犬神スケキヨ~さざれ石

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

古事記を摘んで日本を知る(日本人の素朴な話)1

2017-06-18 23:00:19 | 古事記
随分と久しぶりのアップとなりました。

今回は古事記シリーズの一部として書いてみようと思います。

日本人の素朴な話

そんな感じです。

我が国の根っこを見つめて、我が国の政治や統治について考えてみようかな?
みたいな話しです。

毎度申してますが、これは一つの問題提起であります。
この話を読んで皆さんが、どう考えるのか。
それがこの地味ブログ最大の理由です。

我が国の統治システムは実に良く出来ています。
こんな統治システムは他に類を見ません。

日本が日本である理由。
日本人が日本人である理由はここにこそあるのでしょう。

分けるべきを分けた


我が国は、まず紆余曲折しながら分けるべきを分けて来たのです。

これは分断などというくだらない話しではありませんね。

権威と権力を分ける

我が国の権威と言えば、それは天皇陛下です。
権力とは現在ならば安倍晋三という事になります。

神話の時代まで遡って考えれば天照大御神八百万の神々に対して、こう仰った。

合議を尽くしなさい

これが我が国の根っこです。

これがいわゆる神勅です。

その上で天照大御神は『地上世界は我が御子が知らす世界』と仰ったのです。

これが古事記の根っこです。

天照大御神の孫、邇邇芸命が地上世界に降り立つ。これが『天孫降臨』ですね。

その天孫に地上世界を知らせと仰ったわけです。

天照大御神まで遡っても、決して権力を持たなかった。

権威とは、その存在を以って自発的に他者が敬い従う事です。
決して威嚇や武力など用いる事なくです。
言葉にすると何だか薄っぺらい感じです。
しかし、我が国の天皇陛下はこんな薄っぺらな御存在ではありません。

何故ならば権威というものは、例えば宗教の教祖にしても権威です。
或いはナチスのヒトラーとて言葉で民衆を従わせたわけですから、これもある種の権威です。

しかし、我が国の権威は何を仰っしゃるのかと言えば民の為にただ祈ると仰っしゃる。
更に民があってこその権威だと仰っしゃるのです。

そしてそれは、宗教でもなく言葉によるプロパカンダでもなく、その振る舞いによって権威を表しておられるのです。

他方、権力とは『ある主体が相手の望まぬ事を強要する力』とあります。

権力とは相手の望まぬ事もやらねばならん。

政治は相手が望まない事をやります。
例えば税金を徴収したり、望まない人がいても法律を作り運用せねばなりません。

我が国の権威

我が国の権威は天皇陛下です。
いや、軽々に権威などと呼ぶにははばかれる御存在でもあります。

例えば、宗教の教祖も権威と言えますが、その教義によって相手を従わせます。

先ほど申した通りにあのアドルフ・ヒトラーも権威と言えます。
ヒトラーは自らの演説を以って民衆を従わせたのですからね。
民衆はヒトラーの言葉に陶酔し自らヒトラーの政策に従ったのですから。

しかし、我が国の権威は宗教の教祖でもありませんね。
神道は宗教ではありませんから。
つまり教義もありません。あるのは古事記に書かれた神話です。

ならば言葉で民衆を従わせたのか?
それもありません。
民衆を陶酔させる様な事もありません。

我が国の権威は神話と地続きの系譜を持ち、その神話に登場する神々の末裔であると言うこと。
その上で、最高神である天照大御神の神勅に従い日本を統治しているのです。

統治であって支配ではない

これが重要なのです。

これが知らすと呼ばれる統治です。

日本に存在する民衆は全て、天皇陛下の宝なのです。

人々は天皇陛下の大事な宝物であって、決して天皇陛下の持ち物ではない

我々は天皇陛下の大御宝であって、天皇陛下の所有物ではありません。
だから、我々民には様々な権利がある。
しかし、天皇陛下には我々民には与えられた権利を持ちません。
つまり、天皇陛下は所有をしないのです。
これは世界の権威と決定的に違うのです。

天照大御神の神勅を受けて、初代天皇に即位した神武天皇は権力を持たずに政は民に任せた

これが真実です。

天照大御神も八百万の神々に合議を任せた。

権力は必要

方や権力は、政を行うには必要なものです。

権力がなければ政治や治安の維持を図れません。

権力はウシハクです。
ウシハクとは主が履くと言います。

主(あるじ)の持ち物と言う意味です。

ウシハクは全てを自らの所有物とします。
人も木も、草も花も領地の人物全てを所有します。
だから、民衆を殺すも生かすも主次第です。

これは政治権力や警察権力も同じです。
これら権力は自らの好きな様に出来ます。

しかしこの権力がなければ政治も出来ず。
警察権力がなければ治安維持も出来ません。

権力は諸刃の剣です。

つまり権力はその使い方、行使次第で民を苦しめたり、或いは民を守ったり出来るのです。

なにも権力者は政権だけではありません。
政治家全てが権力者なのです。


2へ続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古事記を摘んで日本を知る48 | トップ | 古事記を摘んで日本を知る(日... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真っ正面から書きましたね(笑)真っ正面から読みましょう。 (凍結王46世ゲンスルー)
2017-06-19 02:34:50
とても読みやすい。そして心に響きます。
次章へ読み進みます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL