シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

甘酒作り

2017-05-03 21:53:36 | 料理

前から作ろう作ろうと思いつつ、忙しくて作れなかった甘酒。

先週もわざわざ遠くの道の駅まで行って麹を買ったのに、とうとう作れずじまい。

冷蔵庫に保存していた麹は、賞味期限が5月5日になっていたので、連休中に作ろうと決めてました。

なのに、肝心の温度計を忘れてしまい、一昨日ホームセンターに行った時に買って、やっと昨日作る事が出来ました。

お米は、うるち米でももち米でもいいのですが、去年の秋にメイちゃんちから頂いたもち米がまだ残っていたので、それで作りました。

もち米の方が、高級甘酒になりそう~。

自家製の甘酒は、炊飯器の保温機能を使って作るのが一般的のようですが、うちには炊飯器が無いので、シャトルシェフ(保温調理機)で作ります。

お米を30分浸水させてから、火にかけ、沸騰後5分経ったら火からおろして保温容器に入れる。 

シャトルシェフのレシピには、30分経つとおかゆが完成すると書いてあったのに、1時間放置した結果、おかゆというより柔らか~いご飯になってしまった。

その上、60℃に冷まさなければいけないのに、すでに50℃以下になってしまったので、熱湯を足して、麹を入れた状態で60℃になるよう調整して、保温容器に入れる。

炊飯器の保温機能は、常に電気で温めているけど、この保温調理器はマホービンと同じなので、時間が経てば少しずつではあるけど、確実に温度が下がります。

なので、2~3時間毎に温度を確認し、下がっていたら弱火にかけて60℃をキープ。忙しいと忘れそうです。

出来上がりの目安は、好みの甘さと、好みのとろみになったら、でいいみたい。

最後に、殺菌し保存性を高めるために弱火で温め、沸騰する前に火を止める。

そうして、作り始めてから8時間。やっと出来上がりました。

うん、高級甘酒になったわ。

何でお砂糖も入れて無いのに、お米と麹だけでこんなに甘くなるのかしら。不思議ですねぇ。

お米一合と麹200gで、これだけの甘酒が出来ました。

 

甘酒を作るのは初めてだったので、色々なレシピを参考にしましたが、お米と水の割合(おかゆの硬さ)が様々でした。

要するに、この甘酒は水やお湯で割って飲むものなので、濃くても薄くても飲む時に加減すればいいのだと気付きました。

お米と麹の割合はお米一合に対して麹200gというのが多かったです。

大切な事は60℃をキープして作るという事。これはほとんど共通でした。

 

甘酒と言うと、寒い冬の飲み物と思っている人が多いと思いますが、実は夏の季語で、江戸時代は夏バテ防止や暑気払いの夏の飲み物だったそうですよ。

飲む点滴と言われる甘酒。これからの季節に手作りの甘酒を作ってみてはいかがでしょう。

**************************************

麹が余ったので、塩麹を作りました。

ひと時ブームになった塩麹。

最近使ってますか?

実は私も作るの久しぶりです。

麹100gに、

塩を30g。 よく混ぜたら水を100cc入れるだけ。

発酵するので、密閉しない。

これは電子レンジ対応の容器で、熱が逃げる穴が開いているので、丁度いい。

一日一回混ぜて、出来上がるまでは常温保存。

出来上がりの目安は、甘酒くらいのとろみ。

あらら、塩麹と甘酒。間違えないようにしなくちゃ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっとドッグランになりました | トップ | 畑の準備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

料理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。