シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

ポポー初食べ!

2017-09-22 10:36:24 | 田舎暮らし

今年初めて念願のポポーが生りました。

この、ヒョロヒョロとした苗を植えたのが2010年11月。

支柱よりずっと細い、竹串ほどのこの苗がひとつ5000円で、2苗で1万円もしたんです。

宝くじを買うより冒険です。

しかも、美味しいとは見聞きするものの、一度も口にしたことが無かったのです。

丸7年にして、ようやく食べられる運びとなりました。

不慮の事故(?)で、あえなく落下してた、まだ青いポポーを自宅に持って帰りました。

落ちてた実なので、食べられるかどうか、ダメ元でテーブルの上に置いてありましたが、10日ほどしたら、ちょっと黄色っぽくなって、触った感じも柔らかく、ちょっと甘い香りもします。

なにせ、食べた事が無いので、どのあたりが食べ頃かも分かりません。

試に切ってみました。

種は、マンゴーやアボカドのように真ん中にあるのではなく、このように黒くて柿の種よりちょっと大きいのがランダム(?)に4、5個入ってます。

味は…

美味しい~! んめぇぇぇ!

食べた事が無い、例えようの無い美味しさです。

強いて例えるなら、食感と香りはマンゴーに近い。

でも、マンゴーほど強い香りじゃ無く、味もマンゴーに近いけど、もっとバナナに似た甘さ。

よく、“バナナのようなカスタードクリームのような”って表現してるけど、うん、カスタードクリームって感じもする。

この樹自体は冬の寒さにも強いけど、実はトロピカルなお味です。

 

ポポーは足が早く、熟してから日にちがもたないので流通しないと聞きましたが、今回のように、青い実を追熟させても十分おいしいので、青いうちに採ったら市場に出そうなものですけど、なかなか見かけませんよね。

ネットで調べたら、ポポーで検索すると、ほとんど苗木です。

大木になるので、広いお庭があったら是非試しに植えて欲しい果樹です。

桃栗三年柿八年…買った時の苗が何年苗か分かりませんが、ほぼ柿と同じですかね。

やっとやっと、待ちに待ったポポー。

期待以上に美味しくってよかった!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加