JACKIE

Beautiful Things in My Life

麗しのオードリーは永遠に Audrey is forever in my mind

2009-05-06 | 映画

とうとう連休最後の日となった。

サザエさんの歌を聴くと寂しくなるが、

今日は水曜日だから、聞くこともない。

連休締めくくりは、オードリー(漫才師でない)の話題にしたい。

実は、あのオードリー・ヘップバーンの誕生日が、5月4日で、

生きていれば、この連休中に80歳。

映画ファンにとって、欠かすことのできない人物だ。

特に恋愛小説家の私にとっては、なおさらだ。

注目作は何と言っても、ローマの休日 "Roman Holiday" だが、

名作は、他にもいっぱいある。

”麗しのサブリナ” ”昼下がりの情事” ”ティファニーで朝食を” ”シャレード” ”パリで一緒に” ”おしゃれ泥棒” ”暗くなるまで待って” その他まだまだある。

何しろ、その共演男優たちがもの凄い。

サブリナでは、ハンフリー・バガートとウイリアム・ホールデン。

すっばらしい。

その他、ゲーリー・クーパー、ジョージ・ペパード、ケーリー・グラント、ピーター・オトゥール、

これは、ちょっとマイナーだが、”緑の館”という映画では、アンソニー・パーキンス(あの無気味な映画サイコでの殺人者役)と共演している。

ジャッキー、その中で、特に好きな映画がある。

”パリで一緒に”という作品。

ウィリアム・ホールデンとの共演で、

彼演じる男が、ウォッカをトマトジュースで割って飲むシーンがある。

確か、部屋の中、オードリーが居てる前で、それを立て続けに飲んでいた。

記憶では、10杯ぐらいは飲んでた。

その映画を見終わった後、

酒屋さんへ行って、ウォッカのボトルと、トマトジュースの缶をいっぱい買った。

ジャッキーには、そんな

オードリーのいい思い出がある。

オードリー生誕80周年。

私は、あなたのあの笑顔を忘れない。

あの時のウィリアム・ホールデンになりたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加