Jahkingのエサ箱猟盤日記

日々これ猟盤 エサ箱漁りの毎日....。

100円盤 LP Part-3

2011年09月29日 | 60's,70's Rock
1,The Early Years:with The Alan Bown/Robert Palmer (C5) 1LP 100円
ロバート・パーマーの人気にかこつけて(?)、そのキャリアの最初期にあたるアラン・ボウン在籍時の音源をパーマーをメインに意匠を変えてリリースされたもの。
中身は、69年にUKデラムからリリースされたアラン・ボウンのアルバム「The Alan Bown!」の10曲に69年のシングル曲を2枚加えたもの。
Alan Bown
Alan Bown(tp,fl-hrn,per)
Robert Palmer(vo,per)
Tony Catchpole(g,vo)
Jeff Bannister(p,org,vo)
John Anthony(sax,rcdr,clnt)
Stan Haldane(b)
Vic Sweeney(ds,per,vo)
John Hemmings(tb)
リーダーのアラン・ボウンはトランペット奏者、他にもホーン奏者がいるのでギンギンの所謂ジャズ/ブラス・ロックになるかと思えばそうでもなくて、時にはノーザン・ソウルっぽくもなるR&Bからポップなサイケっぽいものも。
因みにロバート・パーマーの前任シンガーはジェス・ローデンでした。






2,Heaven Help The Fool/Bob Weir (Arista) 1LP 100円
72年の「Ace」に次ぐ78年のソロ2作目。Deadファミリーは不参加でDavid Paich、Mike Porcaro、David Foster、Tom Scott、Bill Champlin等が参加し、そんなメンツ通りの当時で云えば最先端の流行サウンドの味付けが。

Bob Weir






3,War War War/Country Joe McDonald (Vanguard) 1LP 100円
イギリスの詩人/作家Robert William Serviceの詩にジョー・マクドナルドが曲をつけて弾き語りをした、ジャケットからして強烈な71年の反戦アルバム。

Country Joe

Jean Desprez








4,Sweet and Dandy/Dick St.Nicklaus (Epic) 1LP 100円
ファーストの「Magic」がバカあたりしたディック・セント・ニクラウス、80年のセカンド・アルバムです。当時はまったくダメだったこの手の音、が、今、1曲目"Bye Bye Baby"を聴けば懐かしさでもう何も云えない.......。ダメだダメだといいつつもどこかで散々耳にしていたわけです。

Dick

Dick St. Nicklaus - Bye Bye Baby (1980)


DICK ST.NICKLAUS OSAKA MOON


Dick St. Nicklaus - Love, Love, Love
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100円盤 LP Part-2 | トップ | 100円盤 LP Part-4 (Soul編そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL