ポトマック自然観察日記

アメリカ東部の自然紹介をきかっけに、日本や世界の自然観察を共有。

那須塩原オオタカの森 Hawk's Forest, Nasushiobara, May 20, 2017

2017年07月17日 | 日記
この日は、あるNPO法人主催のイベント「オオタカの森を歩く」に参加しました。参加者は車を連ねて那須塩原市内の山奥の森に移動です。そしてこの場所に車を停め、ウォッチング開始。



参加者が車を降り準備をしていると、車の先にある松の木に「何かいるよ」と早速参加者の一人が見つけます。私が見ると、全く何も見えない。でも、良く目を凝らしズームインしてみると、何と!





フクロウ(Ural Owl)のヒナ!!私が国内でフクロウを見るのは、17年前(?)の八ヶ岳以来。とっても可愛いものです。時々首を動かすだけで、その場にじっとしています。近くに親鳥がきっと居るだろうと周囲を更に見てみると、今度は別のヒナが!しかも、枝に腹ばいの何とも形容しがたい可愛さ。



もう既にこの観察会は、活動開始以前から興奮状態。何というオープニングでしょう。オオタカ(Northern Goshawk)のことなど話題にもなりません。

さて、ようやく森に入ります。



進んでいくと小さな沢があり、そこでウォッチング。

ニホンアカガエル(Japanese Brown Frog)


ニホンアマガエル(Japanese Tree Frog)


そして、何かの粘菌類??


オオタカは見られず、また期待したサンコウチョウは遠くに声を聞いただけでしたが、駐車場に戻ってくると、あのヒナ2匹がその場のままで我々を待っていてくれました。初めて人間を見たかのようですね。



昨年の同じ観察会でもフクロウのヒナが見られたそうです。こうした森が身近にあるのだと思うだけで幸せに感じました。

翌日、那須岳方面の標高の高い所を歩きました。

キビタキ(Narcissus Flycatcher)が居ましたねえ。


この日の目当てだったシロヤシオ(ゴヨウツツジ)。


八幡ツツジ群落のヤマツツジが満開でした。


幾種類かあるツツジは、微妙に時期を変えて咲き続けます。花暦を参考に、それぞれの種類を楽しみたいものです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃木・奥塩原 Oku-shiobara,... | トップ | 三宅島①大路池 Miyake Islan... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。