シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

今日は誕生日

2017-01-31 08:57:21 | 日記

昨日の夕方、カーブスから帰ってポストを見ると、こんな素敵なお手紙が1通。

あっ、絵封筒だ。 B・Bさんからだとすぐに分かりました。

じょうず~。カワイイ。しばらく眺めてから開封してみると、

中には便せんじゃなくて、こんな包みが…。

開けてびっくり。なんと、以前私が描いたシュシュの絵が、1枚のシートになっている。

最初は、ただのシールに見えましたが、シュシュのフレームの下に『日本郵便 NIPPON 52』と1枚ずつ印字されている。

メッセージの所にも『JP 日本郵便』の見慣れた文字。

えっ?まさか、これ本物の切手?葉書に貼れるの?

びっくりぽん!です。こんなのあるんだぁ。

こんな下手くそな絵…嬉し恥ずかし…ですが。

 

そう言えば、この手紙を手にした時、最初に切手がHAPPY BIRTHDAYだったので、こんな切手売ってるの?ってプチ驚きだったんですよ。

さすが!お友達が多いB・Bさんは、これも特注してるのね。(あっ!ここでバラして大丈夫だった?)

B・Bさんの絵の中に溶け込んでる椿の切手も、今の季節にピッタリで、私の大好きな花です。

今まで、いくつものサプライズプレゼントをいただきましたが、これは相当な上位です。

B・Bさんのみずみずしいセンスと、ちゃんと誕生日を覚えてくれている上に前日に届く心配りに感謝です。

いつも気にかけてくれて、本当にありがとうございます。

何よりの誕生日プレゼントです。

B・Bさんへのお手紙に使いますね。20枚ありますよ。長生きしてくださいね。

 

***************************************

もうひとつ、これは謎の友人 “X” (バツじゃないよ。エックス)さんから。

みじん切りできる“チョッピングカッター”と、シュシュの水飲みにもなるペットボトルのキャップ。その名も“おでかけキャップ君”

やった~!私、みじん切り嫌いなのよ~。助かるわぁ。

散歩の時、シュシュの水飲み用に携帯用の食器を持参していたので、これで荷物が一つ減るわ。

ありがとう。謎の友人、 “X” さん。(バツじゃないよ。エックス)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

館山道の大事故

2017-01-31 00:06:04 | 田舎暮らし

結局昨日はいつもよりのんびり過ごして、5時過ぎにセカンドハウスを出ました。

「渋滞がなければ7時前には家に着くな。大河(ドラマ)余裕だね」と夫が言うので、「そんなこと言っちゃって。大渋滞で10時かもよ」なんて話ながら走っていると、館山道に入る手前の電光掲示板に『富津ー君津間 事故のため通行止め』の文字が。

事故渋滞はよくありますが、通行止めとは…。大きな事故なのかな?と思いながら、まあしょうがない。下(一般道)で帰ろうと左折して少し走ると、そこも大渋滞。東京方面へはこの道しか無いのに困った。

そりゃそうだよね。館山道が通行止めだったら、みんなこの道に来るんだものねぇ。少しずつでも動けばいいのだけど、まったくピタッと止まったまま、ちっとも進まない。

仕方ないので、Uターンして一度セカンドハウスに戻る事にしました。

どうせなら、ブログを書こうと、パソコンだけ車から持ち出し、家に入ると6時を過ぎていたので、とりあえず腹ごしらえ。

冷凍庫を見ると、ラッキー!

こんな事もあろうかと、お手軽食材はいくつか用意してあります。

それを食べたら、夫は「ひと休みする」とベッドに入り、私はブログの下書きをしました。

 

しばらくして、通行止めはどうなったかと調べてみると、下り車線の車がセンターラインを越え、上り車線の車と正面衝突したという。

それを見た瞬間、胸がドキドキした。

午後1時40分の事故。もしかして、この日寒かったら、「お昼食べたら帰ろうか?」という、いつも帰ってる時間でした。

3時間半もの大渋滞だけじゃなく、もしかして事故に巻き込まれた当事者だったかもと思うとゾッとします。

 

通行止めも解除されて、渋滞もないようなので、8時45分に再びセカンドハウスを出ました。

ちょうど帰る途中のニュースで、この事故が流れてました。

今日の新聞に出ていましたが、センターラインを越えて反対車線に飛び出した軽自動車の運転手は亡くなり、一緒に乗っていた男の子3人が重軽傷。

亡くなったのはお母さんでした。何があったのか?子供に気を取られたのか、育児に疲れてちょっとウトウトしてしまったのか…。

なんともやりきれない、痛ましい事故でした。

いつも通っているこの道は、本当に見晴らしの良い直線で、高速道路だけど片側1車線なので、追い越すことも追い越されることも無いから、普通なら楽チンな運転が出来る区間です。

ただ、上下線の間はガードレールなど無く、それは怖いなと常々思っていました。

反対側から飛び出して来られたら、逃げるすべは無く、お互い100キロのスピードで走っていたら、ひとたまりもありません。

今回は幸いにも、反対車線の車の男性3人は、軽傷だったようです。

「何で分離帯にガードレールとか無いんだろう」と、夫に聞くと「事故があった時、1車線だと緊急車両が入って来られないからじゃない?」と。

そうか、なるほど。

万が一の為にガードを付けない。ガードを付けないから大事故になる。なんか、本末転倒な感じです。

 

結局、私の予言通り、家に着いたのは10時過ぎでした。

最近、こういう嫌な予感当るのよねぇ。

パソコン忘れて途中で引き返したり、雪で慌てて帰ったり、帰りにアクシデント続きです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポカポカ陽気

2017-01-30 22:17:41 | 田舎暮らし

先週(1月21日、22日)は、私の仕事が忙しくて、房総はお休みしました。

その前の週は、行ったその日に雪になってしまい、慌てて日帰りで帰って来たので、今週の田舎暮らしはずいぶん久しぶりな感じ。

土曜日もでしたが、昨日の日曜日は朝から暖かくて、春の陽気でした。

花たちも気持ち良さそうに咲いてます。

 

今年一番のふきのとう、見っけ!

 

冬咲きのクレマチス「ジングルベル」も、去年から咲き続けてます。

その名の通り、ベル咲きで可愛い花です。

 

 

さて、冬の時期に畑の天地返しをしようと、スコップで掘り始めたのですが…

土がドロドロで、スコップにまとわりついてはかどらないので、1メートルほどでやめました。

もっと土が乾いている時にします。

 

私はやめたのに、シュシュは熱心に掘り続けて、

足真っ黒!

 

スミマセン…

…このとおり…頭深々。

 

穴掘りの仕事を終えて、疲れてしまったシュシュは、庭で寝てしまいました。

春のポカポカ陽気の庭で、なんとも気持ち良さそうに寝ているシュシュを見てると、飼い主もなんとも幸せな気分になるのです。

 

このあと、シュシュをシャンプーして、「せっかく気持ちいい日なんだから、ゆっくり帰ろうか」と夫が言い、午前中に引き続き樹の剪定をしたり、私は途中からミシン掛けをしたりして、夕方までゆっくり過ごした週末でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 キルトフェスティバル

2017-01-30 10:53:31 | パッチワーク・キルト

年末に noriko から送ってもらった『御招待券』で、去年同様、平日に自由がきく K子を誘って、先週の月曜日にキルトフェスティパルに行って来ました。

会場の東京ドームがある水道橋の駅ホームは、まるで“きみまろ”の講演会場か?と思う程の中高年の女性で埋め尽くし。

人・人・人で、にっちもさっちも身動き取れないほどなのに、これでも土、日と比べたらガラガラだとお店の人が言ってたのには、びっくり。

全国からお客さんが来てるんですよねぇ。飛行機代、宿泊代かかっても見に来る人気イベントに、電車で30分足らずで来られて、しかもご招待券!

ありがたや~。

 

さて、どこから見ようか?

先ずは絵本の世界から。

絵本の1ページも、キルトで立体的になると、さらに可愛くなりますね。

カラフルな絵本部門の中で、白一色のこんなのも変わってて素敵ですよね。

 

私の好きな動物モノ。

 

 

額縁部門

蝶も花も本物みたいでした。

 

子豚ちゃんがいっぱい…これもキルト?楽しい!

 

これはジュニア部門の入賞作品。

色彩が美しい上に細かくて丁寧な作品で、これがジュニアなんて信じられないわ。

 

人をかき分け見るのも一苦労。おばさまたちは熱心にガン見してるので、大きな作品はなかなか全形の写真が撮れません。

(注;右端に映りこんでる人は、作品とは一切関係ありません。…偶然作品の中の男性と並んじゃいました。)

こんなシックなのもあれば、

こんなカラフルも有りで、飽きません。

写真だと、プリント柄の布にしか見えないのが残念です。

中央の大豆大の水玉だって、ひとつひとつ布を切って繋いでキルトしてるんですよ。(当たり前だけど)

 

こうして斜めから見ると、ちょっと立体感がわかってもらえますかね。

 

 【バッグ部門】

こんな優しい生成りのバッグ。

 

ネコいっぱいバッグ。

こんなのを持って出かけたら、中のお財布スラれるよりこのバッグをひったくられる方が心配になっちゃう。 

 

 今年のテーマのひとつ【オズの魔法使い】

これはドロシーの部屋で、ベッドカバーは山口百恵ちゃん(もうすぐ60歳になる人に百恵ちゃんでもないけど)の作品。

百恵ちゃんの作品は毎年見てるけど、斬新で高尚過ぎるのか、そのセンスが私にはどーも理解できない。

 

これはNHKの朝ドラ『べっぴんさん』の中で出ていた刺繍のタペストリー。

とってもきれいでした。

 

これはキャーシー中島さんのコーナー。

去年は大作が出てましたけど、今年は小ぶりな小物が多かったです。…キャッシーさん、ご多忙?

 

一緒に行ったK子はひとつひとつ近寄ってガン見。

「これどうなってるの?」 

はい、こうなってます。

やっぱり実際に近くで見ると、本当に一枚一枚布を繋いで、ひと針ひと針細かく縫ってるのがよく分かります。

 

ジャ~ン!今年の “K子大賞” はこれに決定!

約1.5ミリ四方の布を縫い合わせただけの作品ですが、その根気に脱帽。

ふたりで縦と横を手分けして数えてみたら、それぞれ約100並んでました。

100x100で、1万? 布を切るだけで気が遠くなります。

 

私の大賞はこれ…か、

これ、なんだけど。

おばさまたちがなかなかどいてくれなくて、両方とも作品のみが撮れませんでした。(涙)

特にこっちは、私の大好きなミモザの花が一粒一粒まるで本物みたい。

花の一つ一つや網目模様も、なんて丁寧に作られているんでしょう。

上の作品の、グレーと藍色の中の赤といい、下のグレー地に黄色といい、どっちも色合いが素敵。

それにしても、これ作った人の指どうなってるのかしら?ピンセットみたいに先っぽ尖ってるの?

 

 で、本当のキルト大賞はこれです。

もう、圧巻過ぎて…。息をのんでしまいます。

縫うのはもちろん、その前に絵も描けなくちゃ、こんな作品は出来ませんね。

そして、これを作れる部屋と、飾れる家もないとね。

 

こちらの準日本キルト大賞も、上品な場色合いで、見惚れてしまいました。

 

今の言葉で「神ってる」って言うのでしょうか?

まさに神がかり的な作品の数々を見て、私も近づきたい感5%、どんなに背伸びして手を伸ばしても届かない絶望感95%。

色々混ざった、ため息をつきながら、今年も東京ドームを後にしたのでした。

 

3時間歩いて興奮して、もうクタクタ。

水道橋のちょいとレトロでアメリカンバー的なお店で、K子と遅いランチをしました。

エビと鶏肉のスパゲティ。飲み物おかわり自由。

とっても美味しかったわ。

満足満足な一日でした。

 

最後に、noriko チケット本当に本当にありがとうね。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

素敵なカード

2017-01-22 11:29:43 | 日記

 雛飾りです。

これ、一見して紙で出来てるように見えますか?

 

こう、ペタンコになってるのを起こすと…

こうなってるんです。

 

いつも色々なカードを送ってくれる noriko から届いた、ポストカードです。 

すごいねぇ。こんなのあるんだねぇ。…っていつも感心しちゃいます。

うちは女の子がいないし、自分でも女である自覚が無いので、雛祭りなんて無縁だと思って生きて来ました。

が、こういうのをもらったら気分は上々。私も“元”女の子だったんだと気づきましたよ。

ふたりの娘を持つ母ならではの心遣いに、暖ったかくなりました。

 

noriko、ありがとー!

今は亡き姫たちと一緒に飾りましたよ。

 

***************************************

で…、実は去年の12月にも noriko から、クリスマスカード&プレゼントが届いていたんです。

このワンコ達のかわいいこと。

私のハートにズキューンと刺さったて、ノックアウト!

おまけにキルトフェスティバルの招待券!

うぅぅぅ~、や、やられたぁ。

一見真っ白なチケットは、刺繍をした後、綿の毛糸を埋め込む『プティ』というキルトの写真です。

去年はピーターラビットでした。

キルトフェスティバルは、いろいろな技法に出会えて、とても勉強になるし、刺激ももらえます。

明日行って来ようと思っています。

これのために、今週は房総をお休みして、土日はずっと仕事をしています。(今は休憩中)

あ~、明日が楽しみ。このチケットをもらってからずっと楽しみにしてました。

noriko、本当にありがとう!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加