犬神スケキヨ~さざれ石

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

汚ない仕事

2017-07-13 14:00:12 | 草莽崛起
都議会選挙の結果を見て『都民大丈夫か?』
などと思ってしまいました。

国政が影響したのか?

自民党議員の体たらくや、マスコミの『安倍憎し』が効果あったのかい?

そんな話しが実しやかに語られたり。

いやいや

地方自治、地方政治、地方選挙とはそういうものです。
と、言っても国政が影響したのか?と言われたなら全くないとは言わないけれど、殆ど関係ないでしょう。

それは簡単な話しで、大阪を思い出して頂けたら理解出来るはずです。
地方選挙では既成政党の受け皿を有権者は求めているのです。
ですから自民党公明党或いは民進党なんかの政党とは違う受け皿があれば飛びつきがちなのです。

それを大阪は大阪維新の会でとうの昔に証明済です。

ですから都民ファーストは丁度良い受け皿になったのでしょう。

しかし、大阪と東京の違いは政策にあります。
大阪は『府市統合』というはっきりした政策がありました。
そして、法律を変えなければ進まないこともあり、維新の会は国政にも乗り出した。

しかし都民ファーストなるものは一体どんな政策があるのでしょう?
またヤメ検弁護士衆議院議員の若狭氏は『今年中に国政を目指す』と言っていましたが…
一体どんな政策で国政を目指すのでしょうか?

権力を使う仕事

政治とは権力です。

これは毎度申し上げております。

権力がなければ政治は出来ない。

アホの左翼達は権力と言うと
国家権力
とか、すぐに言って時の政権を権力と言います。

もう一度申しますが政治とは権力です。

つまりは政治家全てが権力です。

この権力を使う者を選んだのは我々国民です。

ですから国家権力と言うのは実は我々国民一人一人の事なのです。

ここの所がアホには全く理解出来てません。

いや、共産党の連中なんかは、よーく理解出来ているのかもしれませんね。
志位和夫なんか理解してますよ、絶対。

日本に暮らす我々日本国民の国家でありますから、そして権力者を選んでいるのも我々日本国民です。
つまり、国家の最大の権力者は我々です。
大多数が普通に暮らす者で、政治家なんて国民の何パーセントですか?

その最大の権力者が、自らに代わって権力を使う者を選んでいるのです。

政治=権力です。

権力と言うのは非常に汚ないものです。

世界中の権力者を見れば汚ない事ばかりやっています。

ロシアのプーチンにしても、支那の習近平にしても、イスラエルのネタニヤフ、アメリカのトランプ、北朝鮮の金正恩…枚挙にいとまがない。

全ての権力者は汚ない事ばかりやっています。

何故、汚ない事ばかりやっているのか?

それは国益の為

全ては自国の国益の為です。

国益とは国民の利益でもあるのです。

自国の国益を追求するのは、その国の権力者が絶対やらなければならない事です。

例えば支那の話しをしましょう。

我が国固有の領土である尖閣諸島について支那は『我が国の領土だ!』と言っています。

当たり前の話しとして、尖閣諸島は日本の領土です!
しかし、支那はあの周辺に埋蔵資源が存在すると発覚した途端に『自国領土』だと主張し始めました。
支那人とてアホではありません。
1970年初頭にそんな主張をしても無理筋だと理解しています。
しかし、香港返還を見ても解る様に、支那はきっちり租借期間99年でイギリスから取り返した。

租借していたイギリスだって『99年後には支那なんてなくなってるだろう…』と考えていた。
しかし支那は返還させてしまいました。

この事実を見れば、支那はすぐに自国領土にしてしまおうとは考えていません。
100年後でも構わないと考えています。

そして確実に我が国固有の領土に触手を伸ばしています。

よく考えてください1970年初頭に尖閣諸島を支那領土だと主張し始めた時の支那政府の人間の年齢は幾つだったのか?
主張し始めて40年を超えています。

当時40代であっても現在幾つになりますか?
100年後など生きていませんよ。

これはどういうことか?

今現在生きている人間の為ではなく、将来の世代の為に今からやっておく

そう言う事です。

あの支那人であっても次世代、将来の国益の為に権力者は動いているのです。
自国の国益の為に嘘でも構わない、汚ない事でも構わないだからなんでもやるのです。

汚ない仕事を請け負う者


政治とは権力であり、権力とは汚ないものです。

その汚ない事をやるのが政治家です。

国民の為に、敢えて汚れ仕事をやる。
それが政治家の志です。

今現在の国民、将来の国民、自国の国益、将来の国益の為に自ら汚れ仕事をやる。

汚ない事をやる人間は、余程の精神力と実行力、人間性が無ければならない。

それがない人間が汚れ仕事をやれば、それは単なる汚れ人間です。

自らを律し、私心を脱し、国家国民の為に自ら進んで汚れ仕事をやる。
それに相応しい者にだけ権力を預けなければなりません。

『我が大いなる宝』と大いなる権威がおっしゃる我々民の為にこそ、汚ない事もやってのける。

我々は間違えずに、その権力者を選べているのか?

今一度考えてみなければなりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民意の真実 | トップ | 新宗教陰謀論? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-13 14:51:23
ハッとしました。
支那の尖閣への戦略。
改めて、自戒も込めて、娘の将来のためにも私はやれる事以上の頑張りをしなくては!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL