ですね。
そういえば、このリプロ盤が出回った頃、仲間内で話題になると、所有盤はカラー、白黒って訊く人が必ずいたものです。
Re:The City (Jahking@管理人)
2017-05-19 19:45:24
シュワンのカタログですか、いやぁ懐かしいですねぇ。私が初めて入手したのもその頃だったと思います、クラシックが大半を占めていて大いに不満だったのですが持っていた数冊はボロボロになるまで見ていたのを覚えています。

>モノクロ・ジャケのリプロ盤からCDという流れ
あの頃から聴いている人はフツーこのパターンですよね、オリジはほとんど見たことが無かったし日本盤もLPは出なかったような。

何度か2,000円~3,000円程度でカラー・ジャケに遭遇したことはあるのですが、多分リプロだよって云われて買わなかった記憶も。オリジをまともに見たことのない者には区別がつかないほどのカラー・ジャケのリプロも出回っていたようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL