シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

ヴァイオリンとピアノのジャズナイト

2017-06-18 19:11:40 | 日記

 6月に入ったばかりの頃、20年来の犬友達 みえちゃんからLINEが届きました。

西川口にある自宅のビルの2階が、今までプライベートのスタジオになっていたんだけど、そこを使って新しくライブをやったり撮影や展示会用に貸し出すというビジネスを始めたらしい。

みえちゃんちは8階建ての自宅ビルで、6階が一家の生活スペースになっていて、確かその上の階がご両親の住まいだと記憶してます。

エレベーターでその階に着いて扉が開くと、いきなり玄関になっていて、初めて行った時はぶったまげました。

みえちゃんについての、ぶったまげは数々あり、例えば前回のオリンピックで子供たちが水泳を見ていて、「ボクも水泳でオリンピックに出た~い」という無邪気且つ、ただの思いつきで言ったとしか思えない言葉に「分かった!じゃあ先ずお母さんが先生になろう!」と、水泳のインストラクターの資格を取って、今や水泳の先生の仕事をしています。

その他、サーファーだし、ピアノも上手で、絶対音感なので「あの曲弾いて」ってリクエストすると譜面が無くてもすらすら弾けちゃうし、英語の通訳やイラストレーター等々の肩書を持つ多彩な人なんです。

みえちゃんのお母さんはお母さんで、60歳を過ぎてから音大に入って、オペラ歌手になって、原宿にある自社ビルのフロア―でコンサートをやるというので10数年前でしたが、行ったのを覚えています。

お客さんの中には外国人(アジア人じゃなよ)もたくさんいて、お母さん…いやお母さまと言わせていただこう。お母さまの素晴らしい歌声と美しさに、ただただ圧倒されました。

とにかく、ただのお金持ちじゃなくて、すべてがスケールの大きな一家なのです。

(一番すごいのはお父様ですが、凄すぎて私は把握しきれていません。ちなみにみえちゃんは4人兄弟ですが、全員社長の肩書有です)

 

さてさて、みえちゃんの前置きが長くなりました。

そのみえちゃんの新ビジネス第一回目のジャズナイトに、昨日クニコさんと行ってきました。

午後7時開演だったので、4時にクニコさんと待ち合わせして、最寄りの駅に着いてからロイヤルホストで早めの夕食を済ませて、ゆっくりお喋りをした後、時間になったので会場に向かいました。

ここがみえちゃんの自宅兼、ライブ会場。

↑ ウエルカムボード(?)に張ってあるフライヤー(とは、チラシとか印刷物の事なんだって。初めて知ったよ)は

↓ これです。

ドイツから帰って来たばかりのヴァイオリニスとピアニストのデュオです。

恥ずかしながら、歌の無い音楽にはまったく詳しくないので、この演奏者については存じませんでした。

ワンドリンク付きで、前売り4000円です。

 

この本だらけ…に見える、本の壁紙が張ってあるエレベーターで2Fへ。 

これ、普通のホームエレベーターじやないよねぇ。

 

会場です。↓

防音装置が万全で、天井もそれなりの作りになっていたんですねぇ。

これじゃあ、プライベートだけで使うのは、本当にもったいない。

お客さんは5、60人くらいで、満員御礼。

演奏中は写真を撮れないし、お客さんがいっぱいの客席も、きょうび個人情報云々で、易々と写せないので、残念ながら写真はこれだけです。

音楽に詳しくない私ですが、弦楽器は一番好きだし、知ってる曲が多くて、楽しめました。

独特の世界観でアレンジされているので、好き嫌いは分かれると思いますが、とても面白いと思いました。

とっても豊かでキラキラな一夜でした。

(…という事で、今週は房総お休みです)

**************************************

4年前、サーフィンの帰りに一家でセカンドハウスに遊びに来てくれました。

子供そっちのけでラブラブな夫婦。今も変わらず。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホタル 蛍 ほたる | トップ | やっと会えた、バニー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。