犬神スケキヨ~さざれ石

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

古事記を摘んで日本を知る(日本人の素朴な話)3

2017-06-18 23:02:41 | 古事記
では、現在の我が国は根っこに根ざした考え方が出来ているのでしょうか?

それは全く出来ていないと言えるでしょう。

天照大御神は
合議をして一致点を見いだせ
そう仰っているのです。

たから高天原、つまり天上界では八百万の神々が話し合い、一致点を見いだす。

その見いだした一致点を天照大御神に申し上げるのです。

『天照大御神様、我々はこの様に結論を出しました』

すると天照大御神は

『そうですか、では皆力を合わせ頑張りなさい』

そこで天照大御神はどうすかと言えば、皆が合議を行い出た結論が上手く事を運べる様に祈ります。

十七条憲法にも書かれている
和を以って尊し
それは、争いを避ける為に事なかれになれという意味ではないのです。

とことん議論を尽くし一致点を見いだせという事であって、それがという事です。

五箇条の御誓文にも書かれている。
広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ

これが日本の統治と政のシステムです。

現在の我々が暮らす日本は、ではこれが出来ているのか?

全く出来ていないと私は考えます。

権力者は大御宝である民の為に働かねばならないのですが、敗戦後の日本にはそんな理念はありませんね。
何故なら、敗戦後アメリカ人が占領を円滑に行う為に押し付けた憲法で日本人に蓋をしてしまった状態でもある事は、その一因であると言えます。

憲法だけではありません、教育にしても、更に少子化も占領政策の一環でもあります。

権力者は、その大いなる存在の前で謙虚に民の為に必要な事を話合わねばならない。
それは神話に遡っても、そうなっている。

今般のテロ等準備罪にしても共謀罪だ!というレッテル貼りに終始し、野党は全く話し合いをしようとはしない。

現代、我々が行う政治では一致点を見いだすにはしっかり議論を重ねなければならないのです。

例えば、維新の議員である東徹議員の質疑中に、それをブチ切って問責決議案を提出するなどはもってのほかです。

議員は我々の重要な一票を得て国会に行っているのです。
それは、我々が神話に遡って得た神勅でもあるのです。

現代風に言うならば、権利です。
この権利はなんの為にあるのか?
我々には日本という国をより良い国に作り上げていく義務を負っているのです。
つまりは

我々は義務を果たす為に、その権利を行使する

それが議員の質疑でもあるのです。

つまり、その議員の質疑を己の主張や闘争の為に阻害したならば、これは権利の侵害です。
我々の人権を侵害しているのです。

大いなる存在は権力を我々に委ねて、権力者に対して『私の大切な宝である民の為に権力を使え』と言っているのです。

権力者が我々の権利を侵害して良いのは、我々の生命や安全に関わることに対してだけです。

例えば侵略者に我々の生活を脅かされたなら、これを排除する為に、我々の権利を制限しなければならないかもしれない。
それは、そうしなければ我々の生命が危ないからです。

私は維新を支持するものではありません。
か、しかし今般、維新側からは五つの修正案が政府に対し提出されていた。
二つは却下されたものの、残された案に対し政府は修正協議に応じていました。

政府与党は多数意見です。

この多数意見に対し、少数意見を反映させるには対案や修正案を突きつけ議論を重ねる。
これが合議です。

そしてそれを反映させることが一致点を見いだすことです。

4へ続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古事記を摘んで日本を知る(日... | トップ | 古事記を摘んで日本を知る(日... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うむ。うむ。 (凍結王46世ゲンスルー)
2017-06-19 02:58:04
俺も維新を支持する者ではないが、維新は野党としてするべき事をしようとしたよね。
合議しようとしたよね。
もうね、そろそろ民進党の議員には天罰が下るんじゃないか?
そう言えば、良孝の配信で、民進党と共産党が、一緒に演説会をしていたよね。
彼奴らまだつるんでるんだって呆れたよ。
良孝はフリージャーナリストとして育てようと、真剣に思ったよ。
次は反天連を取材するそうだ。
あまり無茶をしないで欲しい。
良孝のサポーターが1000人超えたらね、良孝の活動にも意味が出てくる。
もちろん俺は、君のサポーターも1000人を超えさせる。
凍結王の名に懸けて。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL