主の平和 

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ご降誕の主の喜びがいつも私たちと共に

2018年01月09日 | 日記

クリスマスと新年に渡って 各特別行事、そして家族の用事などが終わって
「祭り」の後の空虚感に浸っておられる方もおられるかもしれない。
一方で、それぞれ 学校や仕事を再開され、「通常の生活」にもどって安堵している方もおられるかもしれません。

以下のサイトは、旧友であり、チャプレンをされている高橋司祭のメッセージの一部です。

確かに現代社会は益々もってスピーディーで、目まぐるしくなってきました。情報は氾濫し、ゆっくり吟味などしていられないという声も聞こえます。ちなみに、「歩」という漢字は、「止まる」と「少し」が上下に並んで出来上がっています。堅実な歩み、中身を伴う歩みには、少し止まることが必要なのかも知れません。しかし、一方で、「世の中、立ち止まったら負けだ」「世の中、立ち止まれるほど甘くない」という声もあります。けれども、「たまには立ち止まっても大丈夫」と教えることも必要なのではと思わせられます。


忙しいけれど、 ちょっと立ち止まること、大切だなあと思います。以下は全文がのっているサイトです。

香蘭女学校のチャプレンコーナーはここをクリック

*****************

2018年1月発行の日本語英国教会のニュースレターから

教会暦といわれている暦(こよみ)があることは、今までも折々に伝え、すでにご存じの方々がおられて、重複しますが、大切なことなので、再度ご紹介します。

 *** 1月1日は、「主イエス命名の日」です。ちなみに Book of Common Prayer (祈祷書)では「The Circumcision of Christ」でしたが、2000年以降から使われている祈祷書Common Worshipでは、「The Naming and Circumcision of Jesus Christ」と呼ばれています。ルカによる福音書 2章21節 「八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは胎内に宿る前に天使から示された名である。」
 *** 1月6日 顕現日 Epiphany マタイによる福音書2:1-12に記されたように星の導きによって占星術の学者たちが幼子イエスを拝みにきたことを記念する日です。それぞれの学者たちがもってきたもの、黄金gold(王権の象徴)乳香frankincense(神性の象徴)没薬myrrh(将来の受難である死の象徴)

通常、クリスマスツリーやデコレーションは、イエス様の誕生を祝う12月25日を過ぎて、1月6日顕現日まで飾ります。飾りを片付けてしまって、クリスマスの意味をすぐに忘れてしまうのは惜しいと思います。
2017年2月のニュースレターに寄稿された竹内謙太郎司祭のメッセージの中に、イエス様の誕生から復活までの期間に、「主イエス・キリストのご生涯をたどり、また、自分たちの生活や生き方がどれほど主イエス・キリストのみ言葉と教えに沿っているかを深く考えるのです。キリスト教会はその始めから、中心的な教えとして、いかに私たちが主イエス・キリストと共に生きていけるか、いかに主イエス・キリストの生き方を自分のものにしうるかを、学び実践するように導いてきました。」とあります。
教会のこよみを通して、イエス様の生涯の意味を再度心に留めながら、み言葉と教えに沿った歩みができますように

**************************

日本語英国教会のホームページはここをクリックしてください

日本語英国教会St Martin’s West Acton
1月21日(日曜日)
午後3時から 5時まで
夕の礼拝
司式:ジョンソン友紀
礼拝後 ティータイムと親睦会

場所:St. Martin’s,
Hale Gardens, LONDON W3 9SQ

皆様、お誘いあわせの上いらしてください。




St Stephen's Redditch




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス 日本語英国教会から

2017年12月28日 | 日記
Merry Christmas and a Happy New Year

12月17日(日曜日)は、私達にとっての初めてのクリスマスキャロル礼拝を行いました。
皆様のお祈りとご協力を得て、本当に喜びに満ちた礼拝となりましたこと、心から感謝しています。

礼拝後の親睦会では、有志の方々からの心の籠った持ち寄りを美味しくいただき、、思い出に残る、
とても楽しい時をもつことができました。 本当にありがとうございました。

ご参考までですがーー
私たちのキャロル礼拝では 時間の関係で 短縮しましたが、通常は Nine lessons and Carols -9つの日課として
聖書朗読がされ、聖歌が歌われる礼拝が行われています。聖書の箇所は、以下の通りです。

第一日課  創世記 3章8節から 19節      アダムがへびに誘惑されて エデンの園から追い出される
第二日課  創世記 22章 15節から18節    地上の諸国民はすべてが アブラハムの子孫によって祝福されることを神が約束する
第三日課 イザヤ書 9章2節、5節から6節 預言者が救世主がこの世にくることを予言する
第四日課 イザヤ書 11章1節から3節(最初の文のみ)4節(最初の文のみ)6節から9節  キリストによってもたらす平和が予知される
第五日課 ルカによる福音書 1章26節から35節、38節   天使ガブリエルがマリアにイエスの誕生の予告をする
第六日課 ルカによる福音書 2章1節、3節から7節 イエスの誕生
第七日課 ルカによる福音書 2章8節から16節 天使が羊飼いに現れ、イエスの誕生を告げる
第八日課 マタイによる福音書 2章1節から12節 占星術の学者たちが星に導かれ、イエスを訪ねる
第九日課 ヨハネによる福音書 1章1節から14節 イエスが人となってこの世に来られた偉大な謎を解き明かす

9つの日課の選択箇所は 多少教会によって異なりますが、基本的には、この礼拝によって、通常よく知られた新約聖書におけるイエスの誕生の物語だけでなく、
旧約聖書に示された神様と人との関わり、神様の約束そして預言者の言葉を読み返しながら、イエスの誕生にこめられた意味を心に留めて、
クリスマスー主のご生誕日を迎える 心の準備がされると言ってもいいと思います。

Nine lessons and Carolsは、1878年の書籍に記され、その後1880年クリスマスイブに 公式化されて、第九日課を取り入れた礼拝がされたようです。
King's College Cambridge での初めてのNine lessons and Carolsが始まったのは、1918年でした。
1928年から、1930年を除き、毎年クリスマスイブには、 King's College、Cambridgeにて行われる Nine lessons and Carols がラジオ番組 BBC4によって放送され続けています。

1930年代には、海外に向けても発信され始めました。第二次世界大戦中はチャペルのステンドグラスが破損されるのを避けて一時的に外され、また暖房がきかない中でも放送され続けました。

こうした努力によって、イエスの誕生の物語とイエスがもたらした真の光と希望が 暗き時代にある人々の心に伝えられたことは、感動です。



ご降誕の主によって与えられた喜びが いつも私達の心の中に ともしびとなって輝き続けるように祈っています。

今年も皆様のご支援とご協力を得て、共に祈り続けることができましたこと 改めて感謝しつつ、
来年も お互いに支え合い、主の導きを求めながら、主と共に歩むことができますよう

主に感謝



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス 礼拝のお知らせ

2017年12月12日 | 日記

今までは 仕事その他理由があって、12月に日本語のクリスマス礼拝をすることが
できませんでした。

今年 初めて日本語英国教会として 日英語の クリスマス礼拝を 企画しています。

イエスさまの 誕生の物語を 聖書から 6か所選んで 聖書朗読、
そして クリスマスキャロルを 7つ  選びました。

聖書を読んで 歌を歌うことを 交互にして 礼拝を行います。

ナレーションによって、子供たちによる 聖劇も します。

少しでも イエス様のご降誕の意味を 分かっていただき、喜びを分かち合いたいと
願っています。



日本語英国教会St Martin’s West Acton
クリスマス礼拝

日時:12月17日(日曜日) 午後3時から 5時まで   
場所: St. Martin’s, Hale Gardens, LONDON W3 9SQ

Let’s celebrate Jesus’ Birthday together
through prayer and songs in Japanese and English

礼拝後は 特別親睦会 ティータイム






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本語英国教会から 諸聖徒日 そして セントポール大聖堂

2017年11月16日 | 日記

ご報告があれこれ 遅れております。皆様お元気ですか。

以下は ニュースレターに記した 諸聖徒日

教会の暦上11月1日はAll Saint Day諸聖徒日ですので、子供達と共に「Saint」について学びました。St Martin’s教会内にはSaintが描かれた、とても美しいステンドグラスがあります。それぞれの聖徒にはそれぞれのシンボルも描かれています。アッシジの聖フランシスには、羊や鳥、聖セシリアには音符。聖マルチン(Saint Martin of Toursマルティヌスあるいはツールのマルチノは、物乞いに自分のマントを二つに裂いて与えたと言われていますので、マントの布が描かれています。Saintとは広義の解釈では、神様を信じて世を去った人で私達それぞれもSaintになり得るのです。工作では「聖マルチンは子供たちの友達、貧しい人々をまもる聖人」として覚えて紙のランターンを作りました。



11月14日
セントポール大聖堂でもCircle of Prayerとして、年間を通してロンドン教区にある教会と教会活動それぞれを順繰りに日々の礼拝の中で覚えて祈りが捧げられます。毎年一回美しいカードと共にお祈りが捧げられるお知らせが送られてきます。

セントポール大聖堂での週日礼拝は朝8時と12時半の聖餐式そして午後5時のEvensongがあり、有志の方々と共に参加しました。

大きな聖堂の中で、私たちが礼拝をしているSt.Martin's教会、そして牧師と聖職者たちの名前、そして私たちの集まりと私の名前が アナウンスされます。 
聖霊の働きを感じます。神様からの 励ましが与えられ、同時に Commissioned Lay Ministerとしての責任を強く感じながら、学びをさらに続けようと心に決めました。
また、黙祷の中で、私たちの集まりにつながっている人々の名前を一人一人挙げて 神様のみ守りを 祈りました。

下記は 毎年いただくカード -- サイン入りというのが、とても嬉しいです。単なる印刷に 人の手が加わっているのは、実感がよりわきますね。





11月の集まりは
11月19日(日曜日)
午後3時から 5時まで
夕の礼拝
ティータイム
場所:St. Martin’s,
Hale Gardens, LONDON W3 9SQ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

園田先生の追悼礼拝 10月8日

2017年10月09日 | 日記

主の平和


10月8日 の追悼礼拝には、キリスト教の各派の集いや英国日本人会やイーリングマムズから、あるいは個人的に
先生との出会いが与えられた方々と共に 120名あまりの方々が集まることができました。
実に 皆様に喜ばれ、素晴らしい礼拝ができたのは、本当に園田先生のお陰というしかありません。

準備中、先生の笑顔の写真を見ながら、先生、これでいいでしょうかと聞きながら、
まあーYukiさん そんなに心配しなくても 皆さんがお手伝いするから大丈夫と言う声が
聞こえそうで、先生の笑顔に励まされ、本当に喜びに満ちた奉仕をすることができたこと感謝しています。
やっぱり、エマオ途上でイエスに会った弟子たちの喜びを 思い浮かべます。
先生は見えないけれど、先生の言葉や教えが私たちの心のうちに生きている、
あるいは、先生の言葉や教えによって 私達が生きている= 生き生きとすることができるように
思えてなりません。


何とかできたのは、やっぱり 祈りの力でした。私だけの祈りだけでなく、皆様と共に祈ろうとした思い、
そして実際に祈って行ったことを通して、神様のみ力を感じることができたように思えます。

今回 園田先生の偉大な生涯に引き寄せられ、先生の教えや願いを受け継いだ私たちが
神様の導きを求め、み心にそった歩みができますよう 共に祈り続けたいと思っています。

来週10月15日午後3時から 日本語英国教会の定例の集まりをします。
子供達と学ぶセッションの後、夕べの祈り、ティータイムをいたします。

主の慈しみ深い愛と慰めが与えられますよう
Yuki



10月4日 葬儀の後 先生に捧げらた花束と写真

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

園田邦夫牧師の追悼礼拝 

2017年09月26日 | 日記

主の平和

日本語英国教会の集まりだけでなく、宗派を超えて、各日本語礼拝そして
日本人コミュニティの為に 尽力された 園田先生が主に召されたことは
過日お知らせしました。

追悼礼拝の準備をしていますが、様々な方面から 先生をご存じであった方々、
相談をたくさん聞いてくれた、コンピューターを直してくれたなどなど、
多くの方々からのメッセージをいただいています。ロンドンばかりではなく、
以前ロンドンに住んでいた方々で今は日本やイタリアなどに住んでいる方々からの
メッセージもいただいています。

追悼礼拝の当日参加できない方々の気持ちもしっかりと心のうちにとめて
祈りたいと願っています。すべて 主のみ心のままになりますよう
主の慈しみ深い愛と 慰めが与えられますよう

主に感謝
Yuki



*****************

長年 ロンドンにおける日本人コミュニティの為に 尽力を
注がれた園田先生の追悼礼拝は 以下のように行われます。
皆様の礼拝と重なる時間ではありますが、共に集い、
先生の信仰に満ちた生涯を 主に感謝したいと思っておりますので
ご参加してくださると幸いです。

日時: 10月8日  午後3時から
場所: St Martin's West Acton Hale Gardens, LONDON W3 9SQ

最寄りの駅は Ealing Common あるいは West Acton 
どちらも 歩いて10分 (歩く速度によりますが)



ジョンソン友紀
Commissioned Lay Minister
Japanese Anglican Church (UK)
St Martin's Church West Acton
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本語英国教会の集まり 9月

2017年09月15日 | 日記




9月17日 (日) 午後3時から

子供達と共に学ぶ 
夕べの祈り
ティータイムと 懇親会

どうぞ、お誘いあわせのうえ いらしてください。

主イエスはどんな痛みもご存じです。

私達それぞれ心を痛める時、
イエスさまもそばにおられ、共に涙をながしておられることを心にとめましょう。
主の限りない愛と 希望の光が 嘆き悲しむ私達それぞれの心に灯されますよう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主の慰めが与えられますように

2017年09月14日 | 日記


主の平和

昨日 園田先生が主に召されました。日本語英国教会発足に向けて、そしてその後の運営にご奉仕されてきました。
同時に 他派の日本語キリスト教会やロンドンの日本人コミュニティにも 様々な形で関われてきた方でした。
ご参考までに、「園田先生 お祈りの輪」のリンクにあるメンバーからのメッセージを以下 紹介させていただきます。
主の豊かなる恵みに感謝
Yuki



9月13日 夜 SH さんから受信

先程 T さんと園田先生のお別れを言いに伺ってきました。
昨日私が行った時同様、家はお客様(よく知っている近所の方々です)で賑わい、明るい雰囲気です。
先生は安らかなお顔で、今にも起きてお話をして下さるような、そんな表情でした。苦しまれることはなく、午後1時半頃眠るように旅立たれたそうです。

T さんが、ろうそくを持参され、お花と一緒に先生のすぐ横のテーブルに置くと、息子さんも他のろうそくに灯をともされ、先生の写真も飾り、小さな祭壇となりました。

最後まで笑顔と共に大きな愛を伝え続けてくださった園田先生に、感謝の気持ちをお伝えして失礼しました。

私はクリスチャンではないのですが、祝福されて天に召されるということの意味がわかったような気がします。良いお別れができたかことに感謝したいと思います


** 9月14日 発信

親愛なる兄弟姉妹たちへ

主の癒し、慰めが与えられるよう祈っています。
以下は、園田先生のお祈りの輪 として受信されていた方々からのメッセージの一部です。
先生とのお別れによって心に痛みを持っておられる方々に いくらかでも 慰めが与えられるように願って送ります。
共に悲しみ、励まし合うことができる 兄弟姉妹が与えられていることに感謝しています。
Yuki


ウィリアムズ郁子司祭から

園田先生のご召天の報告をありがとうございます。これまでのお見舞いの際の先生のご様子もつぶさにに知らせて下さり本当に感謝でした。どうもありがとうございました。

感動に溢れる最後の数ヶ月でしたね。常に主に生かされている喜びと感謝と賛美を最後までわかち続けられた先生の生き様に本当に感動し心を打たれました。先生はその一生を主の忠実な伝道者として生きられた事がよくわかる最後の日々でしたね。クリスチャンでない方も最後まで先生を訪ねないではいられなかったご様子もよくわかりました。先生は神様に与えられた使命を最後まで全うされた素晴らしい主の愛の証人であられました。地上に命がある間中、主の愛をふんだんにわかち下さった先生に感謝、そしてその先生を支えて下さった神様に感謝です。最後まで、訪れる全ての方に温かい愛を持って迎えられた先生に敬服すると共に、先生が主の永遠の平安の中に迎え入れられている事を信じ祈り、またご家族の上に主よりの慰めをお祈りしています。

*********************************
From YT
先生が帰天されたということで、なんとも言葉にはなりませんが、ただ平和のうちに召されたということがせめてもの慰めでしょうか。
先生のお顔を初めて拝見致しましたのが、そう今からちょうど約10年くらい前で、先生は他の日本人教会にもよくお顔を出されていたと記憶しております。
お話の中でお聞きいたしますと、その時点でロンドンにお住まいになられてもう50年以上ということで、まるでロンドンの日本人社会の歴史を体現しているような人だと驚嘆したことを昨日のように想い出します。
あれからも、様々なところで活躍されていたことだと思います。
どうか、しばらくは天国でごゆっくりなさってください。

主の平和
添付ファイルは、大天使ミカエル像ですが、実はこの像は非常に珍しいもので今まさに右手に持った花輪を祝福の為に投げんとしております。
天に帰国される先生もこういった形で祝福されているのではないでしょうか。

栄光在主



************************************
From YR
先生は苦痛から解放され、天国で我々を見守ってくださっていることでしょう。
************************************
From YA

先生のご冥福を心からお祈りいたします。

*****************************

From J
So sorry. He was a lovely man. I am glad to have known him.
My prayers are with the family and the Japanese Church who have suffered a great loss.
Yours in Christ
*************************************
From MM
ご連絡どうも有り難うございます。

日曜日に園田先生にお話しできたことを本当にうれしく思います。
ユキさんのメールを読んだときに、急に降ってきた雨を思い出しました。
あの雨は天が園田先生にさよならを言った雨だったんだと子供たちと一緒に話しました。

園田先生には、この世を去る時の良い見本を見せていただきました。
*****************************
From IK

園田先生のこと、ご連絡ありがとうございます。
穏やかに旅立たれたとお聞きし、ゆきさんやお近くにいらっしゃる方々の献身的なよりそいがあったからこそだと思います。
ゆきさんやみなさまから発信して頂く先生のご様子を共有させて頂いていたので、私もおそばでお送りできたような気持ちです。
先生の笑顔を思い出し、遠く日本からお悔やみ申し上げます。
ゆきさんや先生の御家族、お近くにいらっしゃる方々もお忙しいかと思いますがご自愛下さい。

*****************************



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖れではなく、いつも希望をもつことができますよう

2017年08月29日 | 日記

主の平和

昨夜遅く、栃木にいる友人から、J-アラートがあって 目覚めたしまったと連絡が
来ました。
すぐに朝日デジタルのサイトを見ましたところ、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過して太平洋側に落ちたとの
緊急のニュースが入っていました。BBCのサイトからの情報は少し待たなければなりませんでしたが、依然として不明なので、
怖れを抱いている人々の心の平安と、平和を祈りながら、眠りにつきました。

朝のBBCニュースでは テキサスのハリケーン被害と共に北朝鮮のミサイル発射のニュースが大きく取り上げられました。
現状の日本では、ミサイル攻撃から市民を守る手段はないと言ってもいいかもしれません。
昨今のテロ事件のように、いつ攻撃されるか分からない。
心配してもしょうがないといったところでしょうか。

子供の頃、母がよく言っていた言葉の一つが 「明日はどうなるのか分からないからね」- 
母が亡くなってから、母のその言葉の中に、辛い戦争体験や数々の悲しい体験を通しての思いが一杯込められているのが
自分自身の実体験を通して、さらに見えてきています。 

誠に、私達それぞれ 先行きの分からないところに いつも置かれている、私たち個人の力が及ばないところに生きていると
いうことを しっかりと見つめたいと思います。
そして、怖れをいだくのではなく、いつも 希望をもつことができますように祈っています。

8月27日に Alcester の近くにあるArrow 村にあるHoly Trinity 教会へ行きました。
小さな教会だけど、とても心温まる礼拝に参加しました。
なんといっても 会衆の人々の温かさです。

聖餐式の式文のカバーに使われている写真がとてもいいので、礼拝後にそのことを話した方が、
撮影された本人でした。 ケルビンさんの許可を得て ここに添付しました。
一つの写真は イエスさまが処刑された 処刑という恐ろしい道具で 粗末なものであったことを思い出させます。
それでも、イエスさまの十字架、そして復活を通して、私たちに 「真の光り」が与えられたことを
思い出せるのが、同じ十字架がキャンドルに囲まれた写真です。

時には 暗い世に生きていると思いがちな私達ですが、どんな苦しみもご存じなイエスさまを
見上げて、絶えまない愛を注いでくださっている神様がおられることを心にとめて、
いつも 希望をもつことができますよう 
そして 平和があたえられますよう ご一緒に祈り続けましょう。


以下の写真は Kelvin Cornwallさんから許可を得たものです。
One cross is from Holy Trinity (with the candles) and the other from St James, Weethley










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日食

2017年08月23日 | 日記

皆既日食を見た方から 写真とビデオが送られてきました。
素晴らしい写真の一つ一つに 撮影された方の感動も感じられ、
周囲の音と歓声が入っているビデオを見ながら、私もつい歓声をあげてしまいました。

娘がフィリピンで生まれた年、私達が住んでいた島で、部分日食を体験しました。
フィリピンの場所によっては皆既日食になるということで、地元でも大変な話題になりました。
ある村では音を鳴らして、魔よけをするとか、妊婦は日食中 外に出てはいけないとか という迷信が
ある地区も多々ありました。カトリック信徒がとても多い国ではありますが、地区によって、
信仰と迷信が共に存在しているのを見聞きして 驚いたことを覚えています。
とても暑く晴天の日でしたので、部分日食でも その体験は忘れらないものです。
特性の眼鏡なんか、ない所でしたので、雨水を貯めていた大きなタルの水面を
作業用のサングラスを通して見たことを覚えています。最も地元の方々と分かち合って
いたので、ずーっと見ることはできませんでした。

住んでいた所はかなりの田舎で 周囲はジャングルのようで、終始 鳥や動物、虫の鳴き声が
聞こえる所でしたが、静寂が訪れると共に、空に雲がないけれど、部分日食の為に、
陰が及んで、徐々に空気が冷たくなっていき、日食が通過した後は 一斉に音が戻ってくると
いう、とても奇妙な体験をしたことを今も覚えています。
科学的に説明されていることではあるけれど、私たちの力が及ばない自然の力と働きの中で、
私達それぞれに生命が与えられて生きていることを素直に見つめる機会が与えられていると
思いました。

ある方が 誰でも大自然の美しさに触れて感動する、その思いの中に、「あるがままの自分を素直に
受け入れている自分がいる」と言っていました。

私達それぞれ あるがままの素直な自分を差し出しながら、神様から与えられた恵みに感謝する心を
いつももっていたいと思います。

主の豊かなる恵みが私達と共に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加